お気に入りの服の持ちに差をつける!シワになりにくいお洋服のたたみ方(トップス編)

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

最近、突然寒くなってきて、長袖を着るようになりました。
バセドウ病全盛期のわたしは、この時期はまだ暑かったような気もします。笑

本日は、タンスやクローゼットをすっきりさせる方法、長期保存するお洋服をシワをつかせにくくする方法の前段階、
「お洋服のたたみ方」
について、書きたいと思います。

スポンサーリンク

簡単!キレイ!シワになりにくいお洋服のたたみ方

お洋服、どうやってたたんでいますか?

よく、お洋服を買いに行くとやってあるお洋服のたたみ方を想像できますか?
サイドの部分を後ろに折って、服の首から胸元の部分をキレイに見せるやつです。

あれをやりたいのは山々なんですが、めんどくさいんです。
しかも、何度か洗ったお洋服は、のりも取れているので、あんなにパリッとはたためないわけです。
(ただ、わたしのスキルが足りないかもしれません。笑)

またすぐに着る服であれば、裏技で有名な、Tシャツを一瞬でたためる方法を試してみるのもいいかもしれません。

超便利!2秒でTシャツを簡単にたたむ裏ワザ

しかし今回のわたしの課題は、「シワになりにくいこと」、「衣替えにより長期保存にも向くこと」なのです。
つまり、お洋服をちょっと丁寧にたたんであげたいなと思っているわけです。

結構、折ジワも気になりますものね。

わたしがやっているお洋服のたたみ方(実践編)

さて、ここからは、実際にわたしがやっているお洋服のたたみ方をご紹介します。
最初に言っておきますが、Tシャツから、セーター、ジップアップ系の上着まで、たためるものについては、うちの場合ほとんどこの方法です。
ただし、ワイシャツ、えり付きのシャツ、シフォン系(裾がふわふわしているやつ)などは吊るして収納しています。

手順1 洋服を広げる

まず、洗濯し終わったお洋服を床に広げてください。お洋服 広げる
写真は逆さまになっているわけではありませんよ!

この時、洋服の首の部分が手前(自分側)に来るように、洋服のおもて面(前側)を上に置きましょう。
もしこの時点で気になるシワ等があれば、手で優しくなぞってあげてください。

イメージとしては、床にぺったりくっつける感じです。

手順2 袖を折り込む

次は、袖を折ります。袖をおる たたみ方
このとき、肩の部分の縫い目に合わせて、袖を折ってください。
この洋服は、肩から脇にまっすぐ縫い目があるタイプですが、ラグラン袖のようなものなら、折り目が山型になってもかまいません。

余計な折ジワを防ぐために、縫い目の部分を折り込むわけです。
袖も、床にぺったり付くようなイメージで気になるシワがあったら伸ばしましょう。

この時、袖が長いようなもので、折った時に洋服の胴の部分からはみ出るようでしたら、適当なところで折り返してください。
この辺は、着たら肘に当たりますので、大丈夫です。

手順3 仕上げ

袖まで折り込んだら、もう終わったも同然です。洋服 たたみ方 3ステップ
画像のように、最後の3ステップに入ります。

まず、洋服の裾の部分を首の方へ持ってきてふたつ折りにします。

このとき、裾が首の部分より気持ちはみ出るようにたたむと、仕上がりがキレイになりますよ!

次に、首と裾が重なった部分の真ん中と、その反対側(胸の辺の真ん中)の端を持って、上へ持ち上げます。
こうすると、四つ折りの状態です。

最後に、もうひとつ折り返してください。
これで画像の③まで、できました。

たたみながら、手でならしてあげるのがコツです。(コツってほどでもないですが・・・笑)
イメージは折り紙を折るような感じです。
手でならしながら、角が合うように、折り込んでいくときれいに仕上がりますよ。

復習!子供服のたたみ方

さて、基本は以上で説明した通りですが、わたしの場合、このたたみ方をほぼすべてのお洋服で実践しています。
ぽんのお洋服も同じようにたたんでいるのです。子供服 たたみ方

子供服の場合は、袖が長い場合は、先ほどの手順と同じように縫い目の部分で中に折り込みますし、半袖の場合はそのままにしています。

裾を首の方へ持ってきて、次に真ん中で四つ折りにします。
子供服の場合は小さいので、ここでフィニッシュです。

これ、やり始めると、家中の洋服、このようにたたみたくなっちゃいますよ!笑

おまけ

旦那さんのジャージも、同じようにたたんでいます。
前あきのお洋服は、ジップやボタンを閉じてからたたむといいです。
ちょうどこの服が、ラグラン袖タイプですね。

その洋服の袖のつくりに合わせて、折り方を変えてあげてください。
ジップアップ たたみ方

スポンサーリンク

このたたみ方のおすすめな点

このたたみ方がおすすめのところは、収納に向くことです。
だいたい同じサイズの服なら、たたみ終わった時の出来上がりも同じサイズになるのです。
そうすると、タンスに収納する時に、場所の節約にもなるんです。
洋服 たたみ方 収納
そして、画像右側のように、本で言えば背表紙の部分で、着ている本人ならどんなお洋服かわかりますので、立てて収納するのに向いています。
以前、タンスの中で平置きしていたのですが、このたたみ方にして、立てて収納するようになったら、自分の服の在庫状況がひと目でわかるようになりました。
同じような色の、同じような服を何枚も持っている・・・なんてことが多かったのですが、自分の服の在庫状況が把握できるようになると、無駄にお買い物することがなくなりました。

服のたたみ方を統一したことで、タンスに入らないものは買わないということが実践できるようになったわけです。

また、折ジワの面からも、非常におすすめのたたみ方です。
折ジワで一番気になるのが、前側の胸周りの部分ですよね。
このたたみ方ですと、袖と洋服の下半分がクッションの役割も兼ねてくれるので、一番気になる首周りの折ジワが付きにくいのです。

まとめ

皆さまのおうちでも、すでに同じようなたたみ方をしているかもしれません。
でも、もしタンスの中がぐちゃぐちゃしていて、困っているようなら、こういったたたみ方の実践をおすすめします。
衣替えの時の長期保存にも、とってもおすすめですよ!

女の人って、お洋服大好きな方多いですよね。
次から次へ買っちゃって、しまうところが・・・なんて方も多いと思います。
(わたしもぽんを産む前までまさにそうでした。)
意外と洋服代って家計を圧迫しませんか?

まずは、たたみ方を見直して、お気に入りのお洋服を長くもたせてあげましょう。
そして、同じようなお洋服を買わないよう、在庫の把握をひと目でできるように、収納してみてはいかがでしょうか?

始めは少し手間かもしれませんが、時間にして20秒程度のことです。

着たいと思ったお洋服がシワだらけなことを思えば、大幅な時間の節約にもなります。
収納編については、別の記事に書きたいと思っています。

衣替えに合わせて、ぜひ実践してみてくださいね!

**aki**