掃除しなきゃ絶対後悔する!放置し繁殖した洗濯槽の衝撃の黒カビ退治法【閲覧注意】

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

おうちの洗濯機、掃除していますか?
お洗濯は週に何度もすると思いますけど、洗濯槽の中って何も考えず放置してませんか?

この記事を見たら、今まで洗濯槽の掃除をしたことがなかった方は、絶対後悔しますよ!

スポンサーリンク

綺麗に見えても黒カビの温床!洗濯槽の掃除は定期的にしないと家族が危ない!

洗濯機って、汚れた服を綺麗にしてくれるすばらしい電化製品ですよね。
でも汗ばんで湿った服や、濡れたタオルなどを洗濯機の中に入れたままにしたりしていると、知らないうちに黒カビが大繁殖しているかもしれません。

カビ対策をして十分に気をつけていたって、洗剤カスが溜まるんです。

写真付きで、うちの洗濯槽の中の様子と、お掃除の方法をご紹介します。

ちなみに洗濯槽をお掃除するのにおすすめの時間帯は、夜にお風呂に入ったあと(お風呂の残り湯が使えるため)です。
ほとんど放置ですが、最低5~6時間ぐらいの所要時間です(寝ている間に放置できるよ!)。

洗濯槽の掃除に必要なモノはたった2つ

洗濯槽の掃除を始めるにあたって、以下の2つのモノを用意してください。

  • 酸素系漂白剤(粉末)
  • ゴミ取りネット

酸素系漂白剤は、こちらの記事でも紹介しました。
http://bonjinshufu.com/archives/646

具体的な商品で言えば、シャボン玉石鹸の酸素系漂白剤や、花王のワイドハイター粉末タイプなどが有名です。
シャボン玉石けん 酸素系漂白剤ワイドハイター 衣料用漂白剤 粉末タイプ 本体 750g

酸素系漂白剤を選ぶ際の注意点

  1. 液体ではなく粉末のタイプのものを買ってください
  2. 間違えて”塩素系”漂白剤を買わないようにしてください

市販されている”洗濯槽クリーナー”系の商品は、塩素系のものが多いです。
また、洗濯機の取扱説明書には「掃除の際は、塩素系漂白剤を使用するように」と書いてある場合がありますが、それでは汚れがあまり落ちませんので、無視します。笑

ちなみにうちの洗濯機は、縦型全自動洗濯機です。
ドラム式の洗濯機も同じように酸素系漂白剤でお掃除できますが、注意点が異なりますので、取扱説明書をよく確認してくださいね!

手順1 洗濯槽に水を張る

洗濯槽 掃除

まずは洗濯槽に水を張っていきます。
縦型洗濯機の場合は、最高水位にしましょう!
このとき、ゴミ取り用のネットははずしておいてください。

この写真のお水の色を覚えていてください。
まだ透き通っていますよね!

水を張る際のポイント

それは、お水の温度を40℃~50℃ぐらいにすることです。
なぜなら、酸素系漂白剤が一番活発に活動してくれるのが、40℃~50℃ぐらいだからです。
40℃というと、だいたいお風呂で気持ちいいなぁぐらいの温度です。

ですので、お風呂の残り湯で洗濯槽のお掃除をする場合は、少し追い焚きしてからホースで吸い上げるといいでしょう。

わたしは、普通に水道水を使用しています。
その場合は、鍋でアツアツのお湯を沸かして足してあげましょう。
漬けおきしている間に足してもOKです。

40℃まで温度が上がらなくても、「ぬるいな」と思うぐらいであれば、汚れは浮き上がってきます。

手順2 酸素系漂白剤を投入

洗濯槽 酸素系漂白剤

うちの酸素系漂白剤は、セリアで買った瓶に詰め替えて使っています。
中身は、ワイドハイター粉末タイプです。

酸素系漂白剤を入れる量は、一般的には、水10リットルに対し100g~150gと言われています。

わたしが思うには、酸素系漂白剤はこの半量で十分かなぁと思います。
うちの洗濯槽のMAXの水量は60リットルですので、酸素系漂白剤を約350gほど使用しました。

これは1袋750gで売られている酸素系漂白剤の約半量です。

「こんなに?」と思うぐらい入れますが、思い切って入れちゃいましょう!

手順3 洗いモードで洗濯槽を回す

酸素系漂白剤を投入し終わったら、「洗いモード」で3~10分ほど洗濯槽を回しましょう。

このあと漬けおきに入りますので、水を排水しないように気をつけてくださいね!

手順4 漬けおきの間に細かいところをお掃除

洗いモードで洗濯槽を回したあと、早くもゴミが浮き始めます。
ここからしばし、放置時間に入ります。

その間に、細かいところの汚れを取っていきましょう。

洗濯槽 掃除

ゴミ取り用ネットをはずした部分や、漂白剤の投入口周辺は特に汚れが溜まっているはずです。
この部分のお掃除には、使い古しの歯ブラシが便利です。

溜まりがちな古ハブラシ活用法!たったの1分で超便利お掃除グッズに変身!
こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。 わたしの住む地域では、入学...
先端を曲げることで、汚れにブラシが届きやすくなりますよ!

手順5 放置した後の洗濯槽のゴミをすくう

放置時間は、最低3時間~10時間ぐらいの間で、ご自身の予定に合わせて決めてください。
この写真では、5時間漬けおきした様子です。

さぁ、閲覧注意な写真です。

洗濯槽 汚れ

うわ、きったね~。
こんな洗濯機で大事な家族の洋服の洗濯をしていたとは・・・

ちなみに前に掃除したのは、約半年前です。

このゴミを、ゴミ取りネットですくっていきます。
ゴミ取り ネット
100均に行くと、こんな便利なゴミ取りネットが売っています。
裏にゴムで張ったビーズが付いていて、「パッチン」とビーズを離すと、ゴミが離れ飛ぶ仕組みです。

非常に重宝するので、洗濯槽のお掃除の際には準備しておくことをオススメします。

ここで、浮いてきたすべてのゴミをすくって、取り除いてください。

手順6 通常の全自動モードで空回しする

最後に、いつも洗濯しているときのように、洗い・すすぎ・脱水と洗濯機を回します。

洗濯機に濁った水を排水し、きれいな水ですすいでもらうためです。

以上、衝撃の黒カビが繁殖した洗濯槽のお掃除でした。

お掃除の間隔の目安

この作業、もちろん毎日できることではありません。
酸素系漂白剤も少なめに見積もっても半袋使用するので、それなりにコストもかかります。

お掃除の間隔の目安としては、3~4ヶ月に1回ほどは行うのがいいかと思います。
(半年で、上の画像ですからね。)

最低でも、お盆・年末・GWあたりの大型連休を狙って、お掃除することをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

大事な家族のお洋服、せっかく綺麗に洗濯したと思っていても、実際は黒カビまみれにしていたかもしれませんね。

洗濯槽のお掃除の手順自体は、とっても簡単です。
ポイントは、3つ。

  • 粉末の酸素系漂白剤を使用すること
  • お水の温度を40℃ぐらいまで上げること
  • 最低3時間は放置して、じっくり酸素系漂白剤に活動してもらうこと

お水の温度が漬けおき中に下がっていくのは、放っておいて大丈夫です。

普段の生活では、洗濯槽内にできるだけ洗濯物を放置しないように工夫しましょう。
http://bonjinshufu.com/archives/1951

時間があるときにぜひ試してみてくださいね!

**aki**