年賀状注文はラクポでお早めに!2年連続注文でクーポンも使用できて更にオトク!

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

やらなきゃとずっと思っていた年賀状。
もう用意していますか?

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

気づけば12月、そろそろ新年の挨拶の年賀状準備を始めなければなりません。

ということで、今年も写真年賀状をネット注文しました。

スポンサードリンク

年賀状印刷のラクポに2年連続注文!クーポンも使えて価格と仕上がりに大満足

img_5552

去年(といいうか今年?)の年賀状は、ラクポ(Rakpo)に注文しました。

今年の年賀状印刷はどこにしようか悩みましたが、めんどくさかったので去年と同じラクポに注文することに決めました。

早い方が安くて得!写真年賀状はネットで簡単に注文しよう!【ラクポ】

結果的に、今年の年賀状の仕上がりも値段も大満足!

その理由をまとめます。

メルマガクーポンで300円引き

去年は初めてだったので、とくにクーポンは使えず…

「クーポンって何なんだろうな?」と思って調べましたがわからず、泣く泣くスルーしました。

そうしたら今年11月ごろになって、ラクポから年賀状印刷のメルマガが届きます。

そこに記されていたクーポンコード。

これを注文画面に入れると、購入金額に関わらず300円引きになります。

ありがたや!

メルマガ会員の特権です。

送料無料、はがき代47円!




他の年賀状印刷のサイトも眺めてみましたが、せっかくプリント代金が安く抑えられても、送料がかかるところも多数。

送料がかかっても、枚数を多く注文すれば、1枚あたりの金額は安くなりますが、わが家は40枚程度の予定だったので微妙なところ。

ラクポの場合、送料無料ではがき代が1枚47円計算なのでお得です。
(ちなみに、「ディズニーキャラクター 年賀」「ハローキティ 年賀」も選べますが、通常のお年玉付き年賀はがきと違い、1枚52円です。)

わが家は、40枚で4,480円(クーポンで300円引き後)。
1枚あたり112円です。

先日、おつかいでお義母さんの年賀はがき(すでに印刷されたもの)を買いに行きましたが、郵便局で購入して5枚で470円でした。
これだと1枚94円ですから、プラス18円出して、写真と住所・名前と挨拶文が入ることを考えれば、やっぱりお得です。

注文枚数と、注文時期によって1枚あたりのお値段が変わりますので、公式ページでご確認ください!

>>価格一覧表をチェック

10枚単位での印刷しかできませんので、ご注意です。

スマホで簡単プリント注文

img_5548

今年はスマホでデザインを選んで、スマホですべて注文を完結させてみました。

ほんとうにラクチン!

専用アプリをダウンロードする必要もなく、ブラウザから好きなデザインを決めて注文に移ります。

住所、連名の氏名、挨拶文等を入れて…

img_5549

今年は次女が生まれたので、挨拶文も「新しい命がくわわりました」的なものにしてみました。
挨拶文は自由に入力が可能。
もちろん、例文からひっぱってきてもOKです。

スマホ注文のデメリット

img_5551

ラクポの注文画面は、スマホの入力でもサクサク動き、とっても便利。

しかしながら唯一のデメリットが、写真の位置の調整が難しいこと!

拡大・縮小、上下・左右への写真の移動はできますが、細かな調整ができません。

「あ、寄りすぎた…」、「あ、はみ出した…」なんて感じで、すこし苦戦しました。

結局、旦那さんの頭が見出しの文字に少しかかってしまったところで折り合いをつけて、確定。
細かな微調整が必要な場合は、最初からパソコンでの注文をおススメします。

とにかく早く届く!

img_5553

注文を出したのが夜だったのですが、なんと24時までの注文で翌日発送。
ということで、うちの場合翌々日には到着しました。

佐川急便の配達です。

ちゃんと箱入りの梱包で、シールのおまけも。

購入者限定の写真入り卓上カレンダーの案内もついていました。
”プレゼント”と書いてあるので無料なはず!
申し込んで、ジジババにプレゼントしようと思います。

「これから急いで年賀状を注文したい!はやく手元にほしい!」という方には、とにかく早いのでオススメ。

安い業務用レーザー印刷で十分!

よく写真年賀状だと、写真紙をはがきに貼り合わせている「銀塩プリント」というののイメージが強いかもしれません。

ラクポの年賀状は、業務用レーザープリントと、銀塩プリントの2種類から選択可能ですが…

正直、安いほうで十分です。

家庭用のプリンターで印刷することを思えば、はるかにきれいですし、年賀状をもらった人は顔が見えればそれでいいんですから。

結婚の挨拶など、「とにかくきれいな写真を送りたい!」という場合をのぞき、普段の年賀状なら業務用レーザープリントをおすすめします。

家庭用のプリンタで印刷する手間やトラブル、インク代を考えれば、コスパ最高です。

プリンタから白紙が出てくる!そんなときはインクを疑って!

ちなみに宛名は自分で準備します。


スポンサードリンク

年賀状の準備はお早めに!

年賀状が2017年の元旦に届くようにするには、12月15日~12月25日までのあいだに出すのが確実。

しかも2017年からは、1月2日の年賀状配達は中止です。

元旦に届かなければ、必然と3日の配達になってしまうのです。

ラクポ(Rakpo)での注文も、早いほうが安くてオトク!
わたしは50%オフでしたが、もっと早ければもっと割引率が高かったので…

50%オフも期間限定なので、ぜひ早めの準備がおすすめです。




**aki**

スポンサードリンク











おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら