料理のコツ

【家事えもん】安くてヘルシーな鶏むね肉でジューシーな唐揚げにする2つのコツ

家計に優しくて、しかも高タンパクな鶏胸肉。

わが家では、毎日のお料理に欠かすことができません。

 

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

「あのニュースで得する人損する人」の家事えもんの得技の覚書です。

この記事で紹介するのは、家事えもんが創業50年の老舗お惣菜店「鳥正 京島店 茂木豊さん」から直伝された鶏胸肉のから揚げレシピです。

お安く油が少ない鶏むね肉なのに、まるで鳥もも肉のような唐揚げに仕上がるコツですよ。

鶏むね肉、とっても安いので主婦の味方なんですよね~。鶏胸肉をうまく使うことは、永遠の課題です!→実際に作ってみたレビューはコチラ

 

ポイントはたったの2つです。

 

鶏むね肉は1.5cm間隔で切るとジューシーになる

ご主人、めちゃくちゃ早業で切っておられました。
見事、すべてほぼ同じ大きさに仕上がっていてびっくり!

すべて幅が1.5cmぐらいに揃っていました。これがポイントです!

鶏むね肉は、大きすぎると中まで火が通らず、小さすぎると火が通り過ぎて硬くなってしまいます。
1.5cmだと、大きすぎず小さすぎない絶妙な大きさなので、ちょうどいい火加減で調理できるとのことです。

 

 

からあげを油で揚げるとき、コマメに空気に触れさせる

油の温度は170度に設定して、揚げていきます。

ここで2つめのポイント!

「唐揚げを油の中に入れたまま、放っておいてはけない」とのこと。

油から浮かすことによって、衣の表面の水分を飛ばすのが大切だそうです。
そうすることで、衣がカラッと仕上がるとのことです。

1.5cmに切ったことによって中まで火が通りやすいので、衣がきつね色になったころ油から上げてOK。

もちろん、この技は鶏むね肉のときだけでなく、もも肉の唐揚げでも役立ちますね!

 

鶏胸肉のからあげを美味しくするコツ
  1. 鶏胸肉は1.5cm間隔で1口サイズに切る
  2. 油で揚げるときは、放っておかずに空気に触れさせる

 

鶏胸肉のから揚げのおすすめの下味

家庭での唐揚げの下味の材料は以下のとおり。

  • 鶏むね肉 1枚(300g)
  • しょうゆ 大さじ1.5
  • 砂糖   大さじ2分の1
  • 塩    少々
  • 酒    大さじ1.5

下味をつけるため、上記の調味料の中で15分~20分漬け込みましょう。

 

漬け込み後、お粉を混ぜていきます。

お粉の配合は以下のとおり。

  • 小麦粉 大さじ4
  • 片栗粉 大さじ1.5
  • 水 小さじ2

よ~く混ぜてください。

ボールでもいいですし、ポリ袋でも手軽でおすすめです!

わたし、唐揚げってお粉をまぶして揚げると思っていましたが、家事えもんが教わっていた技では、ねちょねちょの状態でした。

 

作ってみたらめちゃうま。わが家ではヘビロテメニューに!

実際に作ってみたら、本当に簡単でおすすめでした。

家事えもんの鶏むね唐揚げのレビュー!カリッとやわらか!節約にもおすすめ!こんにちは、凡人主婦の**aki**です。 ずーっとやってみたかった、鶏むね肉の唐揚げをついに作りました。 「あのニュースで得す...

 

鶏むね肉のジューシー唐揚げのポイントは2つ!

  1. お肉を1.5cm幅で切る
  2. 油で揚げる際は、浮かしながら空気に触れさせる

ぜひ皆さんも、家事えもん直伝のジューシー唐揚げのレシピを試してみてくださいね!

 

鶏胸肉は電子レンジで簡単チャーシューもおすすめ!

こちらも家事えもんが紹介していました。

電子レンジで時短!鶏胸肉でヘルシーな鶏チャーシューのレシピ【家事えもん】電子レンジで簡単にできる鶏ハムを作ってみました。 たしかに簡単だし、あっさりヘルシーでおいしい! こんにちは、凡人主婦の**...
こちらもおすすめ