臨月に子宮口が7㎝開いているのに陣痛が来ない!お産は人それぞれ。【出産体験】

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

先日、無事に元気な女の子を出産しました。

2人目の出産でしたので、思ったよりスムーズで、産後の肥立ちも良いです。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

わたしと同じような状況の人が不安になったときに、この記事を見てもらえば幸いです。

スポンサーリンク

子宮口が半開以上なのに陣痛が来ない!予定日も過ぎそうだけど大丈夫?

image

1人目の出産時は、「子宮口が5センチ程度開いている!」と言われ続け、臨月の1か月間を過ごしました。

2人目に至っては、最後の2週間は「7センチは開いている!」と言われながら、予定日を超過しました。

陣痛も来ないし、子宮口が開いている状態って、不安でしょうがないですよね
周囲からの、「もう産まれた?」、「いつ生まれるの?」という当たり前の質問にもイラッとしてしまったりして、結構つらいですよね。

早く我が子に会いたくとも、陣痛が来なければどうしようもありません。

子宮口が開いていることはむしろ幸せ

ほとんどの人は、陣痛が来ても子宮口が開かないから大変なんです。
お腹は「イテテテテ」ってなるのに、子宮口が開かなければ赤ちゃんが一向に出てこないわけですから。

その点、子宮口が開いている状態だと、全開になるまでほんのわずかしかかかりません。
わたしの場合、1人目の分娩時間は3時間、2人目の分娩時間は驚異の50分でした。

出産するとき、何が大変かって、わたしはあの陣痛の痛さだと思うんです

同じ病院に入院していた方が、「44時間陣痛と戦った」というのを聞いて、ものすごく恐ろしくなりました。

あの陣痛の痛み、時間が少なくて済むなら母子ともに本当にありがたいことですよね。

子宮口が開いていようが、臨月の生活はいつも通りでOK

36週以前ですと切迫早産なども疑われるので注意が必要ですが、37週以降であれば子宮口が開いていようが、そんなに気にする必要はありませんでした。

先生から特別な指示がない限り、普通に生活していてOKです。
(わたしの場合は、病院に近い実家に早急に里帰りしてくるように!と言われました。指示はそれだけ。)

臨月のわたしは、普通に上の子を抱っこすることもありましたし、車の運転もしていました。
自宅近所やショッピングモールをお散歩したり、旦那さんがいるときは片道1時間程度の遠出をすることもありました。

あまり動かずに運動不足になって体力が落ちてしまう方があとで大変なので、適度な運動と息抜きは必要だと思います。

破水したら危険

「子宮口が5センチ以上開いてますよ!」と言われた場合で陣痛が来ないとき、破水してしまったらあっという間に産まれてしまう危険があります

普通は、「初産婦の場合は5~10分間隔の陣痛になったら、経産婦は15分間隔になったら産婦人科に連絡をしてくださいね!」と説明があります。

破水してしまって、自宅から病院まで少し距離があると、車の中で生まれてしまうという危険があるのです。

子宮口は開いているんですから、陣痛がくればあっという間に赤ちゃんが下がってきてしまうわけですから。

心配なら陣痛の人工誘発での計画入院を先生と相談しよう

わたしの場合は、1人目のスピード出産の例もあり、検診日にそのまま入院して点滴の誘発剤で出産しました。

入院に至った理由は次の6つです。

  • 子宮口が7センチほど開いている
  • 一人目の出産よりお産が進むのが早いと、自宅から間に合わない恐れがある
  • 胎児が推定3500程度と比較的ビッグ
  • 出産予定日超過
  • NSTで微弱陣痛ありと測定
  • おしるしあり

結局、陣痛誘発剤では陣痛がつかず、破水させてもらい、そこから50分での出産でした。
破水してすぐ陣痛間隔が3分おきになり、4~5回いきんだだけで頭が出てくるという結果に。

あぁ、入院しておいてよかった!
うっかり車で産むところだったよ。

スポンサーリンク

まとめ

37週以降に子宮口が開いている妊婦さん、あなたは幸せです。笑
そして、先生から特別な指示がない場合は、赤ちゃんが出てくるのを待っていれば大丈夫!

みんな子宮口が開かずに苦労するんですから。

でも子宮口が開いてしまうと、お産が一気に進んでしまう可能性もあり危険です。
先生の方針をよく確認しながら、安全なお産の準備ができればそれで良いのだと思います。

お産の進み方は人それぞれ。
「子宮口が○㎝開いている!」と言われるととっても不安になりますが、もともと子宮口が柔らかい人だっているんです。
(わたしの場合は、子宮口が柔らかい安産体質のようです。)
あまり心配しすぎず、妊婦ライフを楽しんでくださいね。

**aki**