リンツアウトレットの半額激安チョコは買い!味を知ればギフトにも【軽井沢】

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

長野県民も、県外の人もみんな大好き軽井沢のアウトレットモール「プリンスショッピングプラザ」。都会のデパートにしか入っていないようなお店が、軽井沢アウトレットにはたくさんあるんです。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

しかも安い。定価で買ったら、結構高級なものが、お手頃価格で手に入る。もうそれはそれは激アツスポットがたくさんあるんです。

この記事でわたしが紹介したいのは「リンツ」というチョコレートのお店。スイス生まれの老舗高級チョコレートは、とっても口どけがよくて、一度食べたら病みつきです。

チョコレートといえば、メリーとモロゾフとゴディバでしょ!と思っていた田舎者を虜にした「リンツ」のアウトレットについてご紹介します。

スポンサードリンク

店内に入るだけで看板チョコ「リンドール」の試食がもらえるかも?

わたしが今までに行ったところ、毎回、店頭で試食を配っているのに遭遇しています。店頭のお姉さんの赤いバッグの中に、たっぷりとチョコレートが用意されていました。

よく、1つのお菓子を何等分かにして小さくして配る…なんてケチくさいことはしていません。

なんと、キャンディーのように包まれたリンドールを丸ごと1つ配っています。

なんという、太っ腹なことでしょう。配っていたのは、定番の赤いパッケージのリンドール。味はミルクです。このリンドール、季節限定も合わせて約20種類!

公式ページのリンドールのラインナップを見ていると、よだれが出るほど可愛くて美味しそうです。

リンドール1つは10グラムぐらい!食べ応え抜群

買って帰ったリンドールの重さをはかってみたら、包装された状態で11グラムありました。直径3センチ弱のボール型。1つでも食べ応え抜群です。

アウトレットにもリンドールの量り売りアリ!

定番20種類もあるリンドールは、店内中央で量り売りをしています。
気になるフレーバーを全部試してみたい!なんて方にはオススメ。
でも、基本的にデパートなどの普通のショップと値段はいっしょ。

せっかくアウトレットなんだからお得に買いたい!という人は要注意です。

「リンツ」アウトレットで狙うべきチョコレートは?

この日、わたしが「リンツ」で購入した商品は2つ。合わせて826円でした。

定価の半額で購入です。

季節のイベントパッケージの商品

1つ目は、イースターのキャロットバッグ。メリーチョコレートのアソートパックを彷彿とさせる風貌ですが、定価は1袋1,080円。

リンドール1つのお値段が100円程度なので、うさぎ2つ、リンドール6つで1,080円は妥当なお値段。

それが半額の540円!

リンドールは3種類。ピンクの「ストロベリー&クリーム」、青の「ミルク&ホワイト」、黄緑は季節限定の「スプリング」です。

ただし、うさぎちゃんのチョコレートは、中身が空洞です。笑

自分で食べるなら、終わってしまったイースターだろうが、ハロウィンだろうが、クリスマスでもバレンタインでもなんでもOK。中身のリンドールは、普通の商品といっしょです。

賞味期限間近の商品

もう一つ買った板チョコ。中にたっぷりヘーゼルナッツが入っていて、食べ応えのあるチョコレートです。こちらも半額の286円。

こちらの板チョコは、賞味期限が2017年5月までです。それにしても、賞味期限ざっくりなような…。

賞味期限間近でも、自分で食べるには十分!

お手頃価格で、手に入れたチョコレートを長女が保育園に出かけて、次女が昼寝している隙にいただきます。

リンドールは、中にムースチョコが入っていて、めちゃくちゃ美味しいよ!

アウトレットでもドリンクやアイスクリームも食べられる!

わたしはお買い物した時お腹いっぱいだったので食べません(飲みません?)でしたが、チョコレートドリンクやソフトクリームなどを買うことができます。

チョコレート好きならぜひ!

ちなみにスタバのすぐ横にあります。スタバは店舗が多いので、わざわざアウトレットでまで…と思うのなら、リンツカフェもオススメ。

軽井沢のアウトレットにはゴディバもあるよ!

一番新しいエリア「ツリーモール」にはゴディバが。こちらはタリーズのすぐそば。
同じく、ドリンクやアイスクリームのメニューも充実。
激安チョコがレジ横にあるので要チェックです。

ゴディバのアウトレットで半額〜75%オフ!自分用の激安高級チョコを買う方法【軽井沢】

2016.09.08

一度食べれば、人に自信を持ってオススメできる

リンツ(Lindt)チョコレート リンドール・ギフトボックス7種類アソート25個入

自分用はアウトレットでお手頃な価格で、試食を兼ねて購入。これなら、思う存分食べられて、お財布にも優しい!

一度食べてみると、ぜひぜひ人に勧めたくなるおいしさなので、贈りものにも最適です。特に、リンドールは、キャンディ風のパッケージと、ころっとしたボール型がかわいく、フレーバーもたくさんあるのでバラマキにもおすすめ。

ゴディバと違うのは、ゴテゴテの缶ではなく”箱入り”なので、中身で勝負といった感じ。ゴディバっておいしいけど、ギフト缶のデザインがすごすぎて中身3粒…なんてこと多いよね。

「ギフト缶の分、中身を充実させたい!」なんて人には最適です。

簡易包装のリンドールなら、バラして組み合わせを変えて自分でラッピングしてもいいし。1人分の予算200〜300円でリンドール3粒ぐらい渡せると思えば、けっこうリーズナブルです。

内祝いなどのしっかりギフト、本命と義理のバレンタイン両方、職場での挨拶がわりのバラマキにも臨機応変に使えます。


スポンサードリンク

軽井沢のリンツショコラカフェの場所

ものすごく広い、軽井沢のプリンスアウトレット。リンツは、「ニューイースト」というエリアにあります。

スタバの横にあって、独特な丸いドームの建物です。駅側からくると、アディダスの横から入って、スタバの先に。

ニューイーストのファッション系のショップ側からくると、池の橋を渡った先に。冒頭の写真、ダンディなおじさんがチョコレートをだらーんとやっている写真が目印です。

ぜひ見つけてみてくださいね!

暑い季節は保冷バッグを忘れずに!

せっかく買ったチョコが溶けてしまった…なんてことがないように、保冷バックは必須。
他のお店でのお買い物に役立つこともあるので、暑い季節は必ず持参しましょう!

リンツの直営店は遠くていけない…という方は?

送料がかかってしまいますが、リンツオンラインショップもあります。

どんな商品があるか、見ているだけでワクワクしますよ!

購入するなら、クール便の安い冬場を狙うのもおすすめ。のしの対応もあるので、出産の内祝いなどをお探しの場合も、選択肢に入れてみてもいいですね。

スポンサードリンク











おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら