おむつはずれのみんなの開始時期と人気の季節は?うちの子は平均から大幅遅れでも大正解だったよ!

この記事を書いている「aki」です!
1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。
本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。
どうにかしてラクできないか、常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

2014年1月生まれの長女のトイレトレーニングの話。

全然おむつ取れないし、取れる気配もないし、もう年少になって保育園の先生に任せてしまおう!とまであきらめていた長女のおむつが、晴れて取れました!

もう母、カンゲキ!

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

初めての子どもで、初めてのトイレトレーニング。

どんな風に進めればいいかわからないし、周りに急かされたり、励まされたりしながら、なんとか乗り越えました。

うちの「おむつはずれ」の親子の体験談をまとめます。

スポンサードリンク

急ぐ必要なし。季節も子どもに合わせて!うちの子は3歳の冬にトイレトレーニングを開始して約2週間で「おむつはずれ」したよ

子どもの成長は、子どもごとに違います。

うちの子はどうなのか?

遅れているんじゃないか?このままで大丈夫か?!

と不安になることも多いですが、うちの長女はたぶんおむつはずれは遅い方。

3歳を過ぎた冬の開始でしたからね。

女性向けコミュニティサイト「ウィメンズパーク」で、3~6歳の子どもがいる保護者381人を対象に行われた、トイレトレーニング(オムツはずれ)についての調査結果と比べながら振り返ります。

参考、画像引用:ベネッセの情報サイト「子育てインフォ」、PRtimes

トイトレの開始は2歳半ごろが一番多い?

世の中のママたちは、だいたい2歳半までに「トイレトレーニング」を始める場合が多いよう。

早い人では、2歳前に始めている親子も。

尊敬のまなざし。

うちはというと、全体の少数派18.6%しか割合のない、3歳以降の部類に入ります。

世の中の流れから見れば、かなりのんびりですね。

トイトレ開始の季節は「夏」が一番人気

「おむつはずれ」=トイレでする!ということなので、暖かい時期のトイレトレーニング開始がやはり人気。

比較的暑い季節である、6月~8月で約半数、4月と5月の春を合わせれば、なんと8割!

たしかに、暖かい季節にトイレトレーニングをはじめることで、こんなメリットもあります。

  • 洗濯物が乾くのが早いので、パンツが濡れても苦にならない
  • パンツが濡れてしまっても寒い思いをしなくて済む
  • 汗をかくので、おしっこの間隔が空く

えぇ、ごもっとも!

ちなみにうちは、開始時期は1月下旬。

全体の1割程度(しかも1~3月でくくられてるし)。

たぶん、季節的にもかなりの少数派ですね。

どうして2歳半の夏にトイレトレーニングを始めなかったのか?

世の中のママのアンケート結果を見れば、「2歳半の夏」にトイレトレーニングをはじめるのがベストタイミングだったはず。

なぜそうしなかったのか?

理由は2つあります。

次女の妊娠中でそれどころではなかった

長女よ、ごめん。

7月、8月と言えば、ちょうど次女の出産を控えていて、母はお腹がでかかった。

しかも里帰りもしていたので、トイレトレーニングをするという条件が整いにくかった…。

長女自信が便座に座るのを嫌がった

TOTO 幼児用補助便座 TC51

わが家のトイレトレーニングは、最初から「おまる」をすっ飛ばして、子ども用補助便座で行おうと思っていました。

さすがに最初から、トイレに設置した子ども用補助便座に座らせるのは恐怖だろうし、酷なので、新聞の上に便座のみおいてまたがらせてみたり。

妊娠中のお腹が重くなる前の6月ぐらいに、一度トイレトレーニングに挑戦した時期が。

でもうちの長女は2歳半のタイミングで、どうしても便座にまたがろうとしなかった。

あまり無理強いしても、なおさら拒否反応をしめすだけで逆効果なので、いさぎよく中断。

3歳の誕生日を迎えた時点でトイトレ本格始動

1月の寒い時期真っ只中に生まれた長女も、晴れて3歳に。

自分で指を立てて、「3歳」としっかりお話もできるようになりました。

アンパンマンやキティちゃんなど、好きなキャラクターもしっかり定まったところで、まずはトレーニングパンツを調達。

ここから、長女の「おむつはずれ」に効果的だったことです。

大好きなキャラクターのかわいいパンツを5枚準備

トイレトレーニングパンツは、キャラクターのかわいいデザインも多いので、とりあえず王道のアンパンマンとキティちゃんを準備。

2枚入りと、3枚入りの計5枚を準備。

「おけつにかわいいアンパンマン付いてるね!」

「ピンクのキティちゃん、かわいいね!似合ってるよ~」

と、とにかくおだてて、その気にさせる作戦。

ただし、何層ものパットが敷かれているトイトレパンツを履いていても、おしっこはダダモレに変わりはなく…

しかも厚い生地のトレパンは、洗濯の乾きがめちゃくちゃ遅い!

今思えば、最初から普通のパンツでもよかった気がします。

シール効果は絶大だった

2枚入りのアンパンマンのトレパンに同封されていた、シールの台紙とアンパンマンシール。

子どもはシール貼るのが好きなんだ!

シールが貼りたいばかりに、トイレに行く。出なくても、便器にまたがる。

シールのおかげでそんな好循環が生まれました。

最初は甘く、「トイレにまたがれたからシール1枚貼っていいよ!」と始め、

3日目には、またがっても出なかったら、シール貼らないどこうね!とステップアップ。

うちの子は、シールのために必死で動いてくれました。

始めは30分おきに声をかけてトイレに連れていく

最初からトイレでできるはずはないので、かわいそうですが、時間を決めてトイレに連れて行きました。

約30分おき。

たぶん長女には「しつこい!」と思われたでしょうが、3歳にもなれば誘いに対して自分で受け答えするようになってきます。

「まだ、出ない。」

「おしっこ、出そう。」

「でちゃった。」

その感覚がわかれば良し!

できなかったときは、様子を見て叱る

子どもの性格にもよりますが、うちは失敗したときはなるべく叱るようにしました。

「どうして教えてくれなかったの?」

「何かに夢中になってたの?」

「おまた冷たくなって気持ち悪くないの?」

ケロッとしてる時ほど、「どうして?」ということを聞くようにしました。
(やっちゃった…というときは、逆に叱らない。)

その代わり、切り替えはスッパリ。

「またパンツ洗っておくから、ズボンと一緒に新しいのえらぼ~♪」と、リセットをかけます。

母は、夜にセスキ炭酸ソーダで洗濯して、部屋干ししたのを長女に見せ、「これで明日も履けるから大丈夫だよ~」と伝えながら対処しました。

結局2週間程度でおむつはずれに成功

ついに長女にも、おむつはずれの時期が訪れます。

約2週間で、「おちっこ、おちっこ~♪」と自分でトイレに行って、ズボンとパンツをおろしてできるようになってしまいました。

うんちも!

しかも、お昼寝も夜の睡眠時にももう完璧。

ちなみにアンケートでは、全体の約15%程度の親子が「1か月未満でおむつが外れた」と答えています。


スポンサードリンク

トイレトレーニングは早く始めなくたっていい!子どもの成長に合わせて始めればお互いにストレスも少ない

結局何が言いたいかというと、世間の平均にとらわれることなく、自分の子どものペースでトイトレを始めて全然問題ないということ。

うちの子は、他の子と比べておむつはずれが遅いかもしれない…

年少さんになるのにおむつはずれてなくてどうしよう…

もう何か月もトイトレしてるのに、全然おむつはずれの気配がない…

おむつをしているときは、そんな悩みが尽きなくて、出口が見えない悩みに陥りがち。

でも、必ずその子にとっておむつはずれのベストタイミングがあるはずなんです。

きっかけは親や周りの人が作ってあげる必要がありますが、周りと比べる必要はないと思います。

と言いながら、アンケート結果載せてゴメンナサイ。

以上、体験談でした。

**aki**

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら