管理人のプロフィール

このブログを書いている「aki」について

はじめまして、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

**aki**と書いて、「あき」と読みます。
akiだけでは寂しいかと思い、「*」を両サイドに付けてみました。
深い意味はありません。

今まで無料ブログサービスは利用したことがありましたが、すべて3日坊主……。

しかしこの”凡人主婦の小金持ち生活”は、2015年8月に開設して、なんとか今に至ります。
→2017年7月現在、月間30万PVほどです。

家事をラクにするコツ、知って使って便利なグッズの紹介、子育てのなやみごとなど、響きになったさまざまなことについて書いています。

ぜひこのブログの存在、そして**aki**の存在を覚えていただけるとうれしいです。

 

自己紹介と略歴(まぁ、いたって平凡な人生ですけど。)

1986年生まれ。超おおざっぱなO型。

生まれも育ちも長野県、大学も長野県、そして就職も地元企業にした、生粋の長野県民です。

ひとりっこ。でも、お世辞かわかりませんが、「ひとりっこに見えないね!」とよく言われます。

趣味は旅行。出かけるのがとっても大好き。本当は海外旅行が好き。老後は、豪華客船で世界一周旅行がしたい。

 

1986年誕生

おぎゃー!と元気に生まれたのかと思いきや、泣かなかったそう。母親のおなかの中で、羊水が濁り、あっぷあっぷしておぼれていたんだとか。

それもあってか、今でも水泳は苦手。

たぶん、一生水泳は苦手。

両親は、3年間の不妊治療の末、わたしを授かった様子。ということで、ひとりっこ。

 

1995年~両親が家を建てる

わたしの小学校入学に合わせ、土地を買い、家を新築。だがしかし、小学校入学に間に合わず、小学2年から転校。

タイミング悪すぎ!

4年生のクラス替えを、首を長くして待つ生活。今思い出しても、小学校ってあまり楽しかった思い出がない。

そして、両親はローン金利が高く、土地も高いときに家を買ったので、地味にローン地獄。

泊まりで家族旅行とかしたことなかった気がする。

 

中学で剣道をやって、根性が鍛え直される

初めての人生のターニングポイントは、中学生。

部活の剣道部の練習がきつくて、何度も辞めたいと思いながら、辞めずに3年間過ごす

剣道のおかげで体力と根性を鍛えることに成功。

ただ、ムスメたちには剣道をやらせたいとは、今でも思わない。高校でスカウトしてもらうも、中学3年間でスッパリ卒業。

 

2005年~万年おちこぼれで過ごした進学校を卒業して信州大学に入る

高校3年間は、成績が悪すぎて、下から数えて片手に入ることもしばしば。しかしながら、進学校だったため、大学に入るという流れの中、なんとなく過ごす。

親から「家のローンきついから、私大は無理ね!」とあっさりプレッシャーをかけられる。

滑り止めに受けていた、県立短大も不合格。

奇跡的に入った信大では、初めてのひとり暮らしデビュー。

けっこうな汚部屋に住んでいた。

このとき、大学から就職後まで5年以上付き合っていたカレシがいたが、結局別れる。

お金がない!志望校E判定!それでも受験勉強半年で本命国立大に合格した話。

2015.12.25

 

勉強よりも、バイトに明け暮れた大学生活

大学であまり勉強した覚えなし。

何をしていたかと言えば、バイト三昧。

コンビニの早朝バイト、授業後は塾講師、土日は派遣の結婚式の給仕スタッフ。

大学4年以降は、居酒屋やファミレスでもホールのバイト。

剣道でつちかった根性のおかげで、基本辞めずに長く働いたと思う。

途中、父親の勤務会社がつぶれかけ、給料が下がり仕送りがストップするも、奨学金とバイト代でわりと悠々自適だったと思う。

人生の夏休みを存分に楽しんだ。

 

2009年~社会人になり銀行に就職(5年で退社)

時代は、リーマンショック後。

本当は、他に行きたい別業種の会社があり、内定も出ていた。が、ひとり娘だったため、両親に実家に帰ってくるようにと説得される。

父親に、「金融機関なら、リストラの心配もない。ボーナスがなくなることだってない。会社がつぶれるなんてことはありえない。」と言われたのが、妙に説得力があり、帰宅を決める。

日本に大不況が訪れていたときに、新卒入社をする。

しかしながら、就職活動していたときは、景気がわりとよかったので、就活は楽チンだった。結果的に、ほんとに運がよかったと思う。

がしかし、金融商品の営業だったので、リーマンショック後の暗黒時代にはツラかった…。

正直、暴落した投信のフォローなんてしようがない!

と、若者だった当時は思っていたが、今思えば、お客さんにもっといろんなことを提案するべきだったと反省している。保険商品を売りまくる。

株とか投信って、買うよりも売るほうが大変だからな…。

長女出産の際に、退社しました。

銀行へ就職を考えている女性に伝えたい!先輩社員に直接聞きにくいことまとめました

2017.07.24

 

2013年~旦那さんと結婚

旦那に転勤はなく、実家はリンゴ農家。

この時点で、死ぬまで長野に永住がほぼ決まりました。

ちなみに旦那さんとは、婚活パーティーで知り合い、付き合って3か月で結婚を決めた超スピード婚です。

とっても優しくまじめな旦那さんで、心穏やかな暮らしができています。

と、思いきや、突然「会社辞める」と言いはじめて、悩みました。→結局ふんばって、旦那さんは同じ会社で毎日バリバリ働いています。

 

2014年~長女出産とバセドウ病発覚

長女出産後に、バセドウ病であることが発覚。

激やせ、多汗、手の震え、イライラするなど…バセドウ病の症状に悩まされました。

現在は薬で症状が安定していますが、全然治りません。

バセドウ病のさなか、次女出産。

大丈夫!まったく問題なかったよ!

甲状腺が4倍に腫れている?バセドウ病と診断された私のこと

2015.08.21

 

2017年~ブログがうまくいったのでフリーランスに

旦那が「仕事辞める!」と騒いだことをキッカケに、専業主婦でいることが急激に不安に。

ブログを通して、ライター業の依頼も少しあったので、思い切って「書くこと」を仕事にしようと決意。

子どもが小さいうちは、在宅でできることを、ぼちぼちやっていく予定。

ちなみにこのブログは、1ヶ月の閲覧数が30万PVを超えるまでに成長しました。読んでくれているみなさん、ありがとうございます!

初心者ブロガーに伝えたい!ブログを長く楽しく続けてしかも結果を出すコツ【月間35万PV達成】

2017.08.04

 

活動歴など

このブログについて

ブログを真剣に始めたきっかけは、バセドウ病でした。

命にかかわる病気ではないけれど、発覚した時は本当に衝撃。
今まで健康優良児で、大きな病気もしたことがなく、「まさか自分が病気になるなんて!」という思いでいっぱいでした。

バセドウ病という言葉は知っていたものの、授乳中に薬を飲む不安、いつ治るのかわからない不安、治療費の不安、次の妊娠のドクターストップと、予想以上の不安の連続でした。
お医者さんにもいろいろなことを聞きづらく、本で調べたり、インターネットの検索で他の方の症状を調べたりということを繰り返していました。

治療して約半年、やっとバセドウ病の症状も落ち着いたときに、「わたしが不安に思っていたいろいろなことを、今度は逆に発信する側になってみたい!」と思ったのが、最初のきっかけです。

そうは言っても、バセドウ病のことばかりでは内容が暗くなってしまうので(笑)、子育て主婦の目線で、便利な技や工夫などをまとめたブログにしました。

 

「小金持ち」について

うちは、普通のサラリーマンが大黒柱の一般家庭です。
ずば抜けてお給料がいいわけでもないですし、おうちは賃貸です。

つまり、決して”お金持ち”ではありません。

わたしの思う「小金持ち(こがねもち)」は、日々生活できるだけの暮らしは豊かに、そして将来のための貯蓄もしっかりできる状態です。
無理な節約よりも、少しの工夫や知恵で暮らし方を豊かにしたい、そんな風に思っています。

また、お金は貯めることも大切ですが、使うことも大切です。
家族でハッピーになれることにお金を使いたいと思っています。

そんな小金持ちな家庭をつくるのが、わたしの最大の目標です。

限られた収入の中で、できるだけお金を貯めながら、少しでも楽しい生活ができたらと思っています。

 

外部サイト他での活動歴

○ 2016年10月~ ママスタセレクトで記事を書かせていただいています!
bnr_mamasta_select_p_250x60

○ 2016年11月~ ESSE onlineでも記事の執筆開始しました!
03esse200x72
○ 2016年12月  ちょこっと雑誌に掲載(ブログ名は載っていません)

お問い合わせはこちらへ

当ブログへのお問い合わせは、以下のページからお願いいたします。

お問い合わせページへ

 

雑多なブログですが、「凡人主婦の小金持ち生活」とakiのこと、よろしくお願いします。