まだ使えるかも!書けなくなった油性ペンを簡単に復活させる方法

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

ゴミ袋に名前を書いたり、手紙の宛名を書いたり、子どものグッズのお名前書きに…一家にひとつ、なくてはならない「油性ペン」。

太いものから細いもの、黒だけではなくカラーのものなど、色々な油性ペンが発売されています。商品名で言えば、「マッキー」や、「マイネーム」あたりは昔から有名です。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

そんな油性ペンが、ある日ふとかすれてきてしまうことはありませんか?

もし油性ペンが書けなくなった場合、書きなぐる・息を吹きかける・振ってみるなどの対処をしてみる方は多いかもしれません。

残念なことに、すべて劇的な効果はありません

それでは効果的な、油性ペンの復活のさせ方をご紹介します。

スポンサードリンク

書けなくなった油性ペンは除光液に浸すだけで復活!

油性ペンを再度書けるようにするために使用するのは、マニキュアを落とすときに使う除光液です。

100均に行けば売っていますし、持っている方も多いのではないでしょうか?

わたし自身は、爪のお手入れはほぼしませんが、わが家では子どもの落書き消しに、たまに活躍します。

この除光液を、書けなくなったペンのキャップに注いで、ペン先を浸して10分放置します。

このとき、キャップに溜まった除光液は真っ黒になります。
こぼさないように注意しましょう!

そもそも油性ペンはなぜ書けなってしまうのか?

油性ペンが書けなくなるのは、乾燥したインクが表面で固まってしまうのが原因。

ペンの中にインクが残っていたとしても、乾燥してしまいコーティングされた状態では、書けるはずがありません。

そこで、ペン先の固まってしまった油性インクを溶かしてあげれば、また書けるようになって復活するのです。

「アセトン」という物質が油性インクを溶かす働きアリ

除光液 アセトン

そこで活躍するのが、「アセトン」という物質。このアセトンが、固まった油性インクを溶かしてくれます。

写真の除光液は、わたしがダイソーで購入したもの。成分の中に、しっかり「アセトン」が入っていますね。

ちなみに、マニキュアの除光液の他にも、塗料などの「うすめ液」にも同じ成分が入っていることがあります。

ホワイトボード用のペンもこの方法で復活するよ!
昔、バイトで塾講師をやっていた時によく使いました、ホワイトボード!
あのペンってすぐ書けなくなるんですよね…
家庭でも、連絡用にホワイトボードを使ったりしている方も多いのではないでしょうか?
書けなくなったら、ぜひ除光液を試してみてくださいね!

水性ペンのときはどうする?

もし、ペンの性質が「水性」だった場合は、ぬるま湯にひたせばOKです

水性ペンは、水でにじみますからね!

除光液、わざわざ買ってまで…ということもありますが、女性なら持っていることも多いかと思います。

捨ててしまう前に一度やってみれば、復活すること間違いなし!

ぜひ活用してみてくださいね!


スポンサードリンク

油性ペンの落書きを消す方法も知っておくと便利!

油断していたら、子どもに落書きされちゃった!

そんな時に知っておくと便利なワザもあります。

油性マジックの落書きは歯磨き粉で落ちる?木製の素材に試した結果

2015.10.25

スポンサードリンク











あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら