時短に役立つ家電

ピータッチキューブの新型と旧型の違いは?どっちを買うべきか悩んでいる場合の選び方

わが家でも愛用中のピータッチキューブ(P-TOUCH CUBE)には、2機種のラインナップがあります。

これからラベルライターを買おうと思っている方で、新型・旧型どちらにすべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

スマホでラベルの作成ができるピータッチキューブには、現在2種類のラインナップが存在します。

↑この2機種、単純に新型・旧型というわけではありません。

最初に発売されたのが、300BT(←うちはコレ)で必要最低限の機能が備わっていて、機能を高性能にして後から発売されたのが710BTです。

つまり、それぞれの機種で用途とターゲット層が少し違うイメージです。なので、2機種が並行して売られています。

 

ではピータッチキューブの2機種のどちらを買えばいいのか?というところですが、

  • P300BTで十分: 一般家庭で使用…収納のラベル作り、子供の名前シールを作成したい
  • P710BTを買うべき: お仕事に使用…自宅サロンやお店を開いていて商品にラベルシールの貼り付けをしたい、事務用品のファイリング整理をしたい、スマホからだけではなくパソコンから操作したい
  • P710BTの方が幸せかも: 手作りしたりラッピングが大好き

 

凡人主婦
凡人主婦
ごくごく普通に、お名前シールを作ったり、収納ラベルシールを作るならP300BTで十分です。

 

ちなみに、価格差は2倍ほどの開きがあります。

 

どちらを買うかはあなた次第ですが、P710BTにできてP300BTにできないことをよく確認して商品を選んでくださいね。

created by Rinker
ブラザー工業
¥5,175
(2019/12/13 19:46:10時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ブラザー工業
¥10,650
(2019/12/13 19:46:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

新型ピータッチキューブ BT-P710PTでしかできないこと、P300PTには搭載していない機能は?


どちらも四角いシンプルなフォルムは似ていますが、P710BT(新型)の方が面取りして丸っこい感じになっています。

凡人主婦
凡人主婦
もちろん違うのは見た目だけではありません。

 

テープサイズ「18mm」「24mm」の太い幅が印刷できるのはP710BT(新型)だけ

いちばん大きく違うのは、対応のテープ幅が幅広いことです。

 

↓ピータッチ専用テープのラインナップ

  • 3.5mm
  • 6mm
  • 9mm
  • 12mm←P300BTはここまで
  • 18mm
  • 24mm

…と、なります。

つまり、18mm、24mm幅のテープを使いたい場合は、P710BT一択になります。

 

凡人主婦
凡人主婦
ちなみにお名前シールを作る場合は、細かい方が多いので太いテープ幅を使うことはほとんどありません。

 

余白のムダなく効率よくピータッチキューブで名前シールを作る方法|入園入学準備子どもの入園・入学準備に欠かせない「お名前」書き。 洋服、タオルからはじまり、クレヨン、はさみ、給食グッズなどなど、持ち物すべてに...

 

P710BTはテープカッターが自動

印刷終了後、テープカットを自動でしてくれるのも上位機種P710BTだけです。

 

ボタンで手動カットの300BT
凡人主婦
凡人主婦
連続で何枚もシール印刷する場合は、オートカット機能があると効率的ですね。

ちなみに、P300BTは連続印刷の際はテープカッターを利用すると余白が増えてしまうので、あとでハサミでカットしています。

 

P710BTは充電式リチウムバッテリー搭載

上位機種P710BTは、ACアダプターかパソコンとのUSB接続で充電ができます。

バッテリーも別売りしているので、消耗しても買い換えて入れ替えることで長く使うことができます。

 

対して、P300BTは単4電池6本が必要になります。ACアダプターは同梱していないので、必要なら別売りで買う必要があります。

 

 

パソコンでテープのデザインができるのはP710BTだけ(QRコード印刷に対応)

PCでのデザインに対応しているのもP710BTだけです。

さらにパソコンでラベルシールを作成するときだけ、QRコードの印刷に対応しています。

 

  • 職場で取り扱い説明書を共有したい
  • 販売する商品の詳しい成分表示ページにアクセスしてもらいたい
  • 会社やお店の情報にアクセスしてもらいたい

↑などの用途がある場合には、QRコードが活躍すること間違いありませんね。

 

▼P710BTは、より高性能でスマホ・パソコン対応したラベルライターです

created by Rinker
ブラザー工業
¥10,650
(2019/12/13 19:46:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

P300BTもP710PTも、使うテープのラインナップは同じ。12mm幅までで十分なら300BTを選ぼう

画像のピータッチキューブは、わが家のP300BTです。

印刷しているラベルシールは、P300BTに対応する最大幅の12mmのテープになります。

 

凡人主婦
凡人主婦
日常生活であまり太いテープを必要とすることはほとんどありません。

 

収納用ラベルの例
調味料ラベルの例

どちらも12mm幅ですが、ちょうど良い幅だと思います。

 

PT300BTの単4電池6本の持ちはどう? 四六時中使うわけでなければ、あまり気にならない程度

あと大きく違うのは、バッテリーのことですよね。

単4電池6本も使うのってどうなの?というところですが、減りが早いという感じはまったくしません。

 

凡人主婦
凡人主婦
そもそもラベルのデザインをスマホで作るので、ピータッチキューブの本体の電源を入れるのは印刷するときだけ。本体に画面も付いていないので、電池の持ちはとても良いですよ

 

毎日ヘビーに使うならACアダプタは必須かもしれませんが、たまにラベル作成する程度であれば、缶電池使用で問題ありませんよ。

 

ということで、個人的に家庭用として使うピータッチキューブはPT-P300PTで十分だと感じています。

created by Rinker
ブラザー工業
¥5,175
(2019/12/13 19:46:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

子育て主婦必見「P-TOUCH CUBE」はラベルライターの常識を変えた!6つのおすすめポイントとは?ラベルライターって、おうちにありますか? 家庭用といえば、キングジムのテプラ、カシオのネームランド、ブラザー工業のピータッチが超有...