キッチン”ブリーチ” とキッチン”ハイター”って値段差ほど違いあるの?成分比較!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

先日、台所用漂白剤が終わってしまい、ドラッグストアに買いに出かけました。
いつもは、ふきんの漂白をしたり、マイボトルの洗浄のためにつけおきしたりして使用しています。

そこでふと不思議に気づいたのは、「キッチンハイター」と「キッチンブリーチ」の違いって何よ?!ってことです。
だって、値段差が倍ほどあるんですもの。
キッチンブリーチが100円だとすると、キッチンハイターは200円。

じゃあ、わたしはどっちを買えばいいのよ?って、少し悩んでしまったので、どっちも買ってきちゃいました。(てへ)

ハイター ブリーチ

さて、この2本の洗剤に違いはあるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

キッチンブリーチとキッチンハイター どっちを買えばいい?違いは?

ドラッグストアに行くと、隣同士にならんでいる台所用漂白剤。
ちなみに100均にはよく、「キッチンブリーチ」のみ売られています。

名前の違い

なんといっても違うのは、商品名ですよね!

「キッチンハイター」は花王の商標登録

キッチンハイター 台所用漂白剤 特大 2500ml

まずキッチンハイターは、株式会社花王で商標登録されている商品名です。
つまり”キッチンハイター”という名称は、花王の商品でしか使えないということです。
正確には、「ハイター」という名前で商標登録されていて、塩素系漂白剤全体の総称として、使用されています。

パイプハイターや、ワイドハイターなど、「○○ハイター」と名前の付くものは、すべて”花王”の商品なのです。

「キッチンブリーチ」は花王以外の台所用漂白剤

エムズワン キッチンブリーチ 【台所用塩素系漂白剤】 (600ml)ミツエイ キッチンブリーチS 600mlマイキッチンブリーチ 600ml

キッチンハイターは商標登録の関係で花王の商品でしか使えないのに対し、「キッチンブリーチ」は使用自由です。
ブリーチの意味は、英語で「漂白」です。
キッチンブリーチ=台所漂白です。
まぁわかりやすいこと!

ということで、花王”以外”の会社で製造している台所用漂白剤は、「キッチンブリーチ」と名乗っている商品が多いわけです。

成分の違い

じゃあ、中身はどうなのよ!?というところですが・・・。
ちなみにキッチンブリーチもキッチンハイターも、液体の塩素系台所用漂白剤という大きなくくりは同じなことに変わりありません。
ちなみにどちらもアルカリ性の洗剤です。

キッチンハイターの成分

  • 次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)
  • 水酸化ナトリウム
  • アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(界面活性剤)

image

キッチンブリーチの成分(うちにあるもの)

  • 次亜塩素酸ナトリウム(塩素系)
  • 水酸化ナトリウム
  • アルキルアミンオキシド(界面活性剤)

image

上記を見比べてみると、違いは界面活性剤のみです。
キッチンハイターは「アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム」ですし、キッチンブリーチは「アルキルアミンオキシド」とあります。

ちなみに、次亜塩素酸ナトリウムというのが、殺菌・漂白の働きを担っています。
そして、薬剤のあのツンとした臭いも、次亜塩素酸ナトリウムの仕業です。

界面活性剤の働きの違いは「イオン」

調べてみると、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウムは「陰イオン界面活性剤」、アルキルアミンオキシドは「両性界面活性剤」という性質を持っているものとのことです。

陰イオン界面活性剤
水に溶けたときに、親水基の部分が陰イオンに電離する界面活性剤です。石けんをはじめ、古くから多くの種類が開発されてきました。現在でも、合成洗剤に多く利用され、その利用量は全界面活性剤の約半分を占めています。

両性界面活性剤
水に溶けたとき、アルカリ性領域では陰イオン界面活性剤の性質を、酸性領域では陽イオン界面活性剤の性質を示す界面活性剤です。洗浄性や起泡性を高める補助剤として広く使用されています。

石鹸百科より引用

難しいことを言っていますが、結局のところ界面活性剤は、”汚れにくっつきやすくする働き”を果たしているので、漂白・殺菌効果には大差ないのです。

キッチンハイター、キッチンブリーチ、どちらの界面活性剤の成分も、ごく一般的なものです。

スポンサーリンク

まとめ

じゃあどっちを買えばいいのよ!?って聞かれたら、結局は「安いほうで十分よ!」というのが答えです。
素手で触れば手が荒れること、混ぜると危険なことも、もちろん同じです。

そして、説明書きにある1度の使用量も、大差ありません。

キッチンハイター、キッチンブリーチ、どっちも使ったことがありますが、仕上がりには大差ありません。
「じゃあ、安いほうでいいじゃん!」というのが、私の答えです。

安くて、お手軽なのでついつい使ってしまう便利な品です。

唯一、キッチンハイターを推奨するとすれば、商品ラインナップが豊富なことですね。

キッチン泡ハイター 台所用漂白剤 ハンディスプレー 本体 400ml
とくにキッチン泡ハイターは、まな板などつけおきつるには大きくて大変なものには重宝します。

自然派洗剤とうまく使い分けて、清潔な台所を目指しましょう。

※注※ 花王「ハイター」はまた別の商品ですので、間違えないようにね!

**aki**