便利な育児グッズ

抱っこ紐のよだれカバー(サッキングパッド)って必要?いつ買う?選び方のポイントまとめ

抱っこ紐は買うとして、よだれカバーって必要なもの…?

もし必要だとすれば、よだれカバーはいつからつけるべき?洗い替えに何枚用意しておけばいい?…など悩みますよね。

 

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

街で抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしているママを見ると、だいたい「よだれカバー(よだれパッドやサッキングパッドとも呼ばれます)」を付けている方がほとんどですよね。

 

凡人主婦
凡人主婦
よだれの出る量は赤ちゃんによって個人差はありますが、抱っこ紐のよだれカバーは準備しておいた方がいいですよ。

 

この記事では、抱っこ紐のよだれカバーについて、

  • いつのタイミングで購入するべきか?
  • 何枚よだれカバーを準備しておくべきか?
  • おすすめのよだれカバーの選び方

などについてまとめます。

 

抱っこ紐のカバーは、いつのタイミングで購入するべき?

凡人主婦
凡人主婦
赤ちゃんのよだれが本格的に出始めるのは、生後3ヶ月頃から。だけど抱っこ紐を購入するタイミングで一緒にそろえておくと安心ですよ!

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、意外にもほとんどよだれが出ません。

よだれが出始めるのは、首がすわる頃の生後3ヶ月以降からです。

ムスメ
ムスメ
生後6ヶ月の歯が生えてくる頃には、ダラダラよだれが出ちゃうんだ。

よだれが出始めたころに抱っこ紐の「よだれカバー」を買ってももちろんいいんですが、赤ちゃんは「あむあむ」と何かをくわえるのが大好きです。

 

こんなイメージ

抱っこ紐によって、新生児から使えるもの(縦抱き、横抱き)、首がすわってから使えるものと、それぞれ種類がありますが、タイプにかかわらずよだれカバーは準備しておくと安心です。

 

▼リーズナブルで安心の日本製よだれカバーはこちら

 

抱っこ紐は産前産後のいつ買うべき?検討&購入のベストなタイミングと商品選び【完全ガイド】抱っこ紐を買うベストなタイミングって難しいですよね。 赤ちゃんが生まれた後に実際に試着してから選ぶべき? 赤ちゃんが...

 

 抱っこ紐のよだれカバーを準備するとして、何枚必要なの?→2セットあれば十分

凡人主婦
凡人主婦
よだれカバーはとりあえず、洗い替えを含めてよだれカバーは2セットあれば十分。

 

抱っこ紐の肩ベルトの左右に必要なので、よだれカバーは最低4枚必要ということです。

わたしはというと、いただきものを含めて3枚のよだれカバーを持っていますが、実際に使っていたのは2セットでした。

もしも、抱っこ紐を増やすことがあれば、よだれカバーも増やす必要がありますが、抱っこ紐1つにつき2セットのよだれカバーがあれば十分です。

 

▼首が座ったらおんぶしやすい抱っこひもをサブで持つのもおすすめです

おんぶがしやすい抱っこ紐は「napnap」がコスパ抜群!選び方のポイントとは?「抱っこ紐」と聞くと「前側に抱っこ」をイメージしますよね。 でも、抱っこだけじゃなくて「おんぶ」もしたいんだけど…。 ...

 

おすすめのよだれカバーの選び方!こんなことに注目して商品選びをしよう

抱っこ紐はパパが使うことを忘れずに!デザインや色のこと

凡人主婦
凡人主婦
濃いピンクのよだれカバーを買ったら、旦那から大ブーイング。「恥ずかしいから、はずすよ!」って言われちゃったから、デザインは夫婦で使えるものがおすすめ

 

楽天市場で、「カワイイ!」と思って購入したタオル地のよだれカバーでしたが、エルゴアダプトに付けて使っていたら、旦那が使うときに嫌がられてしまいました。

 

子育てしていく上で、パパも抱っこ紐を使うことは十分に考えられます。

よだれカバーを選ぶときは、色やデザインが、男性が身につけていてもおかしくないような商品選びをしましょう。

 

素材は赤ちゃんがくわえても安心な「ガーゼタイプ」がおすすめ

凡人主婦
凡人主婦
タオルとガーゼ、どちらのよだれカバーも持っているけど、ガーゼの方が柔らかくて口に入っても安心。タオルだと洗濯しているうちに風合いが気になるのと、ホコリが出やすいですよ。

 

赤ちゃんのお世話をするときって、ガーゼでお口を拭いたりしますよね。

ガーゼは柔らかく、口にくわえても安心ですよね。

しかも吸水力に優れているので、よだれを受け止めるには最適です。

 

またガーゼは、洗濯しても柔らかい風合いが保ちやすい素材なのもメリット。

おうちのタオルを思い浮かべるとイメージしやすいんですが、タオルって何度も洗濯しているとパサパサになってきて、ホコリが目立ちますよね。

なので、実際に使っておすすめだったのは、ガーゼタイプのよだれカバーでした。

 

留め具はマジックテープの方が調整が効くのでおすすめ。エルゴならどちらでもOK!

抱っこ紐につけるよだれカバーは、布を巻きつけるタイプが主流です。

  • マジックテープ
  • ボタン

肩ベルトに巻いたよだれカバーを留めるのは、上のどちらかのパターンが多いです。

ただ、エルゴは肩ひもが太いですが、抱っこ紐によっては肩ひもが細くボタンタイプだとゆるくて動いてしまう可能性もあります。

マジックテープタイプにしておけば、巻き加減で調整が効くので心配ならマジックテープタイプにしておきましょう。

 

純正のよだれカバーを選ぶメリットはある?

凡人主婦
凡人主婦
エルゴの抱っこ紐は、よだれカバーは別売り。じゃあエルゴ用のよだれカバーを買うべきかといえば、決してそんなこともありません。

 

もちろん、抱っこ紐に合ったよだれカバーを買えば、デザインやフィット感は確実にいいですが、無理に合わせる必要はありません。(得意な人なら、自作できてしまうぐらいですから。)

 

お値段も、汎用品と比べると、専用のよだれカバーの方が高い傾向にあります。

ただ、予算の都合と、デザインで気に入ったものがあれば、専用のよだれカバーを買うのも

おすすめ。

抱っこ紐は、子育てしている以上毎日使うものなので、気に入ったものを選ぶのがいちばんです。

 

エルゴシリーズの純正カバーはこちら

 

▼よだれカバーとおそろいのネックカバーもあります

 

エルゴの最上級抱っこひも「オムニ360」の特徴!アダプトとの違いと口コミ評判まとめ抱っこ紐!…と言えば「エルゴ」…って思い浮かぶほど人気の抱っこ紐メーカー「エルゴベビー」。 そんなエルゴの中のこれ以上ない最上級抱...

 

コスパ、デザイン、素材すべてにおいておすすめのよだれカバーはコレ!

凡人主婦
凡人主婦
うさぎさんの柄のを使ってるけど、シンプルでとっても使いやすいです。しかもお値段も1枚1,000円とおてごろ!ガーゼタイプなので、柔らかく、リバーシブルでパパとの共有にもおすすめ。

 

  • 安心の日本製
  • 綿100%のガーゼ素材
  • リバーシブルなので、パパが使うときは裏返しにしてもOK
  • 1枚1,000円でコスパ◎で、2枚セットで楽チン
  • エルゴにもちょうど良いサイズ

実際に使って、本当におすすめできるよだれカバーです。

 

 

デザイン性の高いよだれカバーをお探しならコレ

エスメラルダというシリーズのよだれカバーで、エルゴの抱っこ紐にも対応しています。

オーガニックコットン使用、日本製なので、贈り物としても喜ばれること間違いありません。

 

凡人主婦
凡人主婦
デザインが豊富で選ぶのも楽しくなりますね。同じ柄のネックパッドもあるので、おそろいでつけてもかわいいですね。

 

▼肩ベルト用のよだれカバーはこちら

 

▼ネックサポート用のネックカバーはこちら

 

【2020】首すわり前の新生児から安心して使える抱っこ紐ランキング【BEST8】初めての出産で、まだママ友もいない…。 そんなときに抱っこ紐を買おうにも、リアルな口コミが少なくて選ぶのが難しいですよね。 ...