福袋情報

【2018】無印良品の福袋紳士Lアウター入りネタバレ!3年連続購入した感想

2018年冬の無印良品の福袋は、「福缶」以外すべてネット抽選でした。

ありがたく、「紳士Lアウター入り」が当選したので、内容のネタバレ記事をまとめます。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

なんと、無印良品の「紳士Lアウター入り」の購入は、2016年、2017年、そして2018年と3年連続。

せっかくなので、2018年の福袋のネタバレとともに、昨年までの内容と比べてみたいと思います。

 

▼【2020】無印良品福袋の抽選販売はこちら

抽選に参加してみる

 

2018年の無印良品「紳士Lアウター入り」福袋は、32,213円相当!

こちらの写真が、紳士Lアウター入りに入っていた商品。

購入金額は、5,000円です。

 

計6点の内容はこちら
  • ジャケット(12,000円)
  • カシミヤカーディガン(13,000円)
  • ハイネック長袖シャツ(1,980円)
  • 後ろから着ける柄イヤーマフ(1,980円)
  • リブワッチ帽子(2,980円)
  • ボーダー靴下(273円)

計32,213円相当でした。

 

金額だけ見れば、30,000円相当以上が入っているので、超オトクです。

ただ、わが家の旦那さんがこの中で気に入ったのは、カシミヤカーディガンと帽子のみ。

Vネックカシミヤカーディガン(黒)
再生ウール混リブワッチ(グレー)

 

メインのジャケットはダウンを期待していたため、残念な結果となりました。今回入っていたジャケットはものもよく、色もダークネイビーと比較的着る人を選ばないのでよかったのですが、趣味が合わなかったようです。

再生ウール混ジャケット ダークネイビー

 

靴下とイヤーマフです。イヤーマフは2017年も入っていました。

靴下は3足1,000円で売られている商品です。白にボーダーという色合いが、ビジネスには向かないため売れ残ったような感じですね。

後ろから着けるイヤーマフ ボーダー柄靴下

 

ハイネック長袖シャツは、作業着を着ることの多い旦那さんには重宝しそうです。ただこのハイネック長袖シャツは、2017年の福袋にも入っていました。

ハイネック長袖シャツ ダークネイビー

 

結果的に、カシミヤカーディガンと、帽子、靴下、ハイネック長袖シャツを残して、イヤーマフとジャケットは手放す予定です。

それでも十分に元が取れる内容でした。満足です!

 

2016年と2017年の無印良品紳士Lアウター入り福袋との比較

2018年の福袋と2017年の福袋はさほど変わり映えなし

はい、内容はほぼ一緒です。

違うのは、靴下がなくて手袋があることぐらいでしょうか? それと、ジャケットがキルティングのハーフコートです。

あとは全体的に色味が違うものの、イヤーマフ、ハイネック長袖シャツ、カシミヤのカーディガン、帽子あたりはまったく同じ。

ただ、2018年の福袋のカシミヤカーディガンは色が黒でよかったです。2017年はベージュで旦那さんが「いらない」と言ったのでわたしの部屋着となりました。

 

3万円以上の中身に驚愕!無印良品の紳士アウター入り福袋のネタバレと検証【2017】お正月、どんな福袋をgetしましたか? こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。 わたしは今年、抽...

 

2016年の福袋と比べると、2017年2018年は金額相当額でかなり充実

これが、2016年の紳士Lアウター入りの内容です。なぜかストールが2本入っていました。

メインのアウターは、ポケッタブルブルゾンで6,980円のもの。カシミヤカーディガンがない分、相当額は低くて15000円弱です。

ただ、この年のポケッタブルブルゾン(ダウンジャケット)は、今でも旦那さんのお気に入りなので、やはり福袋は趣味があうか合わないかに満足度が左右されます。

またこの年の前年はまだ夏福袋がなかったのでストールが入っていますが、2016年と2017年の夏は夏福袋があったので、ストールはそちらに移動したようです。

 

【紳士L】2万円相当の無印良品の夏福袋の中身は意外だった!ネタバレと感想2017年に7月7日に発売された夏福袋。夫婦で無印良品好きなこともあり、福袋も夫婦でひとつずつ注文しました。 こんにちは、凡人主婦...

 

無印良品の福袋はオトクだけど、売れ残りであることはたしか

2018年の福袋には、ディスカウントシール(○%オフなど)は貼っていませんでしたが、2017年の福袋の中身はほぼ貼ってありました。

福袋の内容は、昨シーズンかその前のシーズンの売れ残りであることは間違いありません。

なので、金額相当で考えればものすごくオトク感がありますが、色や素材などが人気のなかったものも多く含まれます。

またカシミヤカーディガンのように、定価が高いものは普段の無印良品ユーザーが買いにくいこともあって、売れ残ってしまうことも多いのかもしれませんね。

 

それでも、アウター入りの場合は、購入金額が5,000円であることを考えると、2〜3着でも着られる商品が入っていれば十分にオトクですね。

来年もわが家は挑戦します。

 

無印良品の今シーズンの処分セールも要チェック!

例年、1月の中旬ごろから無印良品では冬物の処分セールが始まります。

 

凡人主婦
凡人主婦
福袋までのオトク感はありませんが、色やデザインの指名買いが可能なので、賢いお買い物ができますよ。

 

≫今シーズンのセール会場はこちら