1歳の赤ちゃんでも楽しめるレゴデュプロ!わが家で実践した6つの遊び方を提案します

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

いろいろなカタチや、色があって楽しい、昔からの定番のおもちゃ「レゴ」。

うちの長女が大好きなおもちゃの上位を争っています。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

レゴブロックの対象年齢は、1歳半ぐらいからですが、実際には、1歳ごろのお誕生日プレゼントでもらったり、買ったり、お下がりをもらったりと…

少し早めの月齢からレゴで遊び始める(遊ばせたい)赤ちゃんやパパママも多いと思います。

しかしながら、赤ちゃんとレゴを遊ぼうにも興味を示さない。(示さなかったらどうしよう?)
いざ買ってみたけど、どうやって遊ばせて、活用すればいいかわからない。

わが家でも、1歳ごろに購入したころは、レゴブロックにあまり見向きもしなくて、途方にくれた時期がありました。

そんな状態から、お気に入りのおもちゃになるまでの過程とともに、赤ちゃんと楽しくレゴブロックを遊ぶために試したい6つの遊び方をご紹介します。

 

赤ちゃんと安全にレゴで遊ぶために

  • レゴで遊ぶときは、パパやママがいっしょに遊ぶようにしましょう
  • 誤飲を防ぐために、必ず「デュプロ」という子供用の大きいブロックを準備しましょう

 

スポンサードリンク

まずは動物型ブロックをうまく使って遊ぼう

レゴデュプロ 動物

レゴブロックというと、ブロックを繋げることに執着してしまいがちですが、まずは形あるものから興味を持ってもらうのが一番です。

手っ取り早いのが、動物のブロック。

まずはブロックにくっつけずに、並べて遊んでも楽しいと思います。
動物の絵本を見せながら、「同じだね!」と話しかけながら見比べるのもおすすめ。

うちの長女が2歳程度のときは、テレビで動物が出てくると、「おんなじ!」と言って、ブロックを持ってきて見比べていました。

レゴデュプロの「どうぶつシリーズ」は、お手頃なものからガッツリたくさん入っているものまで、たくさんのラインナップが用意されています。

比較的安い動物シリーズから、がっつり動物が入ったシリーズまで、ラインナップはさまざま。

基本のセットより値段も内容もとっつきやすい商品もあるので、お気に入りを探してみるのも楽しいですよ!

 

人形に動きをつけてみる

レゴデュプロ 人形

次にオススメなのが、人形の動きを見る遊び方。

レゴデュプロの人形は、手と首が動き、足は立ったり座ったりできるんです。

「たっちね!」、「おすわりしたね!」と子供に話しかけながら人形に動きをつけてみましょう。

このとき、テキトーに人形にお名前を付けてあげることをオススメします。
(ちなみにうちのレゴブロック画像左側の人形は、「ハチオ君」と言います。8のお洋服を着ているので…笑)

その後の”ごっこ遊び”にも繋がります。

 

動く乗り物パーツで遊ぶ。動物や人形ブロックを乗せると楽しい

レゴデュプロ 乗りもの

レゴには、車のパーツがあります。

連結して長くしてもよし、単体で遊んでもよし。

「ぶっぶー」と言いながら、車を動かすのって、男の子も女の子も大好きですよね。

動物や人形のブロックを乗せて走らせるとなお食い付きが良いです。

もちろん、レゴのパーツ以外でも子供が好きなものはなんでも乗っけてしまいましょう!

最初は連結したり、何かを乗せたりするのは難しいと思いますので、パパやママが作ってあげてくださいね。

 

 

この遊びには、アンパンマンブロックラボのブロックドールシリーズもおすすめ

ブロックラボのドールセットの対象年齢は3歳からですが、なんでも口に入れてしまう月齢を過ぎれば使用可能です。

わが家ではいろんな遊びに大活躍です。

 

レゴはポップでたくさんの配色が楽しい!色のお勉強にも使える

レゴデュプロ
レゴブロックの魅力の一つに、ブロックの色使いがあります。

写真のレゴブロックはうちのもので全体のごく一部なのですが、本当にたくさんの色があるんです。

同じ緑でも、黄緑もあるし、濃い緑もあったり。

最初は、ブロックを手に取るときパパやママが、「緑の車、赤のブロック、黄色いキリンさん」など、色の名前と手に持っているレゴブロックを子供に見せて、関連付けしてあげましょう。

色がわかってきたら、「赤いブロック見つけてごらん!」と、子供が自分で該当のレゴブロックを探して手に取るようになれば、どんどん楽しくなってきます。

のちほど数字を覚える練習にも使える

1~9までの数字がすべて違う色のブロックなのがおすすめポイント。大きくなったら、かずを数えたり、数字を覚える練習も遊びながらできますよ。

連結の車パーツも入っています。

「色」については、絵本と連動させながら習得するのがおすすめ

うちの長女は大好きなアンパンマンの絵本で、色をマスターできました。

いよいよブロックを積み上げる

レゴブロック 積み上げる

子供がレゴブロックに十分に興味を持ってくれたら、今度は自由に積み上げてみます。

色、形関係なく、なんでも上に上に積み上げていきましょう。

積み木とレゴブロックが大きく違う点

  • 向きをそろえてブロックはめなければならないこと
  • 積み木より高く積み上げられること
この2つがあると思います。
この辺を意識して楽しんでみてください。

パパママが、おうちを組み立ててあげたりしてもおすすめですよ!

 

レゴデュプロと合わせて「アンパンマンブロックラボ」を使うと更に効果的!


レゴには、互換性があるブロックがあるのをご存知ですか?

それが、バンダイから発売されている「アンパンマンブロックラボ」です。

なぜか日本人の子供はみんなアンパンマンが大好きなので、もしかしたら最初は「アンパンマンブロックラボ」の方が食い付きがいいかもしれません。

ブロックラボには、アンパンマンのキャラクターの頭と胴体を繋げるブロックがあるので、組み立てる練習にはとても向いています。

ブロックの色の種類も増えますし、キャラクターの親しみやすさもあるので、レゴブロックと合わせて遊ぶとより楽しいですよ!

 

 


スポンサードリンク

最初からうまく遊べるわけがない!親子のコミニュケーションが楽しめればOK

レゴデュプロで楽しく遊ぶために大切なポイントは、「レゴブロック」としての遊びにこだわらないということ。

ブロック同士を繋げたりする前に、絵本にはない立体のおもしろさ視覚の刺激なんかを意識して、子供と会話しながらいっしょに遊ぶと楽しいですよ!

普通のおもちゃに比べると、レゴブロックは少し難しいので、放っておいても子供は遊び方がわからないんだと思います。

ぜひ家族みんなで遊んでみてくださいね。

そして赤ちゃんには、興味のありそうなことから始めて、徐々に慣れさせてあげてみてください。
レゴブロックは、知育には本当に最適だと思います。
(個人的には大好きです。)

 

スポンサードリンク













おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら