口コミはホント?話題のシャンプー「haru」をガッツリ2ヶ月使用してわかった評判のウソと真実

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

わたしには、見た目のコンプレックスがたくさんあります。

お腹ぶよぶよだし、顔はゴツイし、足短いし。最悪(笑)
(笑ってられるんだから、人並みかもしれません。と強がる)

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

中でも思春期の中学生ぐらいから悩ませれていたコンプレックス。

髪の毛!

小学生のときから若白髪が生え始め(たぶん遺伝 もしくは転校によるストレスか?)、就職、出産、バセドウ病による抜け毛を経て増加。

くせ毛がすごく、美容院へ行く=3ヶ月に1度の縮毛矯正。

髪の毛がパサつき、傷みやすく、染めてもすぐ色が抜けてくしが通らなくなる…。

いったいわたしの髪の毛はどうすれば落ち着くんだ?!

ということで、話題のシャンプー「haru」を2ヶ月毎日試してみました。

スポンサードリンク

マイナス5歳若返るってホント?「haru(ハル)黒髪スカルプ・プロ」を2ヶ月毎日使って見えてきたウソと真実

次女の産後、ものすごい抜け毛に悩まされました

髪の毛の抜けはじめは、産後約3ヶ月ほど経ってのこと。
排水口は毎日つまるし、床に落ちている髪の毛を集めると、もはや貞子のようす。

8月に出産して、毎日使うシャンプーを「haru黒髪スカルプ・プロ」に変えてみたのは10月の末頃でした。

雑誌やネットの広告で盛んに取り上げられ、アットコスメでも評判になっている商品ですが、実際の使い心地についてウソとホントについて率直にレビューします。

トリートメントが要らない→ホント

シャンプーにつきもののリンスやコンディショナー、トリートメント。

たしかに「haru」がトリートメント要らずというのは、本当です。

この2ヶ月、毎日「haru」を使ったシャンプーしかしていませんが、髪の毛のくし通りは良好。
普通のシャンプーだと、トリートメントをしなければ、くしが通らず毛先がプチプチ切れます。

トリートメントの時間が省けるだけ、子どもとのお風呂がラクになりました!

毎日、ひとりで子ども2人のお風呂を入れるのは大変ですからね。

2人の娘にスイマーバを愛用!その便利さの裏の事故を防ぐために確認すべき6つこと

2017.01.18

抜け毛が減る→ウソ

残念ですが、抜け毛は減りません。

もちろん、「haru」を使わずしてどうなったかについては比べようがありませんが。

毎日シャンプーしていても、ゴッソリ髪の毛が抜けましたので、抜け毛対策で「haru」を選ぶのはおすすめできません。

ホルモンの関係で、産後に抜け毛が増えるのは自然なことなので、わたし自身はとくに気にしないようにしていました。

髪の毛にハリが出る→ホント

抜け毛が増えた割には、髪の毛のボリュームが減ったという感じはとくに感じなかったのは、「haru」を使っていてうれしかったことのひとつ。

髪の毛の根元が立つ感じで、産毛も最初から太い毛が生えてくるように。

「マイナス5歳に見られる髪の毛」というのは、ハリにありますね。

生え際がペタンコだと、一気に老け込んで見えちゃいますから。

「最近、髪の毛のボリューム減ってきたな…」という方にはおすすめです。

白髪が減る→ウソに近い微妙

白髪については、体質もあるので、わたしの感想だけではなんとも言えません。

個人的には「haru」を使用しての白髪の様子については、「あまり変わらない」というのが本音。

白髪を見てみると、白髪→黒髪に戻った奇跡の1本もあれば、逆もあり。

しいて言えば、白髪の数は以前とさほど変わらないかなぁというところ。

ということで、「白髪を減らすためにharuを使いたい」という方には、積極的にはおすすめしません。

これ以上、白髪を増やさないようにするという、「予防」として使うならアリです。

泡立ちが良い→ホント

ノンシリコンシャンプーは、泡立ちが良くないというイメージがあります。

「haru」については、「泡立ち抜群!」というのを全面にアピールしていますが、これはホント。

洗ったあとのすっきり感が抜群です。

ちなみにシャンプーの液体を触った感じは、ヌメった海藻のようす(笑)。

石けんというよりは、海藻のヌメリ成分に近いイメージです。

普通のシャンプーのように、とくに特殊なグッズを使わなくてもモコモコ泡立ちます。

1度の使用量は、肩にかからないセミロングぐらいの状態で、ワンプッシュで十分。

内容量は2ヶ月分と言いますが、毎日ワンプッシュなら3ヶ月ほどはもちます。

天然由来成分で心安らぐ柑橘系の香り→ホント

香りはすごくいいです。

香料の感じはあまりなく、自然な感じ。

柑橘系のさわやかな香りなので、好ききらいなく使えます。(個人的には、バラとかの甘い香りが苦手なので。)

シャンプーに必ずと言っていいほど入っている「界面活性剤」も入っていません。

ちなみに、保存料など使用していない関係で、詰め替え用の販売はありません。

わたし自身にあらわれた意外な効果

「haru」を使ってみて、意外だったのは、くせ毛が落ち着いたこと。

わたしの場合、うねりがすごくて、縮毛矯正なしでは過ごせなかったのですが、髪の毛の扱いがずっとラクになりました。

とくに産後、子ども2人を預けて長時間美容院に行くのは至難のワザですが、カットだけでよければ1時間もあれば余裕で済んでしまいます。

縮毛矯正をかけずして、ボブスタイルがキマっているのは奇跡ですね。

美容師さんに、「あまりくせ毛じゃありませんね。」と言われたのは、ホントです。

結局、決して安くない「haru」を買う価値はあるのか?

わたしが「haru 黒髪スカルプ・プロ」を2ヶ月使用して、出した結論としては、使う価値アリです。

ただし、何せ安いお買い物ではないです。
こんな悩みを持った方になら!という条件付きでおすすめします。

「haru」がおすすめな人

  • 子育て中などで、ゆっくりお風呂に入る時間がない人
  • 最近、髪の毛のボリュームが減ってきた人
  • 美容院に出かける回数が3ヶ月に1回程度の人
  • くせ毛に悩んでいる人
  • これ以上の白髪の増加を食い止めたい人

トリートメントの必要なし、美容院へ行く回数少ない、と考えれば、コスパはかなりいいです(1本3,600円だけどね!)。
トリートメントの時間を省けるだけで、かなりの時短にもなります。

産後すぐの方や、小さい子どもがいるわたしのようなママには特におすすめ。

「haru」をあえて買う必要がない人

  • 白髪対策として「減らしたい」と思っている人
  • 髪の毛にボリュームがありすぎて抑えたい人
  • 「安いものを」という値段重視の人
  • ネット通販に抵抗がある人

つまり、毎日のお手入れや美容院でのケアに時間が取れる人は、最初からそうした方がいいです。
ちょっと値段が…高い!と思うのであれば、やめといたほうがいいかも。

市販のシャンプーで満足できているなら、それで十分!

もし買うなら安く購入できる方法は?

シャンプー「haru」は、その辺のお店には売っていないので、ネット通販で買うしかありません。

購入先としては、Amazonや楽天市場などのショッピングサイト。
もしくは、haru黒髪スカルプ・プロ公式ホームページのどちらかになります。

ちなみに、アマゾンなどで購入すると普通に1本3,600円(+税)です。
楽天市場では3本売りの限定デザインボトルがありますが、これについては残念ながら送料がかかります。

ということで、haru黒髪スカルプ・プロの公式ホームページで、3本のまとめ売りを買うのがいちばん安い方法です。
(3本で、8,100円(税抜)+648円(消費税)送料無料。25%OFFの値段です。

定期コースより、3本セットが安いです。

未開封の状態なら、通常環境であれば(極端な高温多湿・直射日光などでなければ)製造日より3年間は保管OKだそう。

初回のみ全額返金保証制度ありの注意点

初回のみ、1本売り、3本まとめ売りともに全額返金保証の制度があります。

  • 30日間以内に申し出た場合
  • 使用したものでも可

しかしながら、注意点があります。

  • 返送料は自己負担
  • 初回購入のみ
  • 最初から3本セットを頼んだ場合は、2本は未開封で返すこと

注文するなら、返品の仕方についてはしっかりおさえておく必要があります。

3本セットの場合は、重さで返送の送料がかさむので注意!

試すなら、高くても1本から購入するのが無難です。


スポンサードリンク

わたしは自分へのご褒美にと3本セットを追加注文しました

2ヶ月以上ハルを毎日使ってみて思ったことは、

  • せっかくよくなった髪の毛の状態が元に戻りそうでこわい
  • トリートメントなしでOKの状態に慣れてしまった
  • どうせ美容院にもほとんど行けないんだから、シャンプーぐらい満足するものを使えばいいじゃないか

という結論でした。

最低でも2ヶ月もつとして、1回の美容院代かなぁと考えれば、アリかと。

使って1週間で、「何か変わった!」という実感がありました。

ということで、公式ショップで3本セットを注文。

髪の悩みは人それぞれ。

 

わたしが気に入った商品が、あなたに合うとは限りませんが、少なくともわたしにはおすすめでした。

忙しいママは、自分へのご褒美にぜひ1度検討してみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら