スマホ重視!wordpressテーマを「STORK」に変えた理由【Simplicityより変更】

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

あまりお気付きの方は多くはないと思いますが、凡人主婦のブログの見え方をガラッと変えてみました。ワードプレスのサイトをお持ちでしたら、「テーマを変えた」と言った方が伝わると思います。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

わたしは、ブログを1年半以上続けてきて、「文章を書くことが好き」ということに気づきました。そして、もう一つ気づいたことがあるんです。それが…

CSSとかHTMLとかphpとか、そうゆうのはサッパリわからない!ということ。

「コピペでできる」というサイトからもらってきたり、超絶詳しい友人にやってもらったりして、なんとか使っていましたが、ついに限界を感じました。

書くことに専念したい!と。

そして選んだワードプレスのテーマが、WordPressテーマ「ストーク」でした。

この記事は、もうすでにワードプレスでブログを始めている人、もしくはこれから始めようと思っている人に向けて書こうと思います。

スポンサードリンク

無料テーマ「Simplicity」からなぜテーマを変更したのか?

最初に言っておきますが、「Simplicity」はとても使いやすいテーマでした。ストークに変えてからも、「Simplicity」の方が使いやすかった!と思った点はたくさんあります。

ただ、無料がゆえに、使っている方も非常に多くて。どうしても「どっかで見かけた感」が出てきてしまうのです。

そうすると、「CSSでカスタマイズすればいいじゃん!」という話になってくるんですが、残念ながらわたしには難しい。

むしろブログのデザインのカスタマイズしている時間があるなら、文章を書いていた方がいい。…でもできれば見やすいサイトを作りたい。

つまり自分には、”パッケージ商品”の方が使いやすいということに気づいたのです。

なぜ「ストーク」を選んだのか?




有料のワードプレステーマは色々あると思うんですが、ただ単に「デザインが気に入ったから」というのが理由。

同じ作者さんが作っている「ハミングバード」というテーマの方がお値段が安くて、そっちにしようか悩みましたが、「ストーク」の方がよりスマホに特化しているということだったので。

時代はスマホでしょ!

自分だって、ネットサーフィンするときはスマホですし。

各テーマ機能比較表というのを見てもらえばわかりますが、ストークにはスマホ用のウィジェットが用意されています。(ハミングバードはなし)

書くことに専念したいので、ウェジェットの操作性は重要です。ストークに決定!

10,800円でした〜。

OPENCAGE(オープンケージ)のワードプレステーマは、1購入につき1サイトのみ使うことができます。いくつもサイトを運営されている(する予定がある)場合はご注意ください。

「ストーク」にしたら改善したこといろいろ

とにかくスマホ表示が速くなった

以前は、自分のサイトをスマホで開くとき、体感的に「ちょっと遅いな」と思っていました。

それが「ストーク」にしたら速いこと!

サクサクと開くことができて、スクロールした感じもものすごく速い!体感的に感じるのだから間違いありません。

サイトカラーの設定がカスタマイザーから簡単にできる

「Simplicity」のときは「スキン」という機能があり、これを変更することでサイトのデザインを変えることができました。

でも、見出しの色やデザインで気に入ったものがない場合は、自分でCSSを操作するしかない…。

その点、「ストーク」は、カスタマイザーからほとんどの”色”を変えることが可能。見出しはもちろん、サイトのテーマカラーや、カテゴリのラベル色まで。

h2見出しも、3種類のデザインが用意されていて、それはもう、わたしみたいな人にはぴったり。

ただし、h4見出しの設定はないので、必要なら自分でCSSを書く必要があります。

豊富なショートコードが用意されている

例えば、リンクボタンとか、赤い枠の注意喚起とか、黄色い枠の補足とか。

ここ、目立つように書きたいなーとか、クリックする場所わかりやすくしたいなーなんて時に使えます。

↓使えるショートコードは公式ページで確認してね↓

ショートコードは、「Simplicity」でも豊富にありました。ただ、ストークの方がデザインがシンプルでスッキリしている感じ。この黄色い枠内の文字サイズは自動で小さめになって目立つようになったり、痒いところに手が届く感じが嬉しいです。

ちなみに冒頭の自己紹介文も、ストークのショートコードの吹き出しを使っています。

独自のブログカード機能搭載

ストークのブログカード機能は、好き嫌いが分かれるところ。

サーバー選びに失敗!これからWordPressブログ始める主婦に伝えたい3つのこと

2016.03.20

↑こんなブログカードを表示できるのですが、ちょっと使い方が特殊。

上のブログカードは、【kanren2 postid=”1960″】←このように書いています。URLではないので、記事ごとのpostの数字の入力が必要。【】は半角[]に置き換え。

ただわたしは奇跡的にパーマリンクがpostの数字だったので、URLの末尾の数字をコピペするだけなので楽チンです。読み込みもはてなブログカードより速い気がするので、わたしはストーク独自のブログカードに統一中です。

もし、数字ではないパーマリンクを使っているようなら、間違いなく使い方は厄介です。

ストークのブログカードは、外部リンクには対応していません。
「Simplicity」のブログカードはテーマ変更時どうなるの?
シンプリシティだと、記事URLを書くだけで、いい感じのサイズのブログカードが表示される機能がありました。テーマを変更しても、ワードプレス独自のブログカードが表示されるようになるので、リンク切れにはなりません。ただし、なんだか縦に長いカードなので、非常に見づらくなります。

トップページに「pickup」というスライダーメニューを作ることができる

現在、凡人主婦のサイト内の記事数は350記事ほど。

9割以上が検索での流入です。でもさ、1ページ見てもらったら、あわよくば他のページも見てもらいたいじゃないですか。

で、個人的に選んだオススメの記事をトップに表示できるという機能が付いているんです。

個別記事のタグに「pickup」と入れるだけ!

例えば、特定のカテゴリのページが増えて「まとめ記事」を作ったり、埋もれた過去記事を浮上させるのに役立ちます。

ただし、スライダーを設置することで、若干表示速度は落ちるよう。

まぁ、なんかかっこいい感じするじゃないですか。

ライターのプロフィールの表示機能

記事の下の方に行くと、ライターの紹介の欄があります。地味に欲しかったんです、このライター紹介マスが!

とはいえ、このサイトでわたし以外の人が書くということは今後ありえませんが。笑

やっぱりせっかくなら、こんな人が書いている!ということを知ってもらいたい。

機械的に作ったサイトじゃなくて、一人の人間が一生懸命書いているんだ!ということを知ってもらいたい。

そんなことをアピールするためにも、ライターの紹介欄はあった方がいいと個人的には思っています。


「Simplicity」の方が使いやすかったなぁと思うこと

ウィジェットのメニューが豊富

多分、シンプリシティの使い心地は、ウェジェットがめっちゃ充実しているのが最高なんだと思います。

スマホとPCが分かれているのはもちろんのこと、「個別ページ」や、記事中のウィジェットがあったり。

人気記事ランキングに関しても、トップページでは総合、個別ページではカテゴリごとなどの表示分けもできたり。この辺は本当に使いやすかった。

特に、ウェジェットが充実していると、初心者ほど使いやすくなるので、やはりシンプリシティは「これからワードプレスブログを始める!」という人にオススメなんだと思う。

外部リンクもブログカードが使える

シンプリシティ独自のブログカードはURLを入れるだけでいいという超楽チンな使い心地なのですが、これが外部リンクもOKというところは素晴らしいです。

例えばわたしの場合、ESSEonlineやママスタセレクトの記事も書くことがあるので、リンクを載せることがあるのですが、そんな時に本当に使いやすかったです。

ただhttps化した際に、ブログカードのリンク先が対応していないとエラーになってしまうこともあり、全体的にブログカードを外したりしていたので、リンク切れは免れました。

サポートフォーラムが充実している

シンプシティにはサポートフォーラムという掲示板のようなものがあり、いろいろな方の質問やその答えが載っています。わたし自身は、実際に質問したことはありませんでしたが、大体の悩みはここで解決することが多いです。

無料のテーマなので、使っている人も多く、質問も豊富。

しかも、随時使い方などの記事の更新もされているので、手取り足取りよくわかりやすかったです。

この辺で、ワードプレスの使い方を覚えたからこそ、ストークをスムーズに使えるようになったのかもしれません。


スポンサードリンク

結局のところ、「ストーク」はどんな人にオススメか?

残念ながら、WordPressテーマ「ストーク」はタダではありません。有料です。

10,800円です。

正直なところ、始めからお金をかけてまで有料テーマを導入するのはかなり抵抗があると思います。

なぜなら、ブログ自体続けられるかわからないし、軌道に乗るかどうかも定かではないから。

わたしの場合、ブログを始めてやっと1年半、これからも続けていくぞ!という気合のもと購入しました。最初は、ドメイン代さえケチっていたので、根は本当にケチです。

ということで、こんな人なら”いちまんえん”出す価値があるかも。

  • ブログを続けていく自信がある人
  • ある程度、ワードプレスの仕組みがわかっている人
  • デザインカスタマイズより、記事作成に特化したい人
  • でもデザインはプロっぽく見せたい人
  • CSSとかそうゆうのが得意ではない人
  • スマホから見やすいサイトを作りたい人

ただし、「ストーク」自体は、使っている方も多く、決して珍しいテーマではありません。唯一無二の自分らしいサイトを作りたい!という方は、イチからプログラムの勉強をした方がいいです。

ぜひいろいろなサイトを参考にして、自分がどんなサイトを作りたいのか、よく考えた上での検討をオススメします。

スポンサードリンク











あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら