【アイロン】写真で解説3ステップでできる!長袖のワイシャツ(袖の部分編)

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、**aki**です。

最近、ついに旦那様が長袖のワイシャツを着て出かけて行きました。
台風がきて、少し天気がおかしかったですものね。
早く暑い夏終わってくれーとも思うのですが。

そうすると、主婦**aki**の仕事がちょっぴり増えるんです。

ワイシャツは長袖の方が、アイロンがけがめんどくさい(´◦ω◦`)
しかも上手にできない。

そんな悩みのある主婦の方も多いのではないでしょうか。

私が実践している方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。
この記事では、長袖のそでの部分のアイロンがけのみふれていきます。
それ以外のところは、以前の記事を参考にしてみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【アイロン】初心者でも5分でキレイに!ワイシャツのシワを伸ばそう(半袖編)

スポンサーリンク

アイロンがけの順番

大前提として、濡れた状態でかけることをオススメします!

① そで口(ウラ)

ボタンのついてない裏側からかけましょう。
生地を裏返す必要はありません。
アイロン そで口

先端を使って、ぐるっと往復させましょう。

アイロンそで口2

② そでの後ろ側(ボタンの無い側)(オモテ)

手の感触をたよりに、余計なしわを極力なくしてからアイロンがけします。
片手でひっぱりながら、もう一方の手でアイロンをかけるようなイメージでなぞるとわかりやすいです。
アイロン そで 後 全体

このとき、脇の部分から縫い目を合わせて折り目を決めていきます。
アイロン 袖 脇

きれいにそろったら、縫い目側にアイロンをかけていきます。
続いて肩の方の折り目をつけてください。
肩から線をつけていくと、そで口のヒダの線が見えてきます。
アイロン そで 縫い目側

③ そでの前側(ボタンのある方)(オモテ)

ひっくり返します!

先ほどの面でアイロンがけした後ですので、こちらは生地を伸ばしていくイメージで。
折り目を合わせた状態で、先ほどと同じように、
片手で引っ張りながら、もう一歩の手でシワができないようによく触ってのばしておきましょう。
アイロン そで 全体

ボタンホール周辺は、アイロンの先端を使ってくださいね。
アイロン そで ボタン

最後に、そで口のヒダの部分です。
ここもよく引っ張った状態で、アイロンをあてましょう。
そうするとヒダの折り目の部分も上手にかけられます。
アイロン そで ひだ

これを両腕終えましたら、
えり→前身ごろ→後身ごろ・・・(こちらを参照)と以前に記事にした順番になっていくのです。

スポンサーリンク

完成!今日もきれいにできました(*゚▽゚*)

ハンガーにかけて形を整えると、完成です。
めんどくさいけど、まっすぐに伸びると気持ちいいんですよね!
アイロン 長袖 完成

いかがでしたでしょうか?
本当に苦手だったアイロンがけも、何回も繰り返しやっていけば、少しずつきれいに、そしてペースが上がるような気がします。
手でよく触って確認しながらかけることで、アイロンじわの心配や、折り目の線がうまくつけられないということも減ります。

ぜひ、皆さんも今一度アイロンがけをがんばってみてくださいね。

旦那様が気持ちよく会社に行ければ、昇給&昇進してくれるかもしれませんからね。笑

2015年8月29日
**aki**