エアコンフィルターのホコリをたった5分でキレイに!掃除機ノズルを駆使しよう

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

エアコンのフィルターのお掃除していますか?…うちはあまりしていません。理由は、エアコンを夏にしか使わないから。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

ちなみに冬はファンヒーターを入れれば十分です。というか、エアコンの暖房では物足りない!

長野の暑い夏は1ヶ月ほどなのでエアコンを使うとしたら、夏の2〜3ヶ月間ぐらいかな。ということで、1年のほとんどは、エアコンの存在を忘れています。

ただし、エアコンを使う時期は、自宅にいれば1日中フル稼働。わが家のエアコンは1台しかなく、寝室にはないので、夏は臨時で寝室をエアコンのあるリビングに移すほど寝苦しい日が続きます。

スポンサードリンク

エアコンは使っていないと思ってもフィルターに予想以上のホコリが溜まる

エアコン フィルター

たとえ年がら年中エアコンを使っていなかったとしても、高い位置にホコリが舞うことで、エアコンは常にホコリが溜まりやすい状態になっています。

そもそも、部屋のすみっことかはやたらとホコリが溜まります。エアコンなんて、自分で空気を吸い込んでいるわけですから、フィルターに埃が溜まることは当たり前のこと。

そんなホコリが溜まったエアコンを動かすことで、風が部屋中にホコリを運び、部屋中にホコリが蔓延してしまうのです。

春は、エアコンの汚れに花粉症や黄砂が混じってしまうことも十分に考えられるので、症状を悪化させてしまう要因にもなったり。

とにかく、定期的に掃除しておかないと、家族の健康によくないということ。

うちのエアコンフィルターもホコリがびっしり

開けてびっくり、うちの基本夏しか使わないエアコンも、フィルターにはホコリがびっしり付いていたよ!…やっぱり、最低限シーズン前とシーズン後の2回はエアコンフィルターのお掃除しておいた方が良さそうと実感。

エアコンフィルターのホコリ除去には、掃除機のアタッチメントを駆使

そもそもエアコンのフィルターは、取り外さないで掃除機で吸うのがポイント。ホコリが溜まった状態でフィルターを取り外そうとすると、100%ホコリが舞います。

掃除機 アタッチメント

うちのコード付き掃除機には、購入したときからいくつかのアタッチメントが付いていました。エアコンをお掃除するとしたら、コレかな?というのが、写真のもの。

これをコード付き掃除機の先っぽに付け替えてお掃除してみます。ブラシが大きいので、フィルターをエアコンにつけたままでは細かいところまで行き届かせるのが少し難しいです。

image

また、エアコンの設置場所は高さがありますので、掃除機本体を持ち上げないと上手にお掃除ができません。

それでもちょっとがんばれば、コード付き掃除機でも十分にフィルターのお掃除が可能です。

ダイソンのハンディクリーナーがめっちゃ便利

実は、この記事を最初にアップした頃には持っていなかったダイソンのハンディクリーナーですが、その後我が家では購入しました。

何と言っても片手で持ち上がる便利さ。しかも、交換ノズルにブラシ付きのものがあるので、エアコンのフィルター掃除には最適です。

ダイソンの驚異的な吸引力により、エアコンからフィルターを外すことなく、さっと吸えばフィルターをキレイに保つことが可能です。

ちなみにうちのダイソンは、スティックはなくて、ハンディのみのV6。高級家電のダイソンにしては、2万円ちょっとで買えるお手頃機種なので、とてもおすすめです。

家事えもんがテレビで紹介した「すきまノズル」も使える!

すべての掃除機に、替えのノズルが充実しているとは限りません。そのためだけに新しい掃除機を買うのはちょっと…という場合には、ノズルだけ購入するのもおすすめ。

以前、家事えもんがテレビの企画でエアコン掃除の際の便利道具として紹介した「すきまノズル」は、ほとんどの掃除機に取り付けることができる掃除機用のノズルです。

エアコンのフィルターのお掃除にはもちろん、机のすみや、窓のサッシ、パソコンのキーボードなどに使用することで、隅々までホコリを吸い取ることができます。エアコンのように高い部分のお掃除をする際にも、掃除機本体を持ち上げずして届くのもうれしいポイントです。

家事えもんは、丸いブラシのアタッチメントを使って、フィルターのお掃除をしていました。

 

ただし、ホースが使いにくいという口コミも多いです!

こちらの商品は、わたし自身は持っていないのですが、旧製品・新製品のすきまノズルどちらも、口コミに「ホースが硬い」というコメントが多いです。

似たようなノズルでは、こちらの商品の方が口コミが良いです。

掃除機のアタッチメントを替えてブラシを使えば、キレイにフィルター部分のホコリを吸うことができるので、エアコンのフィルターのお掃除はたった5分で完了です。

たまには水洗いもしよう!

シーズンに1回ぐらいは、掃除機で吸ったあとフィルターを取り外して、水洗いすれば完璧。お風呂場で、フィルターの内側からシャワーをかければOKです。そのあと自然乾燥して、また設置。…まぁ、めんどくさいですがね。


スポンサードリンク

 5年に1回はエアコンの本体洗浄がおすすめ

エアコンのお掃除って、とっても億劫。しかし、めんどくさいからと言ってホコリの溜まったフィルターを放置しておくと、家族みんなに悪影響を及ぼします。

フィルターにホコリが溜まっているということは、エアコンの内部はさらに汚れていることも十分に考えられます。特に、おうちでタバコを吸う人がいる場合はなおさら!

わが家のエアコンも、5年使って初めて業者さんに掃除してもらいましたが、真っ黒い水が出てきました。お掃除の相場は10,000円前後と決して安いものではありませんが、エアコンを長く健康的に使用するのには必要な出費です。

エアコンの汚れは想像以上!分解洗浄してわかったプロの掃除の必要性

2017.06.06

スポンサードリンク











あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら