そうじのコツ

家中ピカピカ!セスキ炭酸ソーダ水が使いやすくて、おそうじに大活躍!

重曹より汚れ落ちがよく、100均などで簡単に手に入る、セスキ炭酸ソーダをご存知ですか?

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

家事えもんもよく使っている、セスキ炭酸ソーダ。セスキを使ったことがある方はご存知かと思いますが、同じアルカリ系自然素材の重曹の約10倍の洗浄力があると言われています。

しかしながら、セスキ炭酸ソーダが、家中すべての汚れに効くわけではありません。

得意不得意があるので、知っておくと便利。

この記事では、セスキ炭酸ソーダが得意な汚れを知った上で、基本のセスキ炭酸ソーダ水を作る手順の紹介をします。これを準備した上で、いろいろな部分の掃除に活用してくださいね!

 

セスキ炭酸ソーダが得意な汚れ

代表的な汚れの種類をあげると、次の4つがあります。

  1. 皮脂や手垢などの軽い汚れ
  2. 血液の汚れ
  3. 水あか
  4. 油汚れ

セスキ炭酸ソーダは、アルカリ性の成分なので、タンパク質の分解に向いています

また、重曹やクエン酸などと同様に、環境にも優しい自然派洗剤

うまく使えば、いろいろなお掃除に応用が可能です。

 

セスキや重曹、クエン酸の得意分野がわかりづらい!

得意な汚れにはものすごい洗浄パワーを発揮するセスキ炭酸ソーダですが、不得意な汚れにはまったく効き目がありません。
セスキが苦手な汚れ落としは、他の自然派洗剤がカバーしてくれる場合が多いので、違いを知っておくと便利ですよ!

 

これで解決!ナチュラル素材の重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸、酸素系漂白剤の使い分け「重曹とセスキ炭酸ソーダの違いって、イマイチわからないよね。どんなときに、何を使えばいいのか、教えて~」 …と友人に聞かれました。...

 

スプレーで使いやすく!基本の「セスキ炭酸ソーダ水」の作り方

セスキ 準備

セスキ炭酸ソーダは、粉末の状態で売られているのがほとんど。これを水に溶かして使うことで、ぐっと使いやすくなります。

基本のセスキ炭酸ソーダ水の配合

水500mlに対してセスキ炭酸ソーダの粉末4g(約小さじ1)

セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、スプレーを上下にふれば完成。もちろん汚れの程度によって濃度を濃くしても構いません。

 

ただし、あまり濃くしすぎると溶け残りや、スプレーのつまりの原因になります。

 

セスキ炭酸ソーダとスプレーボトルは100均で購入可能

セスキ炭酸ソーダは、少量(200g程度)のものなら100均でも買うことができます。「少しお試しに使ってみたい!」という場合には、100均で購入が最適。

インターネットで買うなら、500g超の大容量のものもあります。いろいろなメーカーから発売されていますが、「アルカリウォッシュ」という商品も同じ成分です。

セスキ炭酸ソーダは「粉末」がおすすめ

たまに、「セスキ配合」のスプレー洗剤や、ウェットシートなどが売っていますが、単価も応用力からも断然粉末洗剤を買ったほうが融通が効きます。

 

100均には粉末を投入しやすいスプレーボトルがあるよ!

幅広 スプレー

セリアで購入した写真のスプレーボトルは、お粉が入れやすいよう本体に幅広の口がついています。口が2段階に外れるので、粉末をこぼす心配もありませんし、ろうとを使う必要もありません。

しかも本体の中に手が入るので、洗うのも楽チン!

無印良品風のシンプルなデザインもお気に入りです。

もちろん、スプレーボトルならどんなものでも大丈夫です。

 

セスキ炭酸ソーダの取り扱いで注意してほしいこと

酸性の洗剤と混ざると有毒ガスが発生します。もしおうちにあるスプレーボトルを使う場合は、よく洗ってから使ってくださいね!

汚れが酷いようなら、セスキを多めに使えばより汚れ落ちがよくなります。ただしセスキ炭酸ソーダはタンパク質を分解する成分がありますので、皮膚が溶け出す可能性があります。手がヌルヌルするのが気になる場合は、ゴム手袋を使いましょう

もしつけおきしても取れないような汚れの場合、こすりすぎたりして生地や素材を痛めないように気をつけてください。

 

家中、セスキ炭酸ソーダで汚れ落とし

セスキ炭酸ソーダは、家中いろんなところで活躍します。セスキ炭酸ソーダをスプレーにしておくと、えりの皮脂汚れの予洗いなんかにも便利。

ぜひ家中、いろんなところに使ってみましょう!

 

セスキ炭酸ソーダのお掃除の記事一覧

こちらもおすすめ