便利な育児グッズ

【エルゴ新作】新生児に特化したEMBRACE(エンブレース)の特徴と口コミ評判まとめ

TOP画像はダッドウェイ公式サイトより引用

エルゴの抱っこ紐といえば、新生児から4歳ほどまで使うことができる「アダプト」や「オムニ360」が定番ですよね。

ただし、日本人体型の小さめの赤ちゃんには「足が痛そう」「ズレてうまく装着できない」という悩みもありました。

 

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

エルゴシリーズには、生まれてすぐから長い間使える万能タイプの抱っこ紐が主流でしたが、この度ついに新生児特化型抱っこ紐「EMBRACE(エンブレース)」が登場しました。

 

凡人主婦
凡人主婦
赤ちゃんが包み込まれてる感じが絶妙!しかも肩紐が超幅広ストラップで、パパやママの負担が軽減すること間違いなし。腰ベルト付きなので1歳まで十分使えますね。

 

価格は、14,300円(税込)と新生児〜1歳までの短期間のみ使う抱っこ紐としては少し高価ではありますが、いちばん抱っこが必要な時期&パパママの負担が重い時期なので重宝すること間違いありません。

 

新生児特化型の抱っこ紐といえば、ベビービョルンの「MINI(旧:オリジナル)」が定番ですが、腰ベルトがついていないのがデメリットでもありました。

 

ムスメ
ムスメ
エルゴのエンブレースは、ラップ型抱っこ紐とスリングのいいとこ取りだね。

 

これから出産を控えていて、お兄ちゃんお姉ちゃんの時にインサートが必要なエルゴを使っていた方の買い足しにも、エンブレースはおすすめですよ。

 

▼パパ&ママの負担を軽くしつつ、赤ちゃんにも優しい設計

※ダッドウェイ公式ストアで初めて購入すると500ポイントプレゼント
※10%ポイント還元でどこよりもおトク

 

旧モデル「ADAPT」が半額セール中

今すぐセール会場を見てみる(ダッドウェイ公式)

 

エルゴの新生児特化型抱っこ紐「EMBRACE(エンブレース)」の特徴と月齢に合わせた3種類の抱っこスタイル

TOP画像はダッドウェイ公式サイトより引用

エンブレースの特徴
  • 対象年齢:0ヶ月〜12ヶ月ごろ
  • 推奨体重:3.2kg~11.3kg
  • 抱っこのスタイル:3種類(新生児対面抱き・対面抱き・前向き抱き)
  • 肩ストラップ:クロス装着
ムスメ
ムスメ
腰ベルトの位置が少し上なのが特徴だね!月齢と慎重で抱っこのスタイルが変わるよ!

 

柔らかい素材なので、抱っこ紐の中で寝てしまっておろしたいときも、さいあくそのまま抱っこ紐ごとそーっと着地させれば良い点でとても優れていますね。

また幅広の肩ベルトをクロス装着して、腰ベルトもついているので、長時間の抱っこになっても負担は最小限で済みつつ、両手が空くのでありがたい設計になっています。

新生児対面抱っこ〜生後0ヶ月(体重3.2kg)〜2ヶ月(身長58.4cm)まで

新生児から使えるアダプトやオムニ360と同じで、新生児からOKと言っても3.2kg〜という制限があることは注意ですね。

 

凡人主婦
凡人主婦
とはいえ、実際抱っこ紐を本格的に使い始めるのは生後1ヶ月ぐらいから。1ヶ月検診で外出するときに初めて…という方が多いですね。

 

生まれてから1ヶ月もすれば、2500gで誕生した赤ちゃんも1kg程度は体重が増えていることが予想されます。

ネックサポートで大切な首を守ってくれるのが安心ですね。

アダプトやオムニ360と違うのは、柔らかいストレッチ素材で、ママにフィットして包み込むような抱き心地になる点です。

 

凡人主婦
凡人主婦
オムニ360やアダプトで「足が痛そう」「赤ちゃんがズレちゃう…」という悩みを抱えていたユーザーに最適な設計です。

 

 

▼大人気エルゴOMNI360について詳しく知りたい方はこちら

エルゴの最上級抱っこひも「オムニ360」の特徴!アダプトとの違いと口コミ評判まとめ抱っこ紐!…と言えば「エルゴ」…って思い浮かぶほど人気の抱っこ紐メーカー「エルゴベビー」。 そんなエルゴの中のこれ以上ない最上級抱...

 

対面抱っこ〜生後2ヶ月(身長58.4cm)〜12ヶ月(体重11.3kg)まで

基本的な装着方法は、新生児対面抱っこと同じです。

違うのは肩ストラップの形状です。新生児抱っこでは腕まで広げていた肩ストラップですが、生後2ヶ月以降は肩ストラップの形状は必要に応じて広げればOKになります。

 

凡人主婦
凡人主婦
首の位置が少し変わってくるはずなので、額にキスができる高さをしっかり守って装着するようになります。

 

前向き抱っこ〜生後5ヶ月(身長66.0cm)〜12ヶ月(体重11.3kg)まで

凡人主婦
凡人主婦
オムニ360のように前向き抱っこにも対応するのが特徴です。目が見えるようになる生後6ヶ月前後のおさんぽに便利ですね。

前向き抱っこについては、背負う方のパパやママが猫背になりがちで負担が大きいので、短時間での使用がおすすめです。

 エルゴの新生児抱っこ紐「EMBRACE(エンブレース)」のデメリット

凡人主婦
凡人主婦
新生児を安全に抱っこするにはとても良い商品だけど、デメリットも押さえておこうね。

 

おんぶには対応しないので注意

家事をするときは、おんぶがとても便利です。

日本製の抱っこ紐だと、だいたい腰がすわる生後6ヶ月前後〜おんぶに対応するものが主流です。

でも残念ながら、EMBRACE(エンブレース)は、そもそもおんぶが使えないタイプになります。

 

▼2本目に便利な格安の日本製抱っこ紐もあります

おんぶがしやすい抱っこ紐は「napnap」がコスパ抜群!選び方のポイントとは?「抱っこ紐」と聞くと「前側に抱っこ」をイメージしますよね。 でも、抱っこだけじゃなくて「おんぶ」もしたいんだけど…。 ...

 

 

1歳過ぎになると再度抱っこ紐の購入が必要

EMBRACE(エンブレース)の対象年齢は、最長12ヶ月までになります。

新生児に特化している抱っこ紐になるので、大きくなると赤ちゃんがはみ出してしまったり、パパやママの肩や腰に負担がかかりやすくなるので、対象月齢は守りましょう。

 

凡人主婦
凡人主婦
でも1歳前後といえば、まだまだ抱っこ紐にお世話になる時期。もう1本抱っこ紐を購入するのはマストになります。

もしも「新生児から長い間、同じ抱っこ紐を使い続けたい!」という要望でしたら、エンブレースを選ぶとデメリットになってしまいます。

 

などのラインナップを選んでおくと、長い間使えるのでおすすめです。

 

【2020】首すわり前の新生児から安心して使える抱っこ紐ランキング【BEST8】初めての出産で、まだママ友もいない…。 そんなときに抱っこ紐を買おうにも、リアルな口コミが少なくて選ぶのが難しいですよね。 ...

 

1歳児まではエンブレース使用、途中でアダプトを買い足しても…オムニ360より安い場合あり

現在、エルゴの正規代理店のダッドウェイ公式サイトでは、旧モデルの「ADAPT」が数量限定のセール中です。(→セール会場はこちら

 

凡人主婦
凡人主婦
わたしがアダプトを買ったときは2万円以上したのに、今は1万円ちょっとで買えちゃう大チャンス!!

 

EMBRACE(エンブレース) 14,300円
商品詳細ページはこちら
ADAPT(アダプト) 11,000円〜
数量限定セール会場はこちら
※なくなり次第終了
OMNI360 27,500円〜
商品詳細ページはこちら

 

なんと今なら、エンブレースとアダプトを両方購入しても、オムニ360を1本買うより安く済んじゃうんですよね。

 

ムスメ
ムスメ
アダプトとオムニ360の違いは前向き抱っこできるかどうか。1歳以上だと前向き抱っこは必須ではないよ!

 

▼パパ&ママの負担を軽くしつつ、赤ちゃんにも優しい設計

※ダッドウェイ公式ストアで初めて購入すると500ポイントプレゼント
※10%ポイント還元でどこよりもおトク

 

旧モデル「ADAPT」が半額セール中

今すぐセール会場を見てみる(ダッドウェイ公式)

 

▼アダプトとオムニ360の違いを詳しく知りたい方はこちら

エルゴの最上級抱っこひも「オムニ360」の特徴!アダプトとの違いと口コミ評判まとめ抱っこ紐!…と言えば「エルゴ」…って思い浮かぶほど人気の抱っこ紐メーカー「エルゴベビー」。 そんなエルゴの中のこれ以上ない最上級抱...

 

エルゴのエンブレースをすでに使った方の口コミ・評判は?

耳まで覆われるので、頭が落ちることがなく安心。今までのエルゴにはない軽量でコンパクト、柔らかいところがとても気に入った。
インサートが必要なエルゴからの買い替えに購入。新生児の間はエンブレース、サイズアウトしたらお下がりのエルゴを使います。
小さく畳めるので荷物にならない。フィット感・密着感がとても良く、赤ちゃんもママも安心です。

たしかに、従来のエルゴの場合は、少し大きかったので使わない時に荷物になってしまう点はデメリットでした。

エンブレースは、ラップ型に近いのでコンパクト、かつ密着感があり、腰ベルトや肩ベルトがしっかりしている点で優秀ですね。

 

凡人主婦
凡人主婦
新作エンブレースは、インサートが必要な旧型エルゴを使用している方の買い替えにもおすすめのアイテムです。ぜひ候補に入れてみてくださいね。

 

 

▼大人気シリーズのセールもチェック▼