らくらくメルカリ便は匿名取引が最大のメリット!押さえておきたい4つの注意点

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

インターネット上で取引して、個人売買をするメルカリ。個人情報をさらさなければならないことは、結構心配な点でもありますよね。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

メルカリで不用品を売る際、「らくらくメルカリ便」もよく利用しています。

らくらくメルカリ便があれば、今までインターネットで取引をするのに躊躇していた人でも、気軽に挑戦できるのではないかと思います。

メルカリ便は、本当にラクラク&安全です。

メルカリ便は2種類になりました!

この記事で主に説明しているのは、ヤマト運輸が請負う「らくらくメルカリ便」です。
従来のらくらくメルカリ便に加えて、2017年6月より「ゆうゆうメルカリ便」の取り扱いが開始になりました。日本郵便の「ゆうパケット」と「ゆうパック」をメルカリ便仕様にしたサービスです。基本的な注意点は、らくらくメルカリ便といっしょですが、配送運賃などのメリットが変わるので、こちらの記事も合わせて読んでもらうと違いがわかると思います。

ゆうゆうメルカリ便はクリックポストよりお得?らくらくメルカリ便と比較したメリット

2017.07.11
スポンサードリンク

らくらくメルカリ便は匿名配送ができることが最大のメリット!ネット取引で注意しておきたいことは?

メルカリで取引をする時って、出品者さんのプロフィールや評価って必ず確認しますよね。

そんな中、たまたま見つけたコメントの中に恐ろしいものがあったんです。
それを見て、匿名配送ができる「らくらくメルカリ便」は、とても良い仕組みだなぁとしみじみ思ったわけです。

その恐ろしいコメントというのが・・・

売買でトラブルになったとき、「家まで押しかける」と脅されたらしい

怖すぎる…。

売ったものに不備があったのかどうかはわかりませんが、メルカリの売買でトラブルになったようです。

出品者と書い手は同じ県内に住んでいる方だったようで、

「住所も名前もわかってるんだから、家まで押しかけてやる!」

というコメントを何度も送りつけてきたそうです。

たとえば長野県から北海道に送ったのであれば、家まで押しかけられる心配はあまりないですが、相手が意外と近所の人だったら怖いですよね。

でもメルカリのルール上、即決が可能なので、買い手を選ぶことはできません。
(買う前にコメントください!と注意書きして出品している方もいますが、仕組み上即決は可能です。)

こんなやり取りを目撃して、
「匿名配送だったら、返品もしくは代金を泣き寝入りする程度で済んで、身の危険までは感じないなぁ
と思ったわけです。

まぁ、非常に極端な例ですけどね!

らくらくメルカリ便のすごすぎるメリット

らくらくメルカリ便には、匿名配送はもちろん、他にもたくさんのメリットがあるので挙げておきます。

  • 匿名配送が可能
  • 全国どこへ送っても一律料金でわかりやすい
  • コンビニ(ファミマ)、サークルKに持込で発送可能
  • 宛名書きの必要なし
  • ネコポス以外は、最短翌日到着で早い
  • 発送代金は売り上げから差し引かれるため、利益がわかりやすい(発送時の費用負担が少ない)
  • 発送途中の商品の破損などの補償あり

この辺が、らくらくメルカリ便の良い点です。らくらくメルカリ便の配送は、ヤマト運輸が請け負っています。

なんといっても匿名配送がOKなのが1番のメリット。

そして近所にファミリーマートやサークルKがあれば、コンビニ端末で2次元バーコードを「ピッ」とスキャンしてレジに持っていけば発送票ができるというお手軽さが素敵すぎます。

もちろん、ヤマトの営業所に直接持ち込みでも発送可能。
(ヤマトに集荷を頼むと、プラス30円かかってしまいます。)

住所と実名を知られずに便利に取引ができれば、ネット間での個人取引になじみがない人で「これから不用品をオトクに売買してみよう!」という場合にも、グッとハードルが下がります。

らくらくメルカリ便の匿名配送の押さえておくべき4つの注意点

さて、らくらくメルカリ便を使用するにはいくつか注意しておきたいことがあるので確認しましょう。

匿名配送のはずなのに、住所と実名が表示されてしまった!ということがないように。

出品時から「らくらくメルカリ便」を選択しておかないと匿名配送にできない

出品時に配送方法を指定する欄があります。

  • 未定
  • 定形外郵便

例えばこんな感じに、最初から「らくらくメルカリ便」以外の配送方法の選択してしまうと、取引成立した際に買い手の住所・氏名が届いてしまいます。

この状態から、らくらくメルカリ便に配送方法を変えることもできるのですが、その場合は匿名配送を選択することができません。

ということで、らくらくメルカリ便を利用するにあたって「絶対に匿名配送にしたい!」という場合は、最初から「らくらくメルカリ便」に設定しておく必要があります。

買う場合も同じで、匿名配送を希望する場合は、コメント欄を使って出品者と交渉しましょう。

ただし、らくらくメルカリ便にすることで、配送料が高くなってしまう場合があります。

その場合は、「差額は負担しますので・・・」と相談した方が無難です。

メルカリの発送方法で悩んだら?送り方を3つに限定すると安くて楽チン!

2016.10.14

追跡機能によって近所の営業所までは特定できる

らくらくメルカリ便を利用すると、「追跡番号」が付きます。

この追跡番号によって、荷物が無事届いたかという確認ができるので超便利なのですが、自宅の最寄りのヤマトの営業所まではわかってしまいます

ここで家と名前の特定まではもちろんできないのですが、相手がどこの県のどこの市町村に住んでいるかぐらいはわかってしまいます。
それさえも知られたくない!という方は、メルカリでの売買はおすすめできません。

販売価格の安すぎ注意!

らくらくメルカリ便を使用して荷物を送る場合、送り方によって最低価格が設けられています。

  • 宅急便コンパクトの場合 450円以上
  • 宅急便の場合 1,000円以上
メルカリの場合、販売価格の10%が手数料として差し引かれてしまいます。

例えば450円の出品物を宅急便コンパクトで送った場合、

450 - 45(販売手数料)=405
405 - 380(宅急便コンパクトの送料)ー 65(宅急便コンパクト用専用資材代) =マイナス40円!

つまり最低価格450円で販売しても、40円の損失が出て何の利益もないということです。

発送方法を普通郵便やクリックポストにすることで、利益がもう少し上乗せされる可能性がありますので、匿名配送を希望してらくらくメルカリ便にするなら販売価格を上乗せする必要があります。

値下げ交渉された場合は、必ず送料と発送方法について理解してもらう必要があります。

らくらくメルカリ便以外で発送元を記入しないのはルール違反

買った方は、出品者がらくらくメルカリ便を指定していない限り、決済をした時点で個人情報が出品者に渡ります。

しかし出品者の個人情報は、ネット上で買い手に通知されることはありません。

中には、実際に商品を発送する際に出品者の住所氏名を書かずに送る人もいるようです。

それは絶対にダメ!

例えば定形外で送って切手代が足りない場合、受取人が差額を払うようになってしまいます。それに片方が個人情報を得て、片方が伝えないというのはフェアではありません。

らくらくメルカリ便の発送方法では、必ず住所は番地&部屋番号まで、名前はフルネームで記載するのが礼儀です。

らくらくメルカリ便以外で自分の名前を絶対に書かなければならない理由

それは、もしも郵便物の宛先が間違っていたり、不足していたりして相手先に届かなかった場合、郵便物やその他配送物は行き先を失います。
らくらくメルカリ便に関しては、ヤマト運輸とメルカリが発送者と受取人の住所を把握しているので、必ずや誰かの手に渡りますが、個人で取引する郵便物等はそうは行きません。

トラブルを避けるためにも、自分の住所氏名は必ず記入が必要です。

メルカリ便を指定してしまって、後から他の発送方法に変更したい場合は注意が必要

商品によっては、定形外郵便やクリックポストの方が安くなる場合もあります。

わたしも一度やってしまったのですが、1度に何品か出品する際に、クリックポストで送った方がいい商品もらくらくメルカリ便で出してしまったことがありました。そしてこのまま購入され…。

そうすると、当たり前ながら、相手の住所氏名はわかりません。

こんな場合は、以下のどちらかの対応を行います。

  1. 諦めてらくらくメルカリ便で送る
  2. メッセージ欄で、相手の住所氏名を教えてもらえるよう交渉する

ちなみに、わたしは1で対応しました。そのまま、らくらくメルカリ便の一番安い発送方法でも十分に利益が出たからです。

正直なところ、2はやめておいた方が無難です。そもそも購入した相手先は、らくらくメルカリ便だから購入したかもしれませんし、補償の面でもらくらくメルカリ便の方が勝ります。出品者のミスであることは間違いないので、トラブルは避けられません。そこで無理やり発送方法を変えたとしても、評価を下げられるか、通報される可能性もあるので、おすすめできません。

つまり、購入した時に出品者かららくらくメルカリ便はやめたい…と相談されたら?

断ってOKだと思います。嫌なら取引をキャンセルすればいいだけ。そうすれば、出品者は再度、発送方法を変えて出品もできます。
もちろん、発送方法を変えるのに了承できれば、依頼を受けてもいいですが…。


スポンサードリンク

メルカリで取引してみたい方へ

わたしが思うに、メルカリの最大のメリットは匿名配送が可能なことです。

インターネット上で知らない方と取引するのに、個人情報をさらすのってなんだか怖いですよね。
ほとんどの場合はトラブルになることはあまりありませんが、万が一トラブルになった場合はゾッとします。

メルカリの出品や購入で、「個人情報を知られるのが嫌!」という場合は、らくらくメルカリ便を使用してみることをおすすめします。

匿名配送は本当に便利で、とても安全ですよ!

本、洋服、アクセサリーなどの小物は「ゆうゆうメルカリ便」を使おう

ゆうゆうメルカリ便サービスが開始になるまでは、クリックポストが安くて便利なのでおすすめしていたのですが、ゆうゆうメルカリ便の「ゆうパケット」がクリックポストで送れる大きさとほぼ同じで全国一律175円で発送が可能になりました。

匿名配送可能、追跡・補償あり、ラベル印刷不要で、クリックポストとの差額が11円しかないので、使う価値は十分にあります。発送は、対応する郵便局と、ローソン、ミニストップでできますので、とっても使いやすいですよ!

ゆうゆうメルカリ便はクリックポストよりお得?らくらくメルカリ便と比較したメリット

2017.07.11

メルカリのダウンロード

メルカリ
メルカリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

招待コード:XECNAE

こちらを入れて会員登録すると、300ポイント無料でもらうことができます。
ぜひポイントを使って、お買い物もしてみてくださいね!

 

スポンサードリンク







あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら