【家事えもん】安くてヘルシーな鶏むね肉でジューシーな唐揚げにする2つのコツ

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

家計に優しくて、しかも高タンパクな鶏胸肉。

わが家では、毎日のお料理に欠かすことができません。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

「あのニュースで得する人損する人」の家事えもんの得技の覚書です。

鶏むね肉のジューシー唐揚げはとても気になりましたので、ここにまとめておこうと思います。→実際に作ってみたレビューはコチラ

スポンサードリンク

家事えもんが老舗惣菜屋から直伝!鶏むね肉のジューシー唐揚げのコツ

家事えもんが、創業50年の老舗お惣菜店「鳥正 京島店 茂木豊さん」から直伝の鶏のから揚げレシピです。

お安く油が少ない鶏むね肉なのに、まるで鳥もも肉のような唐揚げに仕上がるコツの紹介です。
鶏むね肉、とっても安いので主婦の味方なんですよね~。
これをうまく使うことは、永遠の課題です!

ポイントは2つです!

鶏むね肉は1.5cm間隔で切るとジューシーになる

ご主人、めちゃくちゃ早業で切っておられました。
見事、すべてほぼ同じ大きさに仕上がっていてびっくり!

すべて幅が1.5cmぐらいに揃っていました。これがポイントです!

鶏むね肉は、大きすぎると中まで火が通らず、小さすぎると火が通り過ぎて硬くなってしまいます。
1.5cmだと、大きすぎず小さすぎない絶妙な大きさなので、ちょうどいい火加減で調理できるとのことです。

鶏胸肉は切り方を変えるだけでもっと柔らかくなる!
ポイントは繊維の向きですよ!

肉えもんが伝授する!鶏むね肉が柔らかくなる切り方※追記あり!【家事えもん】

2015.12.04

揚げるときはコマメに空気に触れさせる

油の温度は170度に設定して、揚げていきます。

ここで2つめのポイント!
「唐揚げを油の中に入れたまま、放っておいてはけない」とのこと。

油から浮かすことによって、衣の表面の水分を飛ばすのが大切だそうです。
そうすることで、衣がカラッと仕上がるとのことです。

1.5cmに切ったことによって中まで火が通りやすいので、衣がきつね色になったころ油から上げてOK。

もちろん、この技は鶏むね肉のときだけでなく、もも肉の唐揚げでも役立ちそうですね!

鶏胸肉のから揚げのおすすめの下味

家庭での唐揚げの下味の材料は以下のとおり。

  • 鶏むね肉 1枚(300g)
  • しょうゆ 大さじ1.5
  • 砂糖   大さじ2分の1
  • 塩    少々
  • 酒    大さじ1.5
下味をつけるため、上記の調味料の中で15分~20分漬け込みましょう。

漬け込み後、お粉を混ぜていきます。
配合は以下のとおり。

  • 小麦粉 大さじ4
  • 片栗粉 大さじ1.5
  • 水 小さじ2
よ~く混ぜてください。
ボールでもいいですし、ポリ袋でも手軽でいいですね!

わたし、唐揚げってお粉をまぶして揚げると思っていましたが、家事えもんが教わっていた技では、ねちょねちょの状態でした。


スポンサードリンク

作ってみたらめちゃうま。わが家ではヘビロテメニューに!

実際に作ってみたら、本当に簡単でおすすめでした。

家事えもんの鶏むね唐揚げのレビュー!カリッとやわらか!節約にもおすすめ!

2015.12.03
鶏むね肉のジューシー唐揚げのポイントは2つ!

  1. お肉を1.5cm幅で切る
  2. 油で揚げる際は、浮かしながら空気に触れさせる

この二つが上手にできれば、鶏むね肉のジューシー唐揚げも夢ではありません。

ぜひ皆さんも、家事えもん直伝のジューシー唐揚げのレシピを試してみてくださいね!

鶏胸肉は電子レンジで簡単チャーシューもおすすめ!

こちらも家事えもんが紹介していました。

電子レンジで時短!鶏胸肉でヘルシーな鳥チャーシューのレシピ【家事えもん】

2016.11.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら