bodum(ボダム)の保温グラスはどう?サーモスのタンブラーとの比較でわかったこと

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

最近、あるお買い物をしました。
それは、コップです。
旦那さんが欲しい!と言った、「bodum(ボダム)」というメーカーの耐熱保温コップを使ってみた感想を書きたいと思います。

愛用のサーモスのタンブラーとの比較もしています。

ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

冷たいものはつめたく、温かいものはあたたかく

サーモスの保温タンブラーをご存知ですか?

うちでは、夫婦でもっぱらサーモスのタンブラーを使っています。
本当に保温がすごくて、夜に入れた氷が、朝まで残っているなんてことはザラにあるんです。
サーモスといえば、水筒(マイボトル)も利用していて、これも軽量で、保温性に優れたとてもいい商品なのです。

サーモス製品の公式ホームページはこちら

でも、私たち夫婦がサーモスのタンブラーでひとつだけ不満だったことがあるのです。
それが、「タンブラーの中身の液体の色がよく見えないこと」でした。

最近、ぽんの授乳も昼間にちょこっとだけになりましたので、夜は夫婦で晩酌を楽しんでいます。
(田舎は飲みに行っても帰るのが大変なので、おうち居酒屋しています。笑)

そのときに、サーモスのタンブラーを愛用しているのですが、ビールを注いだ時の色、ワインの色など見えないのがとっても寂しいのです。
少しいいお酒を買ってきても、そういった「色」を見る楽しみが満たされないのです。

かと言って他のグラスですと、温度変化も気になりますし、水滴が垂れてきたりして机がビチョビチョになってしまいます。
機能面だけ見れば、本当に優秀なので、サーモスのタンブラーはおすすめです。

透明な保温グラス見つけた!

うちの旦那さんは密かに、保温もできて、中の液体の色も見ることができるグラスを探していたようです。
そしてある日、
「透明で、保温できるグラスあったよ!買ってもいい?」
と聞いてきたわけです。

わたしも気になってはいたので、買ってみることにしました。
ちょうど、2個セットのものなので、ふたりでお揃いで使おうと、ネットで購入したわけです。

ボダム アッサム ダブルウォーム

bodum ASSAM ダブルウォールグラス

私たちが購入した商品の名前は、「ASSAM ダブルウォールグラス」というものです。
冒頭にも書きましたように、「bodum(ボダム)」というスイスに本社のある会社の商品です。
この田舎、長野県でスイスの商品が簡単に手に入るとは、いい時代ですね。笑

大きさは、360mlサイズの缶を移した時にちょうどいい、0.4ℓサイズのものにしました。

ビールを注いでみました。

ボダム ビール

こちらは、地ビールで少々にごりのあるものなのですが、ガラス製のダブルウォールグラスはとってもキレイに液体の状態が見ることができます。

以下、公式サイトより引用です。

― ダブルウォールグラス 機能的なデザイン ―
● 飲み物が宙に浮いているように見えるビジュアルのユニークさ。
● 二層構造のガラスは、外気による温度変化を防ぎ、温かい飲み物は温かく、冷たい飲み物は冷たく保つ効果。
● 氷による結露がつきにくく、コースター要らず。

まさにわたしたち夫婦が求めていた機能を満たしてくれています。
電子レンジ、食洗機、オーブン、冷凍もOKとのこと。
職人さんがひとつひとつ、吹きガラスで手作りしているようです。

サーモスのタンブラーとボダムのグラスを比較

さて、気になるのは機能面のことです。
普通に使ってみた感じだと、結露もつかず、冷たい状態を保ってくれていました。

でもちょっと実験してみたかったのでやってみました。

手順1 氷を同量入れる

写真のように、一般的な冷蔵庫で作った氷を同じ量入れました。
今回は100gちょっとです。
(1gの誤差は気にしないでください。笑)
サーモス ボダム 氷
ちゃんと、サーモス、ボダムそれぞれ容器のサイズは引いてあります。

手順2 放置

この氷を入れただけのボダムとサーモスを、放置して経過観察します。
実験とかいいましたけど、それだけです。

直射日光は当たらない場所で、時間は朝9時過ぎ、室温は20°c前後です。

1時間半経過

10時半過ぎになりましたので、1時間半ほど経過です。
ボダムのダブルウォールグラスの方は、水が2センチほど溜まってきました。
1時間半経過 サーモス
サーモスの中身を写してないのでわかりにくくてすみません。
でも、サーモスのタンブラーは全然氷が溶けていませんでした。

どちらも、水滴などは垂れてきていませんね。

開始から4時間経過後

先ほどの1時間半後ですでに勝敗は決まっていたような気もしましたが、15時過ぎの状態です。
ボダムの方は、キレイに溶けてしまいました。
でも、お水を触ってみると、まだ冷たかったです。

保温 比較 ボダム

一方、サーモスはまだ氷が溶け残っています。

もちろんどちらも水滴は垂れませんでした。

保温の機能面からすれば、ステンレス製のサーモスが圧倒的勝利ですね。

デザイン面からすれば、断然、ボダムのダブルウォールグラスの方が素敵です。

結局、保温効果に関しても1時間も持てば十分なので、ボダムはかなり優秀と言えるのではないでしょうか。

bodum 強度面の課題

実は、この記事を書く前日、ボダムのグラスがひとつ割れてしまいました。(;´д`)
幸い、だれも怪我はなく良かったのですが、せっかく気に入っていたのに残念すぎます。

割れた経緯は、高さ30センチほどのテーブルから、フローリングにダイブしてしまったことでした。
ぽんが、グラスの中のお茶を飲もうとして、落としてしまったのが原因です。

本当に怪我がなくてヨカッタ!

しかし、えらく、簡単に割れました。
たぶん、他のガラス製のグラスなら割れないようなところでも、割れてしまったわけです。

割れた断面を見ると、とっても薄いガラスでした。
吹きガラスということで、職人さんの技を感じましたが、かなりデリケートな代物でもあったわけです。
そして、粉々に飛び散ってくれました・・・

この分だと、「洗うときなんかもそうとう気をつけないと、すぐヒビが入りそう・・・」
と、怖くて、もうひとつもそれから使っていません。

その後、結局、サーモスのタンブラーを使っています。

スポンサーリンク

まとめ

ボダムのダブルウォールグラスは、デザイン性が高く、機能面でも十分な働きをしてくれました。
でも、ガラスという素材がゆえに、普段遣いには慎重にならざるを得ません。
とくに、子育て世帯では、グラスが壊れた時のことを思うと、あまりおすすめできません。

その点、サーモスは、機能面は優秀だし、割れることはまずありませんし、非常に使い勝手のいいタンブラーだと思います。

これから保温機能付きののコップの購入を考えている方がいたら、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

わたしが思うには、
プレゼントされて嬉しいものは、「ボダムのダブルウォールグラス」。
普段遣いに自分たちで買うなら、「サーモスのタンブラー」というところでしょうか。

デザイン性を取るか、機能面を取るか、安全性を取るか、それによって選択が変わってきます。
もう、うちでは、ボダムの製品は買うことはないでしょう。笑

**aki**

スポンサーリンク

みんなにこの記事を教えてあげてね!

フォローで最新記事をいち早くget!

bodum(ボダム)の保温グラスはどう?サーモスのタンブラーとの比較でわかったこと
この記事をお届けした
凡人主婦の小金持ち生活の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!