お宮参りの記念写真はいつ撮るべき?生後1ヶ月と3ヶ月の赤ちゃんの違い

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

先日、友人に赤ちゃんが生まれました。女の子!

そしてその友人に「お宮参りの写真っていつ撮ればいいかな?」と聞かれました。もちろんしきたり上での正解は、生後1ヶ月前後です。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

でも現代では、写真を残すことも大切な行事。昔のように、かけ衣装を購入して用意したりせず、写真屋さんでレンタルして済ませてしまう場合も多いと思います。わが家がそうでした。

そうすると、お宮参りは貸衣装の豊富な「フォトスタジオありき」になってきます。

じゃあ、しきたりとか堅いことを言わない場合、現実的にお宮参りの写真はいつ撮るのがおすすめなんでしょう?

生後1ヶ月の新生児の時点なのか、もう少し経ってから3ヶ月ぐらいまでの間の辺がいいのか?

この記事では、写真を撮るベストタイミングの視点から、お宮参りのおすすめの時期をまとめます。

スポンサードリンク

個人的には「生後3ヶ月」の方がおすすめだった!

わが子は現在2人。お宮参りのタイミングはそれぞれ違いました。長女は生後3ヶ月、次女は1ヶ月。

個人的には、生後3ヶ月で撮った長女の方が、写真を振り返るとおすすめだったと感じています。

でも、元はと言うと、生後3ヶ月に撮ろう!と最初から決めていたのではなく、たまたま。1月生まれだった長女は、しきたり通りで行くと2月にお宮参りのはずでした。しかし、長野の冬は寒い。

その年は、記録的極寒で、超大雪が降った年。2週連続で、長野県内のほとんどの公共交通機関がストップしたような大パニックの年でした。あの群馬の碓氷峠で立ち往生した車が何十キロも続いてしまったときです。

…それはさておき。そんな寒い時に、ふにゃふにゃの新生児を連れ出して、神社に行くなんて明らかに無理でした。だから春を待って、4月下旬にお宮参りに行くことになったのです。

生後2~3ヶ月でお宮参りフォトを撮ることの6つのメリット

  • 新生児の頃よりも表情が豊か
  • 顔だちができてくる頃
  • 生後1ヶ月に悩まされる乳児湿疹
  • 首が座らないまでも、多少しっかりしているのでポーズが増える
  • お食い初め写真の同時撮影が可能
  • 一緒に写る母親の産後の体調が安定している

実際の長女と次女の写真を比較しながら見ていきたいと思います。

新生児は泣くか、寝てるか…表情の変化が少なめ

 

次女生後1ヶ月

いちばんは表情。生まれたての赤ちゃんは、基本的に泣いているか寝ているか…といった感じ。

寝ているときにたまに口角が上がることがあって、「あ!笑ってるー!」なんて喜ぶ場面がありますが、あれは”生理的微笑”というやつです。

対して生後2ヶ月も後半になってくると、自分の意思で赤ちゃんは笑うようになります。これは本当にかわいい!

フォトスタジオでは、子どもを全力で笑顔にさせてくれようとしてくれるので、運よくいい表情が出るとあとで見返したときにとってもいい思い出になります。

「表情」はフォトスタジオの腕の見せ所

生後1ヶ月で撮った次女の時は、”視線を合わせる程度”のあやし方でしたが、生後3ヶ月で撮った長女の時はすごかった!
カメラマンとアシスタントのお姉さんたちが、あの手この手で笑わせようと努力してくれて、「…これは自分じゃできない!」と思いました。せっかくお金を出すなら、最高の表情を引き出してもらいたいですよね。

赤ちゃんの顔はどんどん変わる!

新生児の頃の顔って、別人?ぐらいに違います。逆に生後2~3ヶ月ごろからは、その子らしさがどんどん出てきて、顔立ちがはっきりしてきます。

もちろん新生児のころの顔もかわいいことはたしかですが、少し肉付きがよくなってぽってりしてきた頃って、とてもかわいいんです。

実際にうちのムスメたちは、生まれたときの顔は二人ともそっくりでしたが、生後3ヶ月ぐらいからどんどん顔立ちに個性が出てきました。この辺も、”その子らしさ”が出るところなので、あとで振り返るとおもしろいです。

乳児湿疹がちょうど出る頃が生後1ヶ月

ツルッツルのたまごみたいなお肌の赤ちゃんですが、意外と生後1ヶ月程度のころは乳児湿疹に悩まされているかもしれません。

乳児湿疹は、誰もが通る道…。お肌が強い弱いに関係なく、ほとんどの赤ちゃんに出ます。せっかくならお肌がベストコンディションの時に撮りたいというのもありますよね。

ちなみに生後3ヶ月ごろなら、乳児湿疹も落ち着いてきて、赤ちゃんらしいお肌になっている可能性の方が高いです。

顔の乳児湿疹のホームケアは?うちの子が治るまでに行った4つの対策

2016.10.07

新生児だとポーズに変化をつけにくい

長女生後3ヶ月 表情と手足に動きがある

新生児の場合、泣くか、寝てるか、少し機嫌がいいか…ぐらいしかありません。体の運動はまだできないので、構図としては寝かせるか、抱っこするか…ぐらいです。

でも生後3ヶ月ごろになってくると、支えは必要なものの、少し角度をつけておすわりさせたりすることもできます。これがあるだけでも、仕上がりの写真のバリエーションが全然違う!

手足をバタバタ動かせるので、写真に赤ちゃんらしい元気さも出ます。

あとで写真を見返してみると、動きがあった方が思い出深いです。

フォトスタジオは、”動画撮影ならOK”のところが多い

スタジオアリスやスタジオマリオでは、個人のカメラによる写真(静止画)撮影は禁止。だけど、ビデオカメラなら撮影OKです。(スマホのカメラで動画撮影もOKな場合もあり。)
せっかくだから動画を撮っておくとおもしろいんですが、この点でも、動きが出てくる生後3ヶ月ぐらいの時期の方が、撮りがいがあります。表情やしぐさ、カメラマンが一生懸命あやしてくれてそれに反応する姿を見るのも楽しいですよ!

「お宮参り」と「お食い初め」の同時撮影で節約可能

長女生後3ヶ月同時撮影

よっぽど生活に余裕があれば、お宮参り、お食い初め、ハーフバースデー、初節句などなど、それぞれで写真撮影に出かけるのが一番の理想だと思います。

しかし現実は厳しい。

どんなに安く抑えてもフォトスタジオ撮影1回につき1万円程度かかりますし、そもそも撮影自体もとても大変。

衣装のお着替え、ご機嫌取り、いい表情を引き出したりと必死にやらないといけないので、撮影が終わった頃には、親たちは正直クタクタ。もちろん撮影される赤ちゃんは、なんだかわからないでやらされるので、もっとクタクタ…。土日に出かければ混んでいたりするので、もう家族で必死です。

だから、経済的にも体力的にも、ぜひ1年に1回ぐらいのペースで押さえておきたいというのが本音です。

で、生後3ヶ月ごろにフォトスタジオに出かければ、「お宮参り」と「お食い初め」の同時撮影ができちゃいます。2件以上のイベント撮影をしても、同日ならもちろん撮影基本料は同じ。衣装も何回着替えても大丈夫です。

実際のイベントも同時開催して楽チンだった!

子どもの誕生で、両家の祖父母と自分たち家族で集まって、「お宮参り」と「お食い初め」のお祝いの席がありました。長女の時はこれも同時開催。

フォトスタジオでかけ衣装をレンタルしてお宮参り、フォトスタジオで両家全員で記念写真、その後の食事会でお食い初め膳を用意して1度に済ませちゃいました。気を使う場が1回で済んだので、めちゃくちゃ楽チンたったよ!

忘れないでほしい産後の母親の体調

生後1ヶ月といえば、ママにとっては産後1ヶ月のころ。

せっかくだから、家族写真も撮りたいし、写真撮影といっても意外と体力勝負なので、ママの体調が復活していることは重要です。しかも、産後1ヶ月だと、まだ産後太りに悩まされている場合も…。

しっかり体調を整えて、写真撮影にのぞめる頃が生後3ヶ月ごろでもあります。


スポンサードリンク

生後1ヶ月での写真撮影でよかった点と微妙だった点

次女生後1ヶ月 寝相アート

生後1ヶ月だからこそ、こんなことがよかった!

  • 新生児期にしか見れない貴重な表情を残せる
  • 寝相アートが撮れた
  • 上の子もいっしょに撮影する場合は、上の子の表情を優先できた
次女の生後1ヶ月の撮影では、ベビードレスを着て寝相アートを撮りました。このとき次女は、マジ寝してました。新生児の場合、寝ている時間が多いので、寝顔を生かした撮影も可能です。

また、上にきょうだいがいる場合、上の子の表情を引き出すのが大変。きょうだいで笑顔の写真を撮るというのは、至難の技。でも生後1ヶ月の新生児なら、そもそも表情の変化が少ないので、目線を合わす程度だとすれば、上の子の表情を優先させられるのがおすすめでした。

こんなことが微妙だった!

  • 泣いてしまうとあやすのに時間がかかる(授乳にも時間がかかる)
  • 赤ちゃんが疲れて寝てしまう
  • 表情に変化があまりないので、衣装を抜きにすれば自分で撮れそうな写真も
寝相アートなんかは、かわいいんですが、わざわざ写真屋さんで撮るべきか…というのも正直あります。もし写真を撮るのがうまかったり、自分で撮影する気合があれば、生後すぐの写真は家でも十分かなというところ。

あとで「あのとき撮っておけばよかった…」とならないように

生後1ヶ月にしろ、生後3ヶ月にしろ、過ぎて見ればあっという間です。

どうしよう?と悩んでいるうちに、生後1ヶ月なんて簡単に過ぎ去ってしまいます。大切なのは、後悔しないこと!

そもそもフォトスタジオに行くべきかから始まり、どのタイミングで撮ればいいかは本当に悩みますが、行こう!と思った時が正解です。

わが家が次女の写真撮影を生後1ヶ月にした理由

この記事では生後3ヶ月での写真撮影を押していますが、次女が生まれたときは長女の時に残せなかった新生児姿をしっかり残したいと思ったから生後1ヶ月に行きました。そして生後1ヶ月に撮ってみて、「やぱり長女の時の方が表情がいいな…」と思ったという…。

成長の具合や、写真屋さんでのご機嫌や相性などにも左右されますが、それぞれの良さがあるのも事実。

二人以上の子供に恵まれて、フォトスタジオに行く機会があるなら、あえて時期をずらすこともおすすめです。

初めての子どもの場合は、「できるだけたくさんの思い出を残したい!」と気合を入れるママたちも多いかもしれません。わたしもそうでした。また、孫が生まれると、祖父母もはりきるもの。自分たちが3ヶ月ごろやればいいやと思っていていも、ジジババに「しきたり通りにやるもんだろ。」と言われてしまうかもしれません。

そんな場合は、イベントと写真撮影を切り離してもいいですし、ジジババの意見にしたがって早めに撮るのも良し。せっかくの大切な思い出なので、角が立たないようにするのも重要です。

スポンサードリンク











おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら