わが家で実際に大活躍のレゴデュプロ4商品&賢く購入するのにおすすめの場所4選

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

対象年齢「1歳半」から用意されている、レゴ。

「知育玩具」としても有名ですよね。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

1歳半から遊べる「デュプロ(DUPLO)」というブロックは、かなり大きめにできています。

レゴというと、子供には誤飲してしまいそうで怖いイメージがありますが、このデュプロならブロックが大きいので誤飲の心配もあまりありません。

色の種類もたくさんあり、ブロックの大きさ、人形、動物、車などの付属品もたくさん発売されていますので、遊び方は無限大。

また、女の子向けにピンクの「レゴフレンズ」や、ディズニーのデュプロもあり、対象年齢さえ達していれば、男女年齢問わず楽しめるおもちゃなんですよ!

でも種類がありすぎて、何から買えばいいのかわからない!

せっかく高いお金を出して買っても、子どもが気に入ってくれるか不安。

ということで、わが家で実際に購入して楽しく遊んでいる、レゴデュプロシリーズをご紹介します。

スポンサードリンク

わが家で大活躍の「レゴデュプロ」シリーズ4商品をご紹介

実際うちで買っておすすめだったレゴ商品について書きます。

ちなみにうちでは、最初から「バケツシリーズ」のような大きいセットは買いませんでした。

だって、高いんだもん。

それに必ずしも、子供がレゴにハマるとは限りません。

せっかく高いお金を出して買い与えても、あまり興味を持ってくれなければ、宝の持ち腐れ&お金の無駄になりかねません。

ということで、様子を見ながら、少しずつね。

レゴデュプロ「かずあそびトレイン」

レゴ(LEGO)デュプロ はじめてのデュプロ(R) "かずあそびトレイン" 10847

こちらは、トレインですが、車の土台が4つ入っています

そして数字の書いたブロックが0から9まで用意されており、知育にも役立ちます。

まだ数字のわからない子供でも、ブロックの色がたくさんあるので、ただ並べるだけで楽しめます。

上の写真は、新バージョンです。(画像クリックで、Amazonの販売ページに飛びます。)
こっちのほうがかわいいなぁ。

ちなみにわが家で購入したのは、下の方。
変更点は以下のとおり。

  • 車の色と、電車のデザインが変更。
    犬が猫に。
    お人形ブロックが2つに。そして数字が0~9に変更になっています。(旧は1~9)

うちの長女は、車の上に動物をはめて、「ぶっぶ~」と言いながら遊んでいます!

3歳になった今、数字も徐々に並べられるようになってきました。

長い目で遊べ、勉強にもなるレゴブロックですね。

レゴデュプロ「緑の基礎板」

こちらは、レゴデュプロ用の基礎板です。

絶対あると便利!

これが1枚あれば、おうちを作ったり、ごっこ遊びをしたりと、いろんな遊びができますので、用意することをおすすめします。

が、残念ながら現在品薄により、欠品と価格高騰が相次いでいます。

そんなときは、クラシックシリーズの基礎板が使えます。

クラシックの板でも大丈夫!レゴデュプロの基礎板の互換性と種類サイズまとめ

2017.02.10

レゴデュプロ「ちいさなどうぶつえん」

レゴ (LEGO) デュプロ ちいさなどうぶつえん 4962

こちらは、うちの長女が大好きな動物のセットです。

動物の形をしたブロックが4つと、人形が1つがセットになっています。

子どもは動物が好きなので、並べて遊んだり、ブロックがはめられるようになると、向かい合わせたりして「ごっこ遊び」も楽しめます。

ただのブロックから始めるよりは、こういった動物のものが少しでもあると、楽しさが倍増しますのでおすすめ。

わが家の場合、「かずあそびトレイン」と人形がかぶりました。
(通称ハチオくん)

ただし、現在このシリーズは、新旧パッケージともに価格高騰中。ご注意を!

今買うなら、これかな。

レゴデュプロ「森のさかなつり」

レゴ (LEGO) デュプロ の森 "さかなつり" 10583

こちらも現在、価格高騰中!商品選びの参考として載せます。

こちらの商品を選んだポイントは、車と舟と、緑のツリー。

大きい車は、お人形を乗せてたり、「かずあそびトレイン」の車の土台とも連結が可能。

舟も同じく、いろいろ乗せられるので、長女は喜んで遊んでいます。

ツリーは、ブロックを組み立てるという頭を使う遊びに利用が可能!

 

以上、4商品にくわえて、バンダイの「アンパンマンブロックラボ」も合わせて遊んでいます。

レゴとアンパンマンブロックラボの互換性&特徴を徹底検証!この記事ですべてがわかる!

2016.01.20

スポンサードリンク

レゴはどこで買うのがいちばん賢いの?知っておくべき注意点

お台場にあるレゴランドでも買えますが、田舎者でも賢く買える方法のご紹介です。

アウトレット店舗で購入

わが家は、軽井沢プリンスショッピングプラザアウトレットの店舗で購入することが多いです。

値段は劇的に安いわけではありませんが、高いということもありません。

見本も多く出ていたり、実際にブロックをさわって遊べるコーナーも用意されているので、商品を選びやすいです。

ただし品揃えは多くないです。

買わなくても、行けばカタログをgetできるので、その後の商品選びに役立ちます。

家電量販店のおもちゃ売り場で購入

ジョーシンや、エディオンなどの家電量販店のおもちゃ売り場は、比較的安く購入が可能。

定価の1~2割引で買えることも。

ただし、やはり品揃えは多くないかも。

ネット通販なら、安いのはAmazon、ラインナップはトイザらスが豊富

ネット通販で、価格がいちばん安く買いやすいのは、Amazonのレゴストアです。

メーカー希望小売価格からの値引きも多くあって、そこそこラインナップも充実しているのでおすすめです。

 

次におすすめなのは、トイザらスのレゴショップicon

ラインナップが充実しているのはもちろんですが、トイザらス限定のレゴ商品iconもあるので、あわせてのぞいてみるのもおすすめです。

 

スポンサードリンク











おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら