【おすすめ絵本】さよならさんかく、またきてしかくは親子の合言葉!

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

おすすめ絵本の紹介の記事を書いていきます。

絵本を選ぼうと思っているママやパパが、

「種類がありすぎて、何を選べばいいのかわからない!」
本棚に入れられてしまうと、背表紙しか見えないから選びづらい・・・
本の題名はわかっていても、作者順に並べられている本棚から、お目当ての本がなかなか探せない・・・
なんて、悩まないように、この記事を活用していただけたら幸いです。

スポンサードリンク

「さよならさんかく」 こぐま社

さよならさんかく (こぐまちゃんえほん)

「さよならさんかく」
作:わかやまけん
出版:こぐま社

おすすめ読み聞かせ開始月齢:6ヶ月~

この本との出会いは、図書館で「こぐまちゃんシリーズ」を探して見つけたのがはじめでした。

ぽんが「こぐまちゃんとどうぶつえん」をきっかけにこぐまちゃんシリーズを気に入っていたのもありますが、「さよならさんかく、またきてしかく」というフレーズがテンポが良く、とっても気に入ったようです。
「さよならさんかく」は、こぐまちゃんシリーズの別冊のうちの1冊になります。

内容は、連想ゲームを思わせる流れで進んでいきます。
「まるいはなーに、まるいはなーに」
「まるいはぼーる、ぼーるはあかい」
軽快なテンポで最後まで読み進められます。

わたしが思う「さよならさんかく」の絵本の一番いいところは、絵が多いことです。
例えば、「まるいはなーに」と言ったとき、絵本の文章は「ボール」と答えていますが、絵の中にはボールの他にもたくさんの「まるいもの」が描かれています。
問題の答えは、ひとつではないということがわかり、絵を見て「これはなんだろう?」と想像力も働かせられるのです。

他のこぐまちゃんシリーズと違って、見開きのどちらのページにも絵が入っています。
なんだか、お得感ありますよね。笑

指差しができるようになってくると、絵本の絵にどんどん興味を示すようになり、「これはりんごだよ」、「これはきりんだよ」と、絵本の内容以外のことも話しかけながら読むことができます。

うちのぽんは1歳すぎに出会った本ですが、早ければ早いほど読み聞かせるのにいい絵本だと思います。
言葉が出るようになったら、また違った楽しみ方ができるようになるでしょう。
ぜひ一度、実際に絵本をめくって、中身を見てみてくださいね。

**aki**

次の「おすすめ絵本」の記事はこちらからどうぞ

スポンサードリンク







あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら