洗濯後の下着やパジャマは「ぽいぽいカゴ収納」でたたまないと超ラク!

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

わたしは、洗濯物を干すのは大好き。目の前にある山のようなお洋服たちが整然と干されていって、カラッと乾いている姿を見るのが好きなんです。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

だけど、洗濯をたたむのは好きじゃない。というか、嫌いだと思う。

ベランダに干してあった洗濯をドサっと室内に取り込むまではいいのですが、そのあとたたむのが大変。もちろん、嫌々ながらにたたみはするものの、家事の順番は後回しにしがちに。干すのは最優先順位なのに…!

そうすると部屋は散らかった感じになってしまうし、たたんだお洋服を家族それぞれのタンスに戻すのが大変でカゴのまま放置してしまうし、もうとにかく悪循環。

スポンサードリンク

家族それぞれに片付けてもらうなんていうのは、まだまだ夢の話

よく収納の本を見ていると、「家族のお洋服は、それぞれの専用のカゴに入れてあとは自分で収納してもらう」なんて方法が載っています。

でも、わが家の子どもは3歳と0歳だし、まだまだ無理。長女は保育園で習ってお洋服を上手にたためるようにはなってきたものの、最初から最後まで自分だけでやるというのはまだ難しい。

そして、旦那さんのお洋服で毎日洗濯するものは、普段は仕事へ着ていくシャツとパンツと靴下、ワイシャツぐらい。ここに、寝るときに履いているステテコが加わるぐらいのものなので、これだけの量で「自分でやって!」なんて、ちょっと気の毒で言えません。

いちばん幅を効かせている洗濯物は子ども服。だから…

長女には少しずつでも「自分で元の場所に戻す」ということを、覚えさせていくつもり。年中さんになるぐらいには、多少ぐちゃぐちゃでも自分でできるようになれば…と、手取り足取り仕込み中です。

わが家の洗濯の様子と中身

わが家の洗濯物事情はというと、普段着や下着類に加え、パジャマも毎日洗濯。特に子どもは食べこぼしや汗がすごいので、3着ほどのパジャマをローテーション。

そのほかに、タオル類が毎日たくさん洗濯されています。

タオル干すならやっぱりコレ!大量のタオルを効率良く乾かすハンガーと干し方のコツ

2016.03.05

洗濯は毎日のルーティンワーク。ずーっと雨だったり、お出かけで不在のことがない限り、毎日洗濯機を回して干しています。

だから、昨日のお風呂前に洗濯機に入ったお洋服は、今日のお風呂の前にはもう乾いているということ。もちろん、下着類も同じ。

それなら、洗濯して乾いたお洋服はそのまま着れば楽チンじゃないか!ということで、あえてたたまないことにしました。

干した洗濯をそのままクローゼットに…という吊るす収納はしていない

普段着は、たたむか、クローゼット専用のすべらないハンガーに吊るし直して収納しています。下着類は吊るす収納するまでもないので、脱衣所の洋服ダンスに収納しています。

【収納】タンスの中をスッキリさせる3つのコトと、1つのコツ

2015.10.23

毎日着る服は、あえて専用のカゴで「ざっくり収納」に切り替え

「今日のお風呂上がりに着る服専用のカゴ」に、乾いた洗濯の中から今日着るお洋服をピックアップして、ぽいぽいぽーいと放り込みます。

置く場所は、脱衣所の下着用タンスの上。いつもわたし1人プラス子ども2人でお風呂に入るので、服を着るときも3人同時に慌ただしくやります。カゴには子ども用と自分用の下着を投入。

カゴの上はタオルで隠しちゃえば、なんでもあり。もちろん、タオルも今日乾いたものの中からローテーション入りしたものです。

たったこれだけでも、たたむお洋服が半減します。

時間の短縮で言えば2〜3分ぐらいのものだけど、心のストレスはグッと半減します。

旦那さんの下着類は?

わが家で一番最後にお風呂に入るのは、仕事で帰りの遅い旦那さん。なので、専用カゴの一番下に旦那さんの下着を放り込んでおきます。旦那さんがお風呂に入った後は、カゴの中が空っぽになります。

お洋服のシワは気にならないのか?

カゴの中に放り込むことで、ぐちゃぐちゃしてしまうとシワが増えそう…という問題に関しては、パジャマだからよしとしています。と言っても、そこまで気にならないのが実際のところ。

これは、ユニクロの機能下着が多いからです。

夏はエアリズム、冬はヒートテックを家族で愛用。わたしはブラトップを使っているし、子どもにもユニクロの下着を着せています。これがさらっとしていて全然シワにならない。

赤ちゃん用の夏下着も、綿100%のメッシュで風通しも良く、着せやすくて重宝しています。ということで、わが家では、下着やパジャマのシワに関しては全く気にしていません。


スポンサードリンク

同じ下着だけ消耗しちゃう件について

実は、ざっくりカゴ収納をやってると、毎日洗濯していれば、「2着をローテーション」が続きます。

逆に、普段は2着で十分っていう事実にも気づきます。

もちろん、同じ下着を着る頻度が高ければ消耗しやすいですが、必要最低限で事足りるならそれでいいと思います。どうせ子どもはすぐにサイズアウトするんだから!

ということで、結果的に収納のスリム化、ストック品購入の無駄使い防止にもなります。

最小限でいいなら、古くなって買いかえても、期間を決めて買い替えをすればいいだけ!いつも、2シーズンぐらい着てしまうので、ものすごく消耗が気になるというほどではありませんよ!

とにかく散らかりにくいので、とってもおすすめです。ぜひ試してみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク











おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら