料理のコツ

鶏肉をぷるぷるにする魔法の水 ブライン液の黄金比!鶏もも肉・胸肉をもっと美味しく

鳥モモ肉や鶏ムネ肉がプルップルに柔らかくなる魔法の水をご存知ですか?

 

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

鶏肉を柔らかくする魔法の水は「ブライン液」と言います。

もともとジューシーでおいしい鶏もも肉をさらにおいしくするのはもちろん、パサパサになりがちな鶏胸肉にも応用可能なブライン液。

 

凡人主婦
凡人主婦
ブライン液にたった15分漬けこむだけで、プルップルの柔らかジューシーな仕上がりになりますよ。

 

なんと材料は、水と砂糖と塩だけでOK!なんですよ。

 

ブライン液の黄金比率
  • 水 100CC
  • 砂糖 5g
  • 塩 5g

ジップロックやポリ袋に↑ブライン液の調味料を入れて混ぜておき、柔らかくしたいお肉を入れて、冷蔵庫で15分寝かせば完成です。

砂糖と塩が同量なので、とっても覚えやすいですね!

鶏もも肉で唐揚げを作る場合は、もともとジューシーなお肉なので胸肉ほど心配ありませんが、さらにジューシーになるなら活用したいですよね。

 

もちろんこのブライン液は、鶏もも肉だけでなく、豚肉や牛肉、鶏むね肉などさまざまなお肉に応用可能です。

 

ブライン液は、どうして鶏肉や豚肉、牛肉などのお肉を柔らかくできるの?

  • お水を入れることで、お肉に水分が含まれてジューシー
  • 砂糖お肉のたんぱく質と水分をくっつける役割をしてくれるので、お肉から水分が逃げにくくなる
  • お塩お肉の表面をコーティングしてくれる働きがあるので、お肉の中にギュッと入った水分をより閉じ込めてくれる

 

凡人主婦
凡人主婦
家にある基本的な調味料だけですが、しっかりとお肉を柔らかくするお仕事をしてくれているんですね。

 

長ネギのタンパク質分解酵素を利用すれば、お肉がより柔らかく!

ブライン液に15分間漬けこみしたお肉は、そのまま焼いても、煮ても、唐揚げなどの揚げ物にしてもおいしくいただけます。

 

凡人主婦
凡人主婦
さらに、お醤油などの調味料を足して、下味をつけるのであれば「長ネギの青い部分」が効果的ですよ。

 

ネギに含まれるたんぱく質分解酵素が、お肉の臭みを取りながら、お肉をさらに柔らかくしてくれます。

 

手軽にできる鶏もも肉の唐揚げの下味

ブライン液に15分漬けた鶏肉の袋に、追加で足してOKです。

 

  • 長ネギの青いところ 1本分
  • めんつゆ 3
  • みりん 1
  • しょうがチューブ 1

めんつゆ:みりん:しょうがチューブ=3:1:1という黄金比を覚えておくと便利ですね。

唐揚げの下味だけでなく、豚の生姜焼きなどにも応用できます。

この下味の液に、更に15分漬けこんだ後、余分な水分を捨てて、衣をつけて揚げれば完成です。

 

▼鶏胸肉で唐揚げをする場合は、ちょっとしたコツで柔らかくなりますよ

【家事えもん】安くてヘルシーな鶏むね肉でジューシーな唐揚げにする2つのコツ家計に優しくて、しかも高タンパクな鶏胸肉。 わが家では、毎日のお料理に欠かすことができません。 こんにちは、凡人主婦...

 

鶏胸肉を使用する場合は、切り方を工夫するとさらにおいしく!時間がないときにオススメ

鶏もも肉の半額ほどで売っている鶏胸肉は、家計のお助けになりますのでうまく活用したいところですよね。

 

鶏胸肉にもブライン液は効果抜群ですが、15分間の漬け置きタイムが惜しい!ということであれば、切り方を工夫するだけでも全然違います。

 

▼鶏むね肉の場合は、繊維を断ち切るように切るだけで、ホロホロとした柔らかい口あたりに変身しますよ!

繊維の切り方を工夫するだけ!鶏むね肉が柔らかくなる切り方【家事えもん】安くて家計に優しい「鶏胸肉」。わたしは毎週1回は必ず購入します。 こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochanna...
こちらもおすすめ