ぷちドラゼミは3歳児のウケが抜群だった!体験レビューと本申込した理由

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

年少3歳児の長女が、現在お勉強に夢中です。といっても、年少向けの通信教材は、絵本やシール貼りなどの遊びの延長のものが多いからということもありますが。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

さて、こどもちゃれんじ、ポピー、ぷちドラゼミ、ついでにZ会と、さまざまな通信教材を試してきましたが、結局のところ年少の間は「ぷちドラゼミ」をやってみようということに決定しました。

この記事では、ぷちドラゼミの体験レビューと、選んだ理由についてまとめます。

ちなみに、ぷちドラゼミが気になる方は誰でもお試し体験が無料です。まずは子どもの年齢に合ったお試し教材を取り寄せてやってみるといいですよ!

スポンサードリンク

3、4歳向け「ぷちドラゼミ」のお試し教材セットでできること

やっぱり「ドラえもん」が幼児受け最高のぷちドラゼミ。教材はパステルカラーで優しげな印象でした。でも中身はがっつり。優しい内容から、生活のマナーまで、幅広い内容でした。

以下、うちの長女が存分に楽しんだ教材をご覧ください。

ぷちドラゼミ「年少コース」1週間分お試しセット

  • ワークブック(シール付き)
  • DVD

おまけのシール(名前シールなど)の他に、教材用のシールがあります。DVDが入っており、通常版のダイジェストのよう。

シールだけでなく、ハサミで切る練習をするページも用意されていたり、会話を想像したり、ものごとの良し悪しを勉強したりと内容は幅広い。ドラえもんとドラミちゃんが親しみやすいけど、ちびドラの種類が多くて、若干ややこしい。

ドラえもんに頼った内容か?と思っていたけど、決してそうではない

指を折って数を数える練習のページ。ドラえもんありきのワークが多かったら嫌だな…と思っていたものの、わかりやすい図が多く、子どもとコミュニケーションを取りながら楽しめました。わが子は、指で数を数えるのは、このページのおかげでマスター。

「安全なのはどっち?」という問題。こちらもドラえもんは登場しません。

この問題は、正しい方を選ばせるのはもちろんですが、正しくない方はなぜいけないのか?ということも同時に親子で話しあうことできます。上の写真の問題だと、うちの子は「てて、つながないで行くと、くるまがきてあぶないんだよね。」と言っていました。

なぜいけないのか?はもちろん、いけないことをすることによってどうなるのか?ということも自然に学んでいけます。

クレヨンやはさみやノリを使って楽しくできる

1対1を意識するページ。犬とちびドラを線でつなぐのですが、クレヨンの色もつなぎ方も自由。あえて長〜く、遠くの犬と対応させたりして楽しんでいました。

ハサミを使って、ちょきちょきしたものを対応した部分に貼ります。まだうまく丸には切れないものの、ハサミを使うということが楽しくて仕方ないよう。

ポピーのお試しにもハサミで切り取るページがありましたが、難しいのでわたしがやりました。(仕掛けのものだったので、大人がやらないとうまくできない。)

こどもちゃれんじのお試しにもハサミで切り取るページがありましたが、こちらも地味に難しかったので結局パパにやってもらってました。

その点、ぷちドラゼミは、単純にマルに切るパターンだったので、「自分でやる!」と張り切っていました。

DVDが意外とおもしろい。ポイントはドラえもんと子供が1対1になること

ポピーにはついてこない映像教材ですが、ぷちドラゼミとこどもちゃれんじにはお試しDVDが付属してきました。

個人的には、映像教材はなくてもいいと思っているのですが、ドラゼミのDVDはこんなところに好感が持てました。

登場人物がドラえもんのみなこと!

こどもちゃれんじは、しまじろうやトリッピー、ミミリンなどたくさんのお友達が登場します。その中で登場人物が会話をしてる感じなので、子どもは”見てるだけ”になりがち。

その点、ぷちドラゼミはドラえもんしか出てこないので、語りかける相手が「子ども」になります。うちの子は、テレビのドラえもんが「朝の挨拶は何かな?」と言うと、「おはよう!」と答えています。テレビと会話なんて…と思うかもしれませんが、見ているだけになるよりずっといいです。

他にも、絵本の読み聞かせやはたらくくるま、動物の赤ちゃんの映像などが入っていて、ダイジェストでも結構充実した内容。こどもちゃれんじのように、付録のおもちゃの映像なんかが入っていないのはありがたいですね。

DVDと特別教材抜きで考えれば、ポピーの「ポピっこ」といい勝負!あとは、値段で悩むかな…

年払い(12ヶ月一括)でひと月約1700円…これを安いと見るか高いと見るか

ポピーは月980円のダントツの安さとして、ぷちドラゼミはこどもちゃれんじとほぼいっしょ。月払いだと2000円前後ですが、12ヶ月一括払いすると月当たり1700円程度です。ポピーとの差は700円。

お値段や教材内容の違いの比較の早見表

他社と比べながら決めることはとっても大切。特に値段の違いなどは、親にとって重要です。以下の記事に比較表をまとめてあります。

年少3歳児の通信教材の有名3社を比較検討!まずは楽しく学ぶことが大事

2017.05.23

わが家の場合、6月号からになるので、12ヶ月一括払いにすると、年中の5月号までは継続して同じ教材を取ることになります。

ぷちドラゼミの入会特典が魅力的

  • おかたづけバッグ
  • ドラえもんデスク&チェア(12ヶ月一括払いのみ)

この2つがもらえると言う…。ちなみに12ヶ月以内に解約すると、ドラえもんデスクの4,500円は別途お支払いいただきます!と書いてありましたが…。メルカリでのぞいたら、3500円程度で売れているので、使わなくても手放せばいいかな、なーんて。

おかたづけバッグは、地味にありがたい。細かい教材は、絶対に散らかる。このバッグひとつあれば、全てを収納してしまえるし、子ども自身が自分で片付けできそう。

他にも、ひらがな数字カードや、ひらがなポスター、スタンプなど意外とたくさん。年3回の特別教材も、”おもちゃ”ではないので使えそう。この点では、年少コースに関しては、こどもちゃれんじよりぷちドラゼミの方が断然いい。

子供の食いつきが一番良かったのは「ドラゼミ」だった

もちろん、ポピーもこどもちゃれんじも楽しい教材でした。ただ、こどもちゃれんじは、うちの子には簡単すぎたみたいであっさり終わってしまったのが微妙なところ。ポピーのワークブックも楽しくやっていたのですが、やはりキャラクターの印象が薄い。

その点、ぷちドラゼミはちょうど良かった。ドラえもんだし、ワークブックもやりごたえが長女にはあっていたみたいだし、DVDもおもしろかった。だからか、長女は「ドラえもんがいい」と申していました。

わが家の場合、小学校の受験とかそうゆうことではなくて、「楽しく勉強する習慣をつける」、「親子のコミニュケーションを取る」というような楽しくというところに重点を置きたかったので、この点でドラゼミがいいということに。

もちろん、値段は安い方がいい。だけど、ぷちドラゼミは値段に見合った効果を得られそうだと感じられたので、高いわけではないと思っています。この辺は、よくいろいろな教材と比較してみないとわからない点です。


スポンサードリンク

まずはお試し教材で子供の反応をみることが大切

うちの場合はやると決めましたが、やるかやらないかは別として、無料の体験をしてみると子供の反応がわかって面白いですよ!

年少3歳児の通信教材の有名3社を比較検討!まずは楽しく学ぶことが大事

2017.05.23

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら