お風呂いすや洗面器の水垢・石鹸カスの掃除はオキシクリーンが大活躍!写真で手順を紹介

お風呂のいすや、子どものおもちゃについた水垢・湯垢・手垢・石鹸カス・その他汚いもの…。

こすっても、頑固にこびりついた湯垢や石鹸カスはなかなか汚れが落ちずに悩みます。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

特に、お風呂のいすや洗面器は、毎日肌に触れるものということもあって、黒ずみ汚れが激しいです。また、子どもがお風呂で遊ぶおもちゃも、気づいたらピンクのぬめりや黒カビが…という事態もあるかもしれません。

ということで、お風呂のいすや洗面器、小物類の汚れ落としに最適なオキシクリーンを使用したお掃除方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

落としたいお風呂いすの汚れの様子。ビッシリついた垢類はこすっても落ちない

とっても汚くて、ごめんなさい。

浴槽の中や壁、床は掃除するんですが、お風呂のイスってあまり掃除しないんです。なぜなら、お風呂のいすに座りながら掃除をしているから。

ということで、イスの掃除は後回しになりがちで、結果、写真のように垢がビッシリついています。

この汚れの状態だと、お風呂用の洗剤をつけてブラシやスポンジでこすったところで、全然きれいにはなりません。

 

オキシクリーンを使ったお風呂掃除の手順

  1. 追い炊きの温度を最高にして、浴槽のお湯の温度を50度以上にする
  2. 湯垢、石鹸カス、カビ、皮脂汚れが気になるお風呂グッズを浴槽内に入れる
  3. オキシクリーンを3杯程度投入
  4. 泡が消えるまで、6時間程度オキシクリーンに漬けおき
  5. スポンジやブラシで、小物類のゆるくなった汚れを磨く
  6. 浴槽のおそうじを仕上げにする

 

ポイントは、3つ。

  • お湯の温度を50度以上の高温にすること
  • オキシクリーン(酸素系漂白剤)の量をケチらないこと
  • 最後に、ひと拭き仕上げ磨きをすること

それでは、写真とともに手順をご紹介します。

 

残り湯を使ってもOK! 給湯温度を最高にして追い炊き。オキシクリーンを投入

お風呂イスなどの湯垢、石鹸カスをキレイに落とすにあたり、「オキシクリーン」を使用します。

お風呂のサイズにもよりますが、コストコのオキシクリーンの計量カップ3杯程度で十分です。

 

 

オキシクリーンとは?

成分は「酸素系漂白剤」でできています。コストコに売っているオキシクリーンは、青いツブツブの界面活性剤が入っています。シャボン玉 酸素系漂白剤などでも同じように使えますが、浴槽に使う場合、使う量が多くなるのでコスパのいいオキシクリーンがオススメです。

50度〜60度ほどの温度で、汚れ落としの効果がいちばん発揮されます。

 

ということで、給湯温度をMAXに設定(うちは48度が最高)し、追い炊き。

水位は、最低ラインでOKです。

 

 

オキシクリーンから泡がもこもこ発生。5〜6時間放置する

オキシクリーンを入れ始めたときの様子です。

しゅわーっとオキシクリーンが溶けつつ、発泡を開始します。沈んでいて見えませんが、お風呂いすと子どものおもちゃの他に、排水溝のフタや、石鹸置きなどもついで入れてあります。

シャワーヘッドなどもいっしょに入れておくといいですよ!

このまま、お湯の温度が冷めるまで放置します。(約5〜6時間)

 

日本版オキシクリーンは、そこまで泡立たない

オキシクリーン 1500g

実はオキシクリーンには2種類あって、青いツブツブが入っているアメリカ版と、白い粉だけの日本版があります。

丸い容器のオキシクリーンは日本版。界面活性剤が入っていないのですが、効果は同じ。丸い容器のオキシクリーンを使用して、泡立たなくても焦る必要はありません。

ただし、温度が低いと結局効果が薄いので、必ず50度〜60度程度の高温で使用するようにしてください。

 

オキシクリーンに漬けて放置すると、次第に泡が消えていく

オキシクリーンの効果が持続する時間が、6時間程度です。

6時間経ってしまうと、成分が全て分解されてしまうので、効果がなくなってしまいます。ということで、漬け置きも、6時間程度で終了してOKです。

お風呂の残り湯で夜にオキシクリーンで漬け置きする場合は、「一晩」と覚えておけば大丈夫。

ただし、漬けおきしたあとに、洗い流して磨く作業があるので、次の日の朝に余裕がある日に行うことをオススメします。

 

泡が完全に消えたら、最後の仕上げに入ります。

 

オキシクリーンで漬けただけでは湯垢や石鹸カスは落ちない! スポンジで仕上げの拭き掃除を

ここで知っておいて欲しいのは、オキシクリーンに漬けただけでは汚れは落ちないということ。

画像を見ていただくとわかりますが、お風呂のいすの汚れは、最初の写真とさほどかわりません。ただし、かなり汚れがゆるんでいて、少しこすっただけでもスルッと汚れが落ちる状態になっています。

 

少しスポンジでこすっただけで、お風呂のいすが真っ白な輝きを取り戻しました。

力を入れなくても、簡単につるっつるです。これがオキシクリーンの効果。

 

汚れがつきやすいお風呂のいすの脚や、裏側も、少しスポンジでこすっただけで写真の通り真っ白になりました。新品の輝きです。

お風呂のいすを掃除したことがある方ならわかると思いますが、ただ洗剤を付けてこすっただけでは、ものすごく骨の折れる作業です。こすっても湯垢や石鹸カスは全然落ちないし、脚の部分などはヌメっていて触りたくないし…。

それがオキシクリーンに漬けおきしたあとなら、スポンジでなでるようにこすっただけで、スルッと落ちます。

 

石鹸カスがついて、べったりしてしまいがちの石鹸ケースも、つるっとピカピカになります。

オキシクリーンの漬けおきは、プラスチックや樹脂系の製品には効果抜群なので、ぜひ試してみましょう。

 

お湯を抜いたら、浴槽の掃除をして、風呂桶内をよく流そう

オキシクリーンは、酸素系漂白剤なので、お肌に触れると肌荒れを起こしてしまうことがあります。

浴槽内のオキシクリーンがしっかり洗い流されていないと、子どもたちがお風呂に入るときにあまりよくないので、シャワーでしっかり洗い流してください。

このとき、スポンジなどで浴槽内をこすると、お風呂いすのようにスルリと汚れが落ちます。特に新たに洗剤をつける必要はありません。

 

お風呂のグッズをオキシクリーンで漬けおきするする頻度はどれぐらいが最適か?

汚れの程度にもよりますが、「1ヶ月に1回〜3ヶ月に1回程度」がオススメ。

頻繁にやる必要はなくて、「こすっても落ちない汚れが気になるようになったな…」と思った時がタイミングです。

ちなみに、オキシクリーンや酸素系漂白剤の効果は、50度〜60度で活性化することを考えると、真冬のつけおきは避けたいところ。

やるなら、「年末大掃除!」…の前に、1度やっておくことをオススメします。

 

 

子どものおもちゃは汚れが付きやすく、落ちにくい! 100均で定期的に買い換えよう

お風呂のいすのような、真っ平らな面が多いグッズは洗いやすいですが、子どものおもちゃのような細かいものはやはり洗いにくいです。

ぞうさんのジョウロなども、中まではしっかり洗えません。

うまく汚れが落ちないことを考えると、安いおもちゃを定期的に新品に買いかえてった方が清潔ですし、間違いなくラクです。

 


スポンサードリンク

お風呂の頑固な黒カビ汚れを落とすのに、オキシクリーンは効果があるのか?

お風呂といえば、「頑固な黒カビ」に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

オキシクリーン(酸素系漂白剤)は、湯垢や石鹸カスなどの汚れを落とすのは効果抜群ですが、黒カビはしっかり取りきれません。

そんなときは、「塩素系漂白剤+片栗粉」がオススメ。泡タイプより流れにくく、壁やゴムパッキンなどにもしかり定着するので、より黒カビ汚れ落としに効果があります。

 

お風呂の掃除と言っても、汚れの種類はさまざま。ぜひ、それぞれに合ったお掃除方法を試して、お風呂のキレイを保ちましょう。

 

スポンサードリンク











あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら