早い方が安くて得!写真年賀状はネットで簡単に注文しよう!【ラクポ】

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

昨日は久しぶりに、超田舎(限界集落)に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんに会いに行ってきました。
わたしのauのiPhoneは残念ながら圏外でした。(それぐらい山!)
長女から見れば、ひいじい、ひいばあです。

夫婦でお山の畑を耕しているせいか、頭もしっかりしていて、足腰も丈夫!
もう88歳(米寿)にもなりますが、まだまだ元気そうでした。
もうすぐ長野県といえば!の野沢菜漬けの季節。
おばあちゃんが元気なうちに、しっかり覚えられるように、教わってきます。

さて、本日は年賀状のお話です。

スポンサーリンク

年賀状は早めにプリントして、出費を抑えよう!

年賀状って、手間もかかるし、お金もかかる!でも、出さなきゃいけないんですよね・・・
しかもはがきが、52円に値上がりしてしまったし・・・

年賀状出していますか?

わたしが働いていた会社は、年賀状は「禁止」でした。
もちろん、個人的にお世話になっている上司に出したりしたって怒られるわけではないのですが、職場の仲間が多すぎて片っ端からだしているとキリがなくなってしまうのです。
ですので、「転勤の挨拶状」なんかもすべて省略でした。
そのせいもあり、わたしはと言うと、年賀状については結婚するまではまったく出していない状況でした。

一方旦那さんはと言うと・・・
旦那さんのお勤めの会社は、従業員数が50人に満たない、比較的小さい会社です。
転勤などもありませんので、社員すべてが、「顔見知り」という環境です。
そんなところでは、もちろん年賀状は、「必須事項」なんです。

ですので、旦那さんは結婚する前から、毎年50人~60人ほどに年賀状を出し続けて、今に至ります。

家族がいると写真付き年賀状を作成したくなる!

年賀状って、いろいろなデザインがあって迷いますよね。
ポップなもの、シンプルなもの、フォーマルなものなど様々です。
中でも一番の選択肢は、「写真なし」にするか、「写真あり」にするかです。

独身のときは、即決で「写真なし」でした。

現在はと言うと、もちろん「写真あり」です。
その境目は、結婚式でした。
「結婚しました!」という報告から始まって、次の年は「子供が生まれました!」になったりしていきますよね。
もらう側としても、なかなか会えない遠方の友人などの家族の写真を見れるとうれしいです。
また、会社の同僚は毎日顔を合わせていても、奥様や子供などはなかなかお会いする機会がありませんので、年賀状で成長の様子を見れるのも楽しみの一つでもあります。

もちろん、写真が全てではありません。
年賀状に、ちゃんと自分の言葉で「ひとこと」添えれば、十分だとも思います。
でも、ただ定型文が印刷されただけの年賀状なら、正直「必要ない」と思うんですよね。

写真を載せることで近況報告にもなるし、余白がたくさんの寂しい年賀状になるのを避けられますし、余白にメッセージを添えて送れば、「気持ち」を伝えることもできると思うのです。

ということで、結婚を境に、写真付き年賀状を毎年作成しています。

2016年の注文は「Rakpo(ラクポ)」で注文してみました!

毎年、どこで年賀状の印刷の注文を出そうか悩むんですよね。
ちなみに、以前にはスマホアプリでデザインして、印刷に出したこともありました。
(今年もスマホで年賀状印刷を考えましたが、とあるサイトのアプリをダウンロードしたら、何度か落ちてしまい、途中ヤダくなってやめました。)

ちなみに去年は、旦那さんが1から自分でデザインしたのものを、プリントに出しました。
だいたい、1枚の単価がはがき代込みで、100円ぐらいかかっちゃうんですよね。
(うちの場合、年賀状の宛名は自分のうちのプリンタで印刷します。)

そこで見つけたのが、「ラクポ」という、年賀状印刷専門のホームページです。



こちらは、はがき代47円、早期割引あり、全国送料無料というところで、目をつけました。
(下の画像をクリックすると、価格表に飛びます。注文枚数によっても変わりますので、確認してみてください。)

意外と印刷料金が安く済んでも、送料が有料だとさほど変わらない・・・とかあるんですよね。

このサイトは、そんな心配がなく、実際の請求も価格表通りでしたので、その点はとてもわかりやすかったです。
しかも、テンプレートも多く、選択肢が豊富で助かりました。

なぜか、熊本県の「くまモン」、群馬県の「ぐんまちゃん」、栃木県佐野市の「さのまる」、埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」、愛媛県の「みきゃん」については、ゆるキャラのデザイン年賀状が用意されています。
(追加料金はなしです。)
こちらの出身の方、お住まいの方ならぜひ使用をおすすめします!

残念ながら、長野県の「あるクマ」はありませんでした~。
あれば絶対使ったのに!

注文の流れ

今日、実際にこのサイトで年賀状の注文をしましたので、一応手順を載せておきます。
別に、載せなくてもいいぐらい簡単にできました。
基本的には、順番に従って、選択・入力すればできます。

使う写真だけ、決めておいてくださいね!
テンプレートによっては、2枚、3枚と入れられるものもあります。

※注意するところだけ、画像で説明しておきます。

手順1 写真フレームを選ぶ

まず、写真フレーム一覧を見てみてください。

もしこのサイトに、希望のテンプレートがなければ、他のサイトを探してください。
わたしは、他のサイトも見ましたがいいのものがなく、こちらのサイトで気に入ったものがあったので、こちらで注文しました。
写真のサイズ等との兼ね合いもありますので、実際に写真をはめてみるといいですよ!

手順2 レイアウト画面への入口

気に入ったものがあったら、クリックしますと、画像のようなページになります。
(こちらはリンクは貼っていません。ただの画像です。)

年賀状2

安い方のプリントだと、業務用レーザー印刷の「フチあり」になります。
もしフチなしの、綺麗なプリントが希望でしたら、「フチなし」のクオリティー印刷を選択してください。
フチなしの方が、値段が上がります。
わたしは、「フチあり」にしました。
安さ重視で!

文例は、後からでも変えられるので、このままで大丈夫です。

画像内の赤丸の「かんたん編集で注文」をクリックします。

手順3 文面・差出人・写真の挿入

こちらのページに入ったら、必要事項を記入していきます。
ここで、文例の部分の文面も自由に変えられます。

入力内容は、画像内赤丸の「入力した内容を反映する」をクリックすると、左側の年賀状の見本画面が切り替わります。

年賀状3

記入内容に間違いがないことを確認したら、「レイアウト調整(写真の挿入)」に進みます。
必ず、この順番で進めてくださいね!
(一度、写真を挿入してしまうと、入力画面には戻れません。戻ろうとすると、写真の情報は消えてしまいます。)

写真が2枚以上ある場合は、写真挿入のページの左上のアイコンで重なりの調整もできます。

手順4 最終確認と枚数の指定

画像挿入後、右下のアイコンで内容の確定を行うと、こちらの画面になります。
ここで、枚数を指定し、確定してしまうと、デザインも確定になってしまいますので、よくご自分の年賀状を確認してください。

誤字・脱字、画像の様子など、しっかりチェックです。

年賀状5

枚数の指定をすると、お値段が表示されます。

わたしの場合は、早割が適用されて、7315円でした。
1枚あたり91円ほどです。
写真付きで、100円をきったので、まぁまぁ合格です。

手順5 カートに入れて購入手続き

デザイン、値段、ともに納得のいく結果になりましたら、購入の手続きに進みます。
ここは画面の進むがままに記入していけば、大丈夫かと思います。
決済は、基本的には先払いですので、わたしはクレジットカード決済を選択しました。

これで完了になります。

納期について

フチあり印刷か、フチなし印刷かで納期が変わります。
フチありの方が早いです。
わたしは金曜の14時までに注文しましたので、水曜日にお届け予定になります。


詳しくは、ラクポのHPで確認してくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

本日(11月13日)、注文しましたので、到着はまだですが、どんなものがくるのかとっても楽しみです。
11月23日までの注文は、55%OFFなので、まだこの週末の注文なら間に合いますよ!

ラクポの場合、お届けの日数もあまりかからないので、うっかり年賀状の注文し忘れていても、急いで作れますね。

また、実物が届いたらアップします。

※11月19日追記※

注文予定表通り、金曜に注文して水曜日には無事到着しました。

ラクポ 梱包

梱包もしっかりしてくれてありました。

年賀状 ラクポ 実物

おまけのシールが入っていました。

年賀状の材質は、インクジェット紙ではなく、再生紙でした。
再生紙ではありますが、写真は発色よく印刷されています。
もし余白と紙質が気になるようでしたら、少し高くても「銀塩クオリティー印刷」での注文をおすすめします。

ラクポは会員登録もしないでよくて気軽に、そして誰でも簡単に年賀状が作成できます。
写真付き年賀状以外にも、イラストのもの、喪中はがきなども用意されていますので、一度覗いて見てみてくださいね!



届いたら、旦那さんの分まで宛名印刷をがんばります!

**aki**