宅配クリーニングのリネットに7点依頼した料金を公開。使ってわかった注意点も

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

家の近くにクリーニング屋さんがない…

そもそもクリーニングに持っていくのもめんどうだし、取りに行くのもめんどう。ついつい出すのも取り行くのも忘れちゃう…

なんてことはありませんか?

 

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

うちは田舎なので、最寄りのクリーニング屋さんまで地味に遠いです。

クリーニングに出そうと思っていたお洋服があって、「何かのついでに…」と持ち歩くものの、ついつい出すのを忘れてしまいます。

クリーニングが出来上がったものについても、近所のクリーニング屋さんは「だいたい2週間ぐらい」とざっくり言うだけ。もはや取りに行くのもおっくうです。

 

そんなわたしのような主婦には、宅配クリーニングを使うのも1つの手。

おうちまでお洋服を取りにきてくれて、クリーニングができあがったお洋服もおうちまで届けてくれます。

ということで、「リネット」という宅配クリーニングサービスを使ってみました。

近所のクリーニング屋さんと比べると、少し値段設定は高いものの、家にいながらにしてクリーニングの一連の作業が終わったので、とても便利なサービスでした。

 

実際に使ってみて、宅配クリーニング「リネット」はこんな方に特にオススメだと感じました。↓

 

  • 近所にクリーニング屋さんがない
  • そもそも近所のクリーニング屋さんの値段設定がよくわからない
  • 忙しくて、クリーニングに出しに行くのも取りに行くのもおっくう
  • 家でセルフ洗濯してみたけど、うまく取れないシミや毛玉がある
  • 季節の代わりの衣替えで、一気にお洋服をクリーニングに出したい
  • クロネコヤマトの宅急便ならどうにか受け取れる

 

なんといっても、かさばるお洋服でも家にいながらにしてクリーニングが完結するのが魅力。

しかも初回の注文なら、30%オフかつ、値段に関係なく送料無料という特典が使えるので、試しに利用してみたい方でも気軽に使うことができます。→詳細はこちら

 

 

スポンサードリンク

洋服7点(冬物+スラックス)をリネットでクリーニング。割引前の総額の費用は、9,870円。初回のみここから30%オフに

今回、リネットに宅配クリーニングをお願いしたお洋服は7点。

  • ダウンジャケット(無印良品:わたし)
  • コート(index:わたし)
  • パンツ/スーツ下(旦那)2点
  • カシミヤカーディガン(無印良品:旦那)
  • ロングスカート(アーバンリサーチ:わたし)
  • セーター(ユナイテッドアローズ:わたし)

 

旦那さんのスラックスは、基本的には自宅で洗濯して、自分でアイロンがけをしていますが、洗濯ジミが取れなくなってしまって困っているものがありました。

before(洗剤カスとホコリ?)

after(すっかりキレイでした)

クリーニングに出したお洋服は、生地が良いもの・購入価格が高かったもので、来年も着たいと思っているお洋服ばかり。

気に入ったお洋服を長持ちさせることは、お金が貯まることにも直結するので大事にしています。

 

今回の注文では、合計額が9,870円と少し高額でしたが、実際は30%オフで利用できるので全部で6,909円ととてもリーズナブルにクリーニングが出せました。

特に冬物やデリケートな素材が入るとクリーニングの値段は上がるので、試してみる価値はありますね。

ちなみにクリーニングの定番だと、ワイシャツは吊るし仕上げで290円、スーツ上は950円、スラックス(スーツ下)は650円といった料金設定になっています。

 

>>宅配クリーニング「リネット」詳細はこちら

 

宅配クリーニングで不安なのは、果たして「いくらかかるのか」が把握しずらいこと。料金シミュレーターを使おう

リネットの宅配クリーニングを使うにあたって、一番心配だったのは料金でした。

 

  • このお洋服、果たしてクリーニング代いくらなんだろう…
  • 思ったより高かったらどうしよう…

 

お金がかかることなので、思っていたより高かった!という失敗だけは防ぎたいもの。

ということで、リネットに会員登録してから、料金シミュレーターという機能を使って計算してみました。

 

ここでは、カシミヤ素材ならプラス200円や、コートの取り外し可能な裏地(ライナー)があればプラス200円など、細かく項目を選ぶことができます。

実際に自分で想定したクリーニング料金(割引前)は、8,470円でした。

結果、請求額が9,870円だったのですが、この分の誤差はどこで出たのでしょうか?

 

ファー・裏地・フードなどが付いているコートは、料金アップの可能性が高いので要注意

見積もりより料金アップしてしまったのは、こちらのコート。フードが付いていて、取り外し可能なボアの裏地が付いています。

このお洋服のクリーニング料金を見てみると以下のとおり。

  • コート/ハーフコート 1,900円
  • 全面付属ファー/ボア(フェイク) 1,000円
  • 付属ライナー 200円
  • 付属フード 0円

合計3,100円

今回クリーニングを出したお洋服の中では、いちばんの高額商品になってしまいました。

 

自分が見落としていたのは、全面付属ファー/ボア(フェイク)という項目。

裏面がフェイクファー/フェイクボアのお品物については、取り外し可否に関わらず料金を頂戴いたしますのでご了承ください。

付属ライナーというのは、取り外し可能の裏地のこと。で、その付属ライナーがボアだったために、プラス1,000円の料金がかかってしまいました

 

冬物のコートで、もう1つ気をつけなきゃいけないことがあって、それが「ファー」の存在。

実はこのお洋服、フードにファーがついていました。毛はホンモノで、たぬきになります。

なんとリネットの場合、本物のファーが少しでも入っていると、追加料金4,000円もかかってしまいます。

今回は事前にファーの注意事項について確認しておいたので、ファーをはずして送りましたが、もし見落としてしまうと高額な請求になっていまいますので注意しましょう。

 

>>宅配クリーニング「リネット」詳細はこちら

 

冬物のダウンジャケットの料金は2,850円で想定どおり。手入れすれば長く使えるのでコスパは抜群

正直なところ、ダウンジャケットがいちばんクリーニング代が高いのでは?と思っていましたが、写真のダウンジャケットは料金表どおりの2,850円でした。

このジャケットは、無印良品の福袋でゲットしたのでとってもリーズナブルでしたが、元値で買おうとすると15,000円以上はします。

とすると、来シーズンに新品を買うことを思えば、今年3,000円弱でクリーニングしておいてまた着られる!と思えばとても得した気分です。

シミ抜き加工もしてあり、とてもキレイな仕上がりでした。

 

毛玉だらけのカシミヤのカーディガンも、毛玉取り加工でキレイに。料金は980円

冬に、旦那さんが好んで着ていたカシミヤのカーディガン。

カーディガン自体は780円でクリーニングができて、素材がカシミヤでプラス200円なので、合計980円でクリーニングでした。

出来上がったカシミヤのカーディガンは、毛玉がスッキリ取れて、ふわふわの仕上がり。

自分でどうにか手洗いすることもできますが、毛玉取りまでやろうとすると結構な労力ですし、昔毛玉取り機で洋服に穴を開けてしまったことがあったので、できればプロに任せたいところ。

シーズンの最後は、クリーニングで状態をリセットするというのも大切ですね。

 

 

リネットでは取れないシミもあり。その場合はしっかりと明記されて返ってきた

シミが取れていなかった、洋服に傷がついていた、付属品がなくなった…などの問題を防ぐために、リネットでは洗う前の事前チェックというものをしているそうです。

 

今回、スカートについていた白いシミについては、シミ抜きの対象外との注意書きが入っていました。

しかし、このシミ、なんのシミでしょう?(わからない)

 

リネットの無料シミ抜きで対応できる範囲は?

  • 食用油、皮脂のシミ
  • ワインやジュースのシミ
  • タンパク質のシミ(ご飯・牛乳など)
  • 軽い程度のカビ

 

また、無料のシミ抜き対象外は、

  • 変色・脱色、色素沈着
  • 黄ばみになってしまった汗ジミ(えり、脇など)
  • ヘアカラーでついてしまったシミ

 

などが挙げられています。

また無料のシミ抜きに関しても、時間が経ってしまったものほど落ちにくいという性質がありますので、シミが気になる場合はできるだけ早めにクリーニングに出しましょう。

 

>>宅配クリーニング「リネット」詳細はこちら

 

気になるクリーニングのできあがりまでの期間は? 最短翌日。わが家が受け取りまで5日かかった理由

リネットの宅配クリーニングは、最短で翌日(東京都内23区のみ)、普通でも2日後には戻ってきます。

集荷も申し込み時に日時を指定しておけば、家までクロネコヤマトがきてくれるので、適当な箱にクリーニングしたお洋服を入れて封をして渡すだけ。

お昼ぐらいに注文して、夕方取りにきてもらうことだってできちゃいます。

また、注文時に受け取り日の指定まで行えるので、とても便利です。仕事帰りに受け取りたいということであれば、コンビニ受け渡しも可能ですよ。

 

ちなみにわが家は、今回のクリーニングが戻ってくるまで5日間かかりました。それは、ダウンジャケットが入っていたから。

他にも、パーティードレスやスキーウェアが入っていると、最短でも5日かかります。

メールで事前にお届け予定日の確認がくるので安心ですよ。

 

もし、ダウンジャケットが入っているのに、最短の受け取りで2日後に指定しちゃったら?
時間がかかるお洋服は、クリーニングされずに戻ってきます。この点を注意しましょう。

 

宅配クリーニング「リネット」はこんな人にはおすすめできない

  • クリーニングは価格重視
  • クリーニングに出すのはワイシャツぐらい
  • 家にダンボールが溜まると困る
  • 特殊なお洋服(毛皮や革、着物など)をクリーニングしたい
  • ひどいシミをどうにかして欲しい

 

リネットの最大の弱点は、対面取引ができないこと。

地域のクリーニング屋さんの良さは、「このシミどう?落ちそうかしら?」とか、「このお洋服、クリーニングにいくらぐらいかかる?…あらそんなに高いなら諦めようかしら」なんて会話をしながら、クリーニングを頼めることにあります。

その点、リネットは基本的に自分で価格を確認して状態を確認した上で発送するようになります。この点が気にならなければ、とてもおすすめですが。

 

また、ワイシャツぐらいしかクリーニングに出さないとなると、有料会員になっても普段の送料は3,000円以上出さないと無料になりません。

だとすれば、ワイシャツだけなら近所のクリーニング屋さんの方が安上がりなことは間違いありません。ここにスーツの上下やネクタイも加わるのであれば、少し違ってきますが。

クリーニングの返送は、ダンボール箱で来ますが、地味にかさばります。これが気になる方は、次回から付属の袋を使いましょう。

 


スポンサードリンク

宅配クリーニング「リネット」はこんな人におすすめ

  • セルフクリーニング、アイロンがけが苦手
  • お気に入りの洋服が汚れてしまった…
  • とにかくクリーニングに出しに行くのがめんどくさい
  • できあがってもクリーニングに取りに行くのを忘れる
  • クリーニングでもクレジットカード決済したい 
  • クリーニングを取りに行きたいのに、時間外だったりお店が休みのことが多い

 

などなど、忙しくて時間のない主婦にはとてもおすすめです。

ただ、宅配クリーニングを使ったことがない方には、不安もつきもののはず。まずは初回の送料無料+30%オフの特典を使って利用してみましょう。

月額制の有料会員も初月無料で利用できるので、使ってみて続けるかやめるか考えればOKです。(無料期間に退会すれば月額費用はかかりません。)

 

>>宅配クリーニング「リネット」詳細はこちら

 

スポンサードリンク













おすすめpickup記事と広告

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら