ブライン液って何?家事えもんが鶏もも肉の唐揚げを柔らかくした魔法の水の黄金比

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

2016年8月11日のあのニュースで得する人損する人の放送で、家事えもんが鶏もも肉の唐揚げに使用していた魔法の液についての備忘録です。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

特損の放送中、凡人主婦へのたくさんのアクセスでサーバーが初めてダウンしてしまいました。
ご迷惑をおかけしまして、ごめんないさい。
対策はあとでゆっくり考えます。

さて、鶏もも肉以外にも使える、魔法の「ブライン液」の話です。

スポンサードリンク

どんなお肉も柔らかくできる!ブライン液に15分漬けこむだけで、柔らかジューシーな仕上がりに!

image

鶏むね肉の場合、切り方を工夫すればふっくら柔らかに唐揚げが仕上がる方法をご紹介しました。

肉えもんが伝授する!鶏むね肉が柔らかくなる切り方※追記あり!【家事えもん】

2015.12.04
鶏もも肉で唐揚げを作る場合は、もともとジューシーなお肉なので胸肉ほど心配ありませんが、さらにジューシーになるなら活用したいですよね。

もちろんこの方法は、鶏もも肉だけでなく、豚肉や牛肉、鶏むね肉などさまざまなお肉に応用可能です。

ブライン液の中身はみんな絶対持っている調味料だけ!

「ブライン液」という液の中にお水を漬けこむのですが、この中身、超お手軽です。

赤ワイン、ナツメグ・・・なんて言われたものなら、作る気沸かないですけどね。

材料は、水と砂糖と塩だけでOK!

これなら簡単に実践できます。

ブライン液の黄金比率

  • 水 100CC
  • 砂糖 5g
  • 塩 5g
ブライン液は、水・砂糖・塩で作れますし、砂糖と塩が同量で良い点も、とっても覚えやすいですね!

ジップロックやポリ袋に入れて混ぜておき、柔らかくしたいお肉を入れて、冷蔵庫で15分寝かせば完成です。

ブライン液の役割

お肉が柔らかくなるブライン液。

お水を入れることで、お肉に水分が含まれてジューシーになります。
そこに砂糖がお肉のたんぱく質と水分をくっつける役割をしてくれるので、お肉から水分が逃げにくくなります。

お塩は、お肉の表面をコーティングしてくれる働きがあるので、お肉の中にギュッと入った水分をより閉じ込めてくれるのです。

たんぱく質分解酵素でより柔らかく!

ブライン液に15分漬けこみでお肉を柔らかくしておいて、次は下味の付けダレ。

家事えもんはこのつけダレに、長ネギの青い部分を使用していました。

長ネギの青いところを、縦に細切りにして、1センチ程度の小口切りに。
ネギに含まれるたんぱく質分解酵素が、お肉の臭みを取りながら、お肉をさらに柔らかくしてくれるのです。

家事えもんの鶏もも肉の唐揚げの下味

ブライン液に15分漬けた鶏肉の袋に、追加で足してOKです。

  • 長ネギの青いところ 1本分
  • めんつゆ 3
  • みりん 1
  • しょうがチューブ 1

めんつゆ:みりん:しょうがチューブ=3:1:1という黄金比を覚えておくと便利です。

唐揚げの下味だけでなく、豚の生姜焼きなどにも応用できますね!

この下味の液に、更に15分漬けこんだ後、余分な水分を捨てて、衣をつけて揚げれば完成です。
(家事えもんは、衣にコーンフレークを使っていましたが、普通の衣でもOKです。)


スポンサードリンク

どんな鶏胸肉料理でもまずは”ブライン液”でスタート!

とりあえず、ブライン液は非常に簡単なのでおすすめします。

お肉料理なら、どんなお肉にも手軽に実践できます。
ふっくら柔らかなおいしいお料理を作りたいですね!

スポンサードリンク







あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら