大改良のマミーポコは横モレしにくく快適に!安いので保育園用にも【2018】

1986年生まれ2児の母。どこにでもいる普通の主婦。長野の”ど田舎”在住。本当はズボラで、そうじ・家事は苦手。どうにかしてラクできないか常に模索中。
詳しいプロフィールはこちら

「マミーポコって、他のオムツと比べると安いけどどうなの?」

「吸収力はちゃんとあるの?横モレしないの?」

オムツがはずれる前の赤ちゃんや子どもがいると、オムツは毎日使うものなので、できる限り出費を安く抑えたいという気持ちがあります。

一方で、「横モレしたら洗濯増えるし大変だなぁ。」「安いオムツをつけて、かぶれたら怖いなぁ。」と心配しているパパやママの気持ちもわかります。

 

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

わたしは娘が2人います。2人とも、新生児からテープタイプのSサイズまでは「パンパース」を、テープのMサイズにサイズアップするときからは「マミーポコ」を愛用しています。(長女はオムツ卒業しました。)

なぜマミーポコを使っているかというと、コスパがいちばん良いオムツだから。

 

でも実のところ、2014年1月生まれの長女の子育てのときは、マミーポコは「安っぽい」というイメージがありました。

改良前のマミーポコは、手触りがゴワゴワしていたし、ギャザーの伸びも良くない。吸収力も不安で、ときに横モレしてしまうこともありました。

 

しかしながら、マミーポコは2016年の夏に大改良が行なわれました。

結果的に、2016年8月生まれの次女の子育てでは、マミーポコのおかげで、経済的かつ横モレもなく快適に過ごすことができています。

わが家では、次女を未満児で保育園に預けますが、保育園に持たせるオムツも迷うことなく「マミーポコ」と決めています。

この記事では、まだマミーポコを使ったことのないママと赤ちゃんに向けて、マミーポコの改良点と使い心地の感想をまとめます。

 

補足

なお、記事で紹介しているのは「パンツL」についてです。他のサイズについても、使い心地は同じです。

テープタイプについては、マミーポコではSサイズのラインナップがありません。

テープはMサイズからですが、昔はついていなかった「おしっこのお知らせサイン」がつくようになりましたよ!

 

スポンサードリンク

改良されたマミーポコの主なポイント

  • さらさらたっぷり吸収体で最大12時間吸収に(以前は10時間)
  • さらさらエア通気シートで、ムレにくい
  • 腰回りに「さらさらベルト」採用。良く伸びる素材でお腹がキツくない
  • 足回りに「サポートギャザー」搭載。よりフィットするので横漏れしにくい
  • うんちなどを替えるときに破りやすい設計

 

触ってみるとわかるんですが、ふわふわした素材になりました。

たしかに、他のパンパースやムーニー、GENKIなどについてはもっとふわふわなんですが、マミーポコのふわふわ感で十分な感じです。

「12時間吸収」になってうれしかったのは、朝起きたときに横もれすることがほぼなくなったことです。

以前の「10時間吸収」のタイプのマミーポコを長女に使っていたときは、朝横もれしてしまっていることが良くありましたが、次女にはまったくありません。

 

それでは詳しく感想を書いていきます。

 

いちばん心配な点の横モレについて。横漏れ防止のギャザーが大改良されて、足にフィットするように

現在売られているマミーポコは、独自の丸いギャザーで足の隙間を極力減らす改良がされています。

昔の製品と比べてみると、下側のギャザーが内側に包み込むような構造になっています。

左が旧製品、右が新製品

 

赤ちゃんの体型にもよると思いますが、改良後のマミーポコを使うようになってから、横モレすることはほぼなくなりました。

横モレするとすれば、たまに水分を取りすぎておしっこがいっぱい出てしまったときぐらいです。

 

横モレしてしまう場合は、ギャザーを立てているかチェック

改良されたギャザーでも、横モレしてしまう赤ちゃんもいると思います。そんなときは、ギャザーがしっかり「起きているか」確認してみてください。

ギャザーが寝てしまっていると、受け止められるものも受け止められません。

もしそれでも横モレしてしまうようなら、オムツと赤ちゃんの体型の相性が悪いのかもしれません。そんなときは、他のメーカーのオムツを試してみてくださいね。

 

吸収体が変わって吸収力アップ!エア通気シートは、オムツがえをして床に置いたときに力を実感

吸水ポリマーが進化したとのことですが、こちらは正直目視ではわかりません。w

ただ、おしっこを吸収してオムツが「ボテッ」と重くなっても、染み出すということがないことを考えれば、吸収力は抜群。

通気シートについては、オムツがえをして、フローリングの床に使用済みオムツを置いておいたら、床が湿ってました。

オムツの中の湿気が、しっかり外に出ていることがわかります。

 

ということで、オムツがえをしたら、すみやかにオムツ用のゴミ箱に捨てましょう!

 

手触りフワフワ!柔らかさは以前とまったく違う。

おしっこを吸収する部分はもちろんなんですが、腰回りのギャザーがめちゃくちゃ柔らかいです。

ギャザーは伸びが良くて、幼児体型の赤ちゃんのお腹も全然キツい様子はなくて着用できます。お肌にあたっても、痒くならないような、優しい生地になりました。

ほどよいフィット感なので、少しゆるいうんちが出ても、背中でギリギリとまります。

 

うんち処理の脇破りがしやすくストレスフリーに

従来のマミーポコだと、脇の部分を裂くのに結構力がいりましたし、うまく裂けないことがありました。

脇破りのしやすさに関しては、同じユニチャームのムーニーと比べると、正直”雲泥の差”ぐらいありました。

それがとっても簡単に裂けるように。しかも、まっすぐキレイに!

おしっこだけのときはスルッと脱がせばいいですが、うんちの時は脇破りは必須です。

バタバタ動く子供相手なので、この脇破りのしやすさの改良はとってもうれしい点ですね。

 

お名前を書く場所が残念!本当は背中側がベスト

マミーポコを購入するにあたって、近所のドラッグストアで買ったり、ネットで注文したりするのですが、なぜかお名前を書く位置がいろいろです。

 

背中側にお名前欄があるもの

 

お腹側にお名前欄があるもの

 

まぁお名前を書かないで使う場合はどっちでもいいのですが、保育園に持たせるとすると、背中側にお名前を書いた方が親切です。

なぜなら、使用済みオムツを丸めたときに、お腹側に名前を書いてしまうとだれのものかわからなくなってしまうから。

小さいことですが、知っておくと、保育士さんにも優しいですよ。

 

 

使ってみるとわかりますが、マミーポコは普通に良いオムツです。一回慣れてしまえば、ここから他のオムツに変えようという気はまったく起きません。

 

マミーポコ「パンツL」の相場は、1枚あたり平均20円程度!パンパース・ムーニー・メリーズ・GENKIなどと比べると、2〜3割も安い

値段で考えると、マミーポコのおトク感が実感できます。

パンツLタイプで売れ筋というと、パンパースとメリーズあたり(他にもGENKIやGOON、ムーニーなどありますが)、値段が近いところで比べてみるとこんな感じ。

 

パンパースは1枚あたり25円程度(参考価格:Amazon)

 

メリーズは1枚あたり28円程度(参考価格:Amazon)

 

マミーポコは1枚あたり20円程度(参考価格:Amazon)

 

近所のドラッグストアで購入した場合も、価格差は似たようなものです。例えてみれば、パンパース4枚使うのとマミーポコ5枚使うのとでコスパが同じということ。

この辺は、お肌に合う合わない、体型に合う合わない、パパママの方針なども絡んできて一概には言えません。

が、わたしはガシガシ使えるマミーポコで、より多く新しいオムツにかえてあげた方がいいかなぁと思います。

 


スポンサードリンク

マミーポコをより安く買うならAmazonファミリー!Lサイズ1枚17円程度で買える。LOHACOもたまに安売りするよ!

近所のドラッグストアなどの安売りを狙ってもいいんですが、

  • いつ安売りになるかわからない
  • ポイントアップの日に行けないと損な気がする
  • オムツは軽いけどかさばるので運ぶのが大変

 

↑これ、まさにわたしの悩みだったんですが、ネットで安く注文できればこれらの悩みすべてが解決します。

 

現状、いちばん安くマミーポコ(その他オムツを含め)購入できるのは、Amazonファミリーに入会して「定期おトク便」で購入する方法が確実です。(定期おトク便は任意のタイミングで解約可能)

Amazonファミリーに入会するには、Amazonプライム会員になる必要があります。(年額3,900円)

 

わたしも最初、有料会員には抵抗があったんですが、オムツ15%オフ以外にも、

  • プライムミュージック(100万曲聴き放題)
  • 映画やアニメなど見放題
  • お急ぎ便無料
  • 通常配送料無料
  • 雑誌読み放題サービス

など、普段から使えるサービスがそろっています。

30日間無料お試しができるので、気になる方は使ってみるといいですよ。

 

いずれにしても、未満児で保育園に預けるとなると、大量のオムツが必要になるので、定期おトク便で安く配送してもらえるなら、それに越したことはないと考えて利用しています。

 

▼Amazonファミリーのオムツの値段を確認するならこちら

 

任意のタイミングで購入したいなら、LOHACOも要チェック

 

もしAmazonファミリーを使わないで買うのであれば、AmazonもLOHACOもあまり値段が変わりません。

LOHACOなら、1900円以上で配送無料になるのと、Tポイントが貯まりやすいのでおすすめです。

まだLOHACOを利用したことのない方には、300円引きクーポンを配布しているので、あわせて使うのがおすすめ。

たまに、アウトレット価格で安売りすることがあって、1枚あたり16.9円で購入できたことがありました。(不定期なので、今後やるかはわかりません。)

 

Yahoo! JAPANカードでの決済で、さらにザクザクポイントがたまるので、あわせて検討してみましょう。

 

 

より快適に、使いやすくなったマミーポコ。

お肌に合うかどうか、体型に合うかどうかはお子さん次第ではありますが、安くても確実に良いと言えるオムツです。

ぜひ使ってみてくださいね。

スポンサードリンク













おすすめpickup記事と広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

長野県の北の方に在住の2児の母。大学卒業後の新卒で勤めた金融機関を5年で退社。専業主婦のかたわら、ブログ運営、ライターに励むフリーランス。 このサイトでは、自分の生活で気になったこと、役立ったこと、悩んだことなどを、思いついたままに書いています。

詳しいプロフィールはこちら