白樺リゾート池の平のキッズ向けスノーランドが楽しい!2歳以下無料でお得に遊べる!

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

長野の冬は、雪遊びが欠かせません。
地元の人も、旅行の人も、ウィンターシーズンに長野に来たら、何かしらウィンタースポーツを楽しむ機会も多いでしょう!

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

小さい子連れでスキー場に行くとなると、気になるのが「キッズパーク」の有無。

そり遊びでリフトに乗るわけにもいきませんし、ビュンビュン滑るスキーヤーやスノーボーダーの横で小さい子どもを遊ばせるわけにはいきません。

ということで、わが家は白樺リゾートにある「池の平スノーパーク」の「ポタスノーランド」に出かけてきました。

安全だし、そり以外に遊ぶところもあって超おすすめです!

スポンサードリンク

動く歩道完備で長い時間あそべる!安心・安全のポタスノーランドの体験レポート

うちの長女は、午前9時半ぐらいにポタスノーランドにインして、13時半ぐらいまでみっちり遊びました。

たぶん、そり遊びだけじゃそんなに時間がもたなかった!

もうすぐ3歳児がそんなに喜んでくれた、ポタスノーランドの魅力をお伝えします。

うごく歩道あり!広いソリ遊び広場

せっかくそり遊びの場所があっても、子どもの足で坂を登り続けるのは大変!

疲れればダダをこねますし、いっしょに付き添う保護者もヘトヘトになってしまいます。

その点、ポタスノーランドには、「スノーエスカレーター」という動く歩道があって楽チン!

ベルトコンベアーに乗っていれば、そり遊びひろばの頂上に到着します。

またソリ遊び広場には、普通のゲレンデとの間に柵もあるので、スキーヤーとぶつかる心配もありません。安心して遊べます。

すべることができる距離も長く、ちょっとしたお山もあるので、それなりにスピードも出て、パパとすべっていた長女は超楽しそうでした。

ソリに疲れたら雪遊びも!

ソリ広場の下に柵があり、雪遊びできる広場があります。

わが家が出かけた12月下旬は、人工雪。それでも十分にあそべるスペースが確保されていました。

さすがに人工雪なので、かまくらをつくるほどの雪はないものの、雪だるまをつくって遊ぶ子どもたちがたくさん。

1月、2月の天然の雪が降り積もるシーズンなら、もっと広い範囲で、もっと大きい雪だるまをつくることができるようになるでしょう。

子どもが大好き「ふわふわバルーン」

ポタスノーランドの入口付近に鎮座している、池の平リゾートのゆるキャラ”ポタ”が乗った、ふわふわバルーン。

土足OKで、スキーウェアーのまま遊ぶことが可能です。

中にはすべり台や、障害物のポールなどが立っていて、長女はその日初めて会ったお友だちとワイワイきゃーきゃー遊んでいました。

場所からして、ソリ遊びをする前に吸い寄せられるので注意が必要です!(笑)

かわいい動物もいるよ!

ポタのふわふわバルーンの階段上にある一面分のテニスコート。

ここにはかわいい動物たちがいます。

野性系キツネ、うさぎ、モルモット、トナカイ、ひつじ、やぎ、ポニー。

なぜか、アザラシもいます。

雪が降れば犬ぞり体験ができるので、ハスキー犬も2頭いました。
ちなみに有料ですが、ポニーに乗馬もできます。

うちの長女は、1カップ100円のエサやり体験を3回もやりました。

そんな楽しみ方もありです。

入場料はなんと2歳以下無料!

ポタスノーランドの入場料金は、大人も子どもも共通で、

1人500円!

そりをしてもしなくても、1人500円かかります。

しかしながら、2歳以下は無料!

わが家の場合、2歳児長女と0歳児次女とパパママの4人で出かけたので、かかった料金は大人2人分で済みました。

しかも池の平ホテルに宿泊したので、1人400円に値引きされたので格安に。

800円でみっちり半日以上あそべて、超お得でした!

ゆっくり遊びたいなら、池の平ホテルに宿泊しながら出かけるのがおすすめです。

池の平ホテルでの宿泊予約は、ポイントが貯めて使える「楽天トラベル」がおすすめ!楽天トラベルで宿泊プランを確認する

雪遊びの際のオススメの持ち物

  • スキーウェヤー
  • スノーブーツ
  • 防水てぶくろ
  • 帽子
  • 着替え(特に足元が濡れます。靴も履き替えられるようにしてね)
  • そり

スキーウェアはレンタルも可能ですが、けっこう高いです。

1シーズン2回以上出かけるなら、買ってもいいかもしれません。
ウェアについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

初めての雪遊び&そり!子供のスキーウェアの購入で悩んだら参考にしたいポイント!

ソリについても、レンタルは可能。
普通のソリのレンタルは、1日300円と比較的リーズナブルです。
が、ソリ自体も安いものなので、出かける回数にもよりますが、買ってしまってもいいかも。

食事については注意が必要

もし午前と午後をまたぐ場合、お食事が必要になりますよね。

そんなときは、池の平ホテルに出かけるようになります。

スノーランドを出て徒歩5分程度かかるのと、わりと混むのを覚えておいてくださいね!

池の平スノーパークの公式ホームページでポタスノーランドの詳細を確認する


スポンサードリンク

アクセスと営業時間の詳細

ポタスノーランドの営業時間

  • 営業期間 2016年12月23日(金)~2017年4月2日(日)
  • 営業時間 9:00~16:00(動物広場は10:00から)

アクセス

〒384-2309 長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野1596

ちなみに、車で出かける場合には無料駐車場があります。

宿泊を兼ねる場合は、新宿や名古屋からの送迎バス付きプランもありますよ!

小さい子どもがいて、雪遊びをさせたいなら、池の平リゾートのポタスノーランドは、間違いなくおすすめスポットです。

お子さんをみっちりあそばせあげてみてはいかがでしょう?
きっと喜んでくれますよ!

**aki**

スポンサードリンク











おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら