効果絶大!蛇口の根元の水垢はカード1枚でキレイになる!

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

ふと気づくと、蛇口の根元にこびりついた汚れが…。

結晶化してしまった水垢は、拭いても、こすってもなかなか落ちない!

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

この記事では、蛇口の根元にこびりついてしまった水垢汚れのおそうじ方法をご紹介します。

水道蛇口の持ち手や、お水が出る部分などのステンレス全体の水垢汚れを落としたい場合は、クエン酸パックが効果的です。

クエン酸でステンレスの蛇口を新品の輝きに戻す方法を知りたい方は必見!クエン酸パックでピカピカにする方法

【ガンコな汚れ】クエン酸でステンレスの蛇口を新品の輝きに戻そう

2015.09.17
そもそも蛇口の根元の結晶化した水垢とは?

蛇口 根元 水あか

水あかとは、水道水に含まれる、「マグネシウム」や「カルシウム」が結晶となって固まってしまったもののこと。

水道の蛇口の根元は、水が垂れてたまりやすく、細かい溝があったりするので、そこにびっしりと水あかの結晶がこびりついてしまいます。

写真は、うちのキッチンのシンクの蛇口の根元を写したもの。

根元の茶色っぽいものが水あか、これが落としたい汚れです。今のおうちに引っ越してきて、丸3年、お恥ずかしながら1度もお掃除したことがありません。

スポンサードリンク

拭いても取れない蛇口の根元の水垢汚れは、「重曹とカード」で削り落とす

蛇口 水あか カード

蛇口の根元の水あか落としに必要なものは、以下の2つです。

  • 重曹(粉末)
  • 要らなくなったカード
水あかといえば、「クエン酸」が便利なのですが、重曹の方が粉末の粒子が細かく隙間に入りやすく研磨力も高いです

蛇口の根元のそうじでは、水道水のカルシウムやマグネシウムの「結晶を削り取る」ので、重曹を使います。

カードについては、クレジットカードなどの硬い素材のものを使用してください。

カードは、ハサミで斜めに2つに切ります。2つに切ることで、2度使うことができ、力を入れたときにカードが曲がるのを防ぎ、よりおそうじをスムーズにすることができます。

先のとがった部分はけっこう鋭いので、子どもなどの手に渡らないよう、注意して使用・保管してください。

手順1 重曹を蛇口の根元にまいて、水を数滴垂らす

上の写真のように、粉末の重曹を蛇口の根元にまきましょう。

重曹は小さじ1ぐらいで十分です。(わたしはまきすぎました。)

ここでポイントは、「少し濡らす」こと。

粉末のままガリガリやっても、飛び散るだけで効果がありませんので、必ず濡らしましょう。

と言っても、手を少し濡らして、雫をポタッと落とすぐらいでOK。重曹をペーストとして使うようなイメージです。

手順2 カードで蛇口の根元をこする

重曹を少しだけ濡らしたら、カードの角でこすっていきます。

わりと強めの力で、「ガリガリ」削るように水垢の結晶を取ってください。

たまに汚れが落ちているが、重曹ペーストをよけながら確認するといいです。汚れが気になるところは、カードの角度を変えてこすりましょう。

手順3 十分に水垢の結晶を削ったら、重曹を流す

蛇口 根元 水あか ピカピカ

気になる水あか汚れの結晶化部分を、カードで十分にガリガリとこすったら、水で流します。

蛇口の先がホースタイプのように伸びるものなら、直接水をかけてしまいましょう。

わが家の水道は、根元に直接水をかけられないような構造の蛇口なので、水を含ませたスポンジや濡れぶきんでしっかりと「重曹」を拭き取ります。

重曹は、元が白い結晶ですので、うまく流せないと白く残ってしまいます。

重曹を流したあとの水道の根元は、画像の通り。

見違えるように、ピカピカになりました!

びっしりこびりついていた結晶の水あかがすっかり取れて、地のステンレスが見えるようになりました。

同じ方法で、電子レンジの室内の焦げ付き汚れもキレイに落とせます!

スポンジで擦って落ちない電子レンジの頑固な焦げ付き汚れ!重曹とカードで簡単お掃除

2016.05.07
注意してほしいこと

  • 2つに切ったカードは、先端が鋭いので、扱いに十分気をつけてください。
    (気にならなければ、また同じカードを使って掃除することも可能です。)
  • ステンレスは硬い素材なので基本的には大丈夫ですが、素材によっては「傷」が付いてしまう可能性がありますので、十分注意しておそうじしてください。
    (木製、陶器、大理石などは危険です。自己責任で試してみてください!)

スポンサードリンク

普段の蛇口のおそうじはメラミンスポンジとクエン酸が便利

レック 激落ち ポイポイ ( メラミンスポンジ )

普段から蛇口まわりに水垢をためない方法としては、とにかく水分をこまめに拭くこと。

水滴が残ってしまうと、白い水垢の原因になりますし、根元はなお水がたまりやすいので結晶化してしまう原因になってしまいます。

なので、わたしは普段はできるだけ気づいたときに「メラミンスポンジ」で白くなってしまった水垢を磨き、布巾でふき取るようにしています。

そして、お風呂などの、常に湿気が多い場所は、水道の蛇口まわりが真っ白になりがち。

そんな時は、クエン酸パックが便利です。クエン酸の粉末を濡らした蛇口にふりかけ、ラップやキッチンペーパーでパックして時間をおきます。そうすると、びっくりするぐらい蛇口の水垢汚れが取れますよ!

ぜひ試してみてくださいね!

スポンサードリンク











あわせて読みたい

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

    詳しいプロフィールはこちら