専業主婦こそはじめなきゃ損!ブログを毎日更新して気づいた5つのこと

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、**aki**です。

このブログを書き始めて1ヶ月が経過しました。
基本、3日坊主のことが多いわたしにとってはビックリ!
しかも2015年8月18日に書き始めて、ほぼ毎日更新できている自分を褒めたいぐらい、うれしいです。

ということで、ブログを始めて1ヶ月経過。
書き始めてよかったな~ということを振り返りながら、専業主婦にこそブログを始めてほしい理由を書き連ねたいと思います。

スポンサーリンク

ブログを書き始めてよかったこと

PAK85_Blogcc20141206203244-thumb-1000xauto-18023

生活にメリハリができた

子供が小さいと、なかなか自分の時間が持てません。
保育園や幼稚園にあがってくれたら少しは生活が変わるかもしれませんが、現状は子供のペースに合わせるしかありません。
そうすると、毎日が単調で・・・。
家事をするにも、基本はルーチンワークです。
気づいたら1日が終わって、また1日が始まる・・・
永遠とその繰り返しです。

子供は大きくなっていくし、旦那様もお仕事をがんばってくれているので、専業主婦は家族のために尽くすのは当たり前。
とは言いながら、やっぱり自分の時間は大切!

やっと子供が寝てくれて、自分の時間が少しでも持てたとき、ブログを書きながら、家事の効率化とか、好きなこととか、そんなことをまとめる時間を作ることで、自分の生活を見直す機会が持てるようになりました。

そうすると、「もっと楽しく」「もっと簡単に」「もっと家族のために」と、もっともっとやりたい欲が生まれて、生活にメリハリが出るようになりました。

少しでもいい。誰かに読んでもらえること

日々の日記をつけるなら、日記帳につければいいじゃん!と思う方もいるかもしれませんが、わたしは日記は苦手です。
なぜなら、「誰にも評価してもらえない」から。
そもそも、誰にも見られたくないことは、日記に残すこと自体に抵抗があります。
(突然死して見られてらやだな・・・とか。笑)
わたしにとって「書く」ということは、「誰かに読んでもらうこと」を前提としているのだと思います。

このブログを書き始めた当初は、閲覧数が友人のみの日が何日も続きました。
でも、毎日書いていれば少しずつ、Twitterや検索から見に来てもらえることも増えてきました。
(まだまだマイナーなブログですけど!)

そうすると、「明日はもう少し読んでもらえたらうれしいな」と思いながら、書きたいというモチベーションが上がるのです。

ネットの中ではあるが、社会と繋がることができる

主婦は結構、孤独です。
わたしはひとりっこなので、そもそも1人でいること(ぽんは別もの!笑)は、さほど苦痛ではないですが、やはりお勤めしていたころと比べると孤独です。
朝からEテレで子ども番組なんか見ていたら、社会で起きてる事件や事故も全部スルーしそうな勢いです。
友人たちも、生活スタイルが変わったり、遠くにいたり、勤めていたりと・・・
頻繁に会えるような友人はそう多くはいません。

そんな中、コンビのチャイルドシートの件などで、困ったときに、ネット上で情報を共有できるような手段を持てたことは、とても心強かったです。

情報を受身ではなく、発信できるというところも、「繋がること」が感じられる1つです。

自分の不安なことが整理できた

このブログを始めたきっかけに、バセドウ病のことがあります。
健康優良児だったわたしが、ぽんの出産を機に体調が変化し、命に関わらないにしても、少しやっかいな病にかかったことは、結構受け入れがたいことでした。
子作り禁止令もあり、人生設計が崩れてしまった焦りもありました。

そして、決して珍しくはないこのバセドウ病という病気は、意外と周りには正しく理解されていないということにも気づきました。
だから、自分の体験や、治療の様子を綴っていくことで、少しでも自分の中で整理し、人様にもわかってもらえてらいいなと思っています。
不思議なことに、バセドウ病の記事を書く前に比べて、現在は少しではありますが不安な気持ちは減りました。
これは、かなりの成果です。

まだまだバセドウ病はよくなる気配がうすいので、引き続き向き合っていこうと思います。

興味を持つことが増えた

今まで、自分にとっては当たり前だったことも、いざ振り返ってみると、万人や全国共通じゃないのかなぁということがあります。
例えば、りんごの切り方の記事です。
意外と検索から見に来てくれる方が多くて驚きました。

普段自分では当たり前と思っていても、見る視点によって新しいものに変わります。
そうすると、生活の中で「これはどうして、こうなるんだろう?」とか、「こうやってみたらどうだろう?」など、いろいろ興味を持って試してみたくなることが増えました。

こうしてアンテナを伸ばすと、日々の生活に色がつきますし、新しい発見もあります。

ブログの記事のネタにもなって、一石三鳥以上のいいことずくめです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ブログを始めて1ヶ月間で気づいた、5つのよかったことです。
ブログはなんといっても、自分のペースで書き続けられます。
子育て中の忙しい主婦にもおすすめのツールなんです。
わたしは1日に1記事の更新を目標にしていますが、できる頻度で続けていくことが大事です。(頑張りすぎると、やだくなります。)
ツイッターやフェイスブックなど、比較的短い文章で伝えるのではなく、こうやって順序立てて文章を書いていくことで、頭の活性化にもなります。
(文章のうまい、下手は別として・・・)

もしこれからブログを始めてみようと思う方がいれば、1つだけアドバイスです。
「リアル友人と、一緒にブログを始めてください!」
正直、まったく閲覧数がないと、手元の日記帳につけている日記と変わりありません。寂
わたしは、友人と2人で始めたので、お互いに読みあって、励ましあいながら更新してきたので、なんとか1ヶ月持ちました!笑
本当に感謝です。
誰でもいいので、そんなお友達見つけてみてください。
自分の覚書が、どこかでだれかのお役に立てる日がくるよう、今後もブログを綴っていければと思っています。
今後ともよろしくお願いしますヽ(´▽`)/

**aki**