ゴディバのアウトレットで半額〜75%オフ!自分用の激安高級チョコを買う方法【軽井沢】

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

子連れでお手軽にお買い物に出かけられるアウトレット。

長野でアウトレットと言えば軽井沢、わたしたちは家族でよく出かけます。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

2~3か月に1回ほど家族で出かける軽井沢プリンスアウトレットで、わたしが必ずと言っていいほど立ち寄り、購入している商品があります。

それは「DODIVA(ゴディバ)」のチョコレート。

 

ゴディバのアウトレット店の激安チョコが、レジ横ショーケースに置かれているのをご存知でしょうか?

 

軽井沢のアウトレットのゴディバに入ると、30%オフ〜半額の化粧箱や缶入りのラッピングされたチョコやクッキーなどがたくさん置かれています。

もちろん、ゴディバのアウトレット店内の商品は安い。

だけど、レジ横にガラスのショーケースのチョコの安さにはかないません。

レジ横ショーケース内には、超絶お買い得なチョコレートたちが日替わりで出てきます。

 

スポンサードリンク

1袋500円のワンコインで買いやすい!自分用におすすめのゴディバの割引チョコ

GODIVA アウトレット

レジ横ショーケースのチョコは、ほぼ1袋500円。

この日わたしが購入したのは、5粒入ったトリュフと、10粒入ったIWCチョコレートというキャンディの袋タイプの2種類でした。合計1,000円。

GODIVAのチョコレートはお店に行ったことがある方は知ってると思いますが、1粒で300円以上します。

1,000円出したとても、通常なら3粒しか手に入りません。

 

しかも、庶民の感覚からすれば、300円以上出せば、ワンカットのケーキぐらい買えるという事実に気づいてしまいます。

だからこそ、自分用にゴディバのチョコを買える機会なんてない!と思っていました。

 

それがアウトレットのゴディバなら、超絶リーズナブルな値段で食べられるチャンスです。

 

別の日にゲットした「カレ(薄いスクエア型の板チョコ)」は20枚で500円

 

トリュフもおいしいですが、シンプルな板チョコも濃厚でおいしいゴディバ。

この日は、ショーケース内にはトリュフがなく残念…!と思っていたら、四角い板チョコ「カレ」のホワイトチョコレートが20枚入って500円で売られていました。

なんと1枚25円!

ありえない安さです。

 

20枚全部がホワイトチョコではあるものの、普通なら1枚130円ほどはする商品なので、かなりおトクで食べごたえのあるお買い物ができました。

 

ゴディバのアウトレットはなぜ安いのか?

  1. 化粧箱や缶に入っていて包装されていない
  2. 賞味期限の記載がない
  3. 期間限定商品のセール品

 

ゴディバのレジ横ショーケースの激安チョコは、透明の袋に入っているのみ。

そもそもゴディバのチョコといえば、プレゼントに使われることも多く、ステキなパッケージも魅力。それがないので、自宅用の扱いとなり、店内の箱入りのチョコに比べるとグッとやすくなります。

なので、ショーケースのチョコはプレゼント用には向きません

小分けの袋は頼めばもらえるので、親しい人へお土産ならアリです。

 

そして、賞味期限。

ショーケース内のチョコには賞味期限の記載はなく、レジで「早めにお召し上がりください」と渡されます。

賞味期限間近というわけではないはずですが、この点でもやはり「自宅用」となってしまいます。

 

あとは、季節限定や期間限定商品。

例えば写真の「カレ」のホワイトチョコレートは、通常のラインナップには並んでいません。期間限定の販売期間を終えたチョコレートたちが、アウトレット店にて安く売り出されることがあるのかもしれません。

 

いずれにしても、自分用に購入するなら、素敵な箱はいらないので、リーズナブルなお値段で手に入れられれば十分です。

GODIVA 激安チョコ

子供たちを寝かしつけ、コーヒーとおいしいチョコをつまみながらブログ書いたりするにも最高です。

 

ゴディバのおトクな商品は朝イチにゲットがおすすめ!

軽井沢のGODIVAのアウトレット店舗の激安チョコレートは、早いもの勝ちのようです。

今まで朝イチに出かけた日には必ずと言っていいほど激安チョコレートを購入することができましたが、午後などに覗いてみると空っぽのことも。

少なからず、激安チョコの存在を知っている人がいるので、できるだけ早い時間にショーケースを覗いてみてください。

 

その日によって置いてあるチョコが違う!シーズンイベント後は狙い目

アウトレット品なので当たり前ですが、置いてあるチョコレートはいつも同じではありません。種類が多い日もあれば、少ない日もあります。

5粒1袋の商品の種類がたくさんある日もあれば、板チョコしかない日もあります。

ちなみに1袋に入っているチョコレートは、すべて同じ種類のものになります。

巡り合える商品の種類ばっかりはですね。

でもGODIVAのチョコは、値段も高いだけあって、どれもおいしいのは間違いありません。

 

そして、チョコが売れるシーズンイベントの後は、ショーケースに限らず店内の箱入りチョコも魅力的です。

  • バレンタインデー
  • ホワイトデー
  • イースター
  • ハロウィン
  • クリスマス
などなど。

チョコレートがギフトとして贈られるシーズンの後には、イベント限定パッケージのチョコが安く出回るのに巡り会えるチャンスです。


スポンサードリンク

暑い季節はチョコレートの温度管理に注意

ゴディバ GODIVA ボックス型保冷バッグ クーラーバッグ 保冷バッグ

チョコレートなので、暑ければ溶けてしまいます。(当たり前)

何も言わなくても、1時間程度の持ち歩きの保冷材は付けてもらえますが、溶けるのが心配なようなら保冷バッグを持って行った方が無難でしょう。

ちなみにわたしはお値段もお手ごろなので、広いアウトレット散歩のお供に、おいしいチョコをつまんで休みながら歩いています。

 

GODIVAのアウトレット店舗は、全国のアウトレットモールに展開しています。

でもわたしが知っていて、何度も利用しているのは軽井沢プリンスアウトレットだけです。

他のアウトレットのGODIVAのショップで同じような商品や売り方があるかどうかはわかりませんので、ご了承ください。

ぜひアウトレットにお出かけの際は、ゴディバ店舗があることをチェックして覗いてみてくださいね!

 

ゴディバがあるアウトレット一覧

あくまでもご参考に!

抜けている場合もありますし、店舗の入れ替えも考えられます。必ず、GODIVAの公式HPか、出かけるアウトレットのHPから確認してくださいね。

  • 軽井沢
  • 佐野
  • 北陸小矢部
  • 入間
  • 多摩南大沢
  • 御殿場
  • 土岐
  • 木更津
  • 酒々井
  • ジャズドリーム長島
  • 滋賀竜王
  • 神戸三田
  • りんくう
  • 倉敷
  • 札幌北広島
  • 鳥栖

 

スポンサードリンク











おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら