未満児2人子育て中!主婦が自分の時間を作るカギは上の子にあり!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

子供が2人になると、想像以上に時間がありません。

あれもやりたい、これもやりたい、あれもやらなきゃ・・・と思っているのに、気づいたら1日が終わってしまうんです。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

部屋は散らかりっぱなし、自分の時間がない、今日何してたっけ?なんて生活、もはや当たり前です。
そんな中、自分の時間を確保するために努力して行っていることをまとめます。

スポンサーリンク

とにかく寝てくれ!子育て主婦が自分の時間を確保するには、子供の睡眠の時間を合わせることが重要

18dedd06b4229c0e24b54afbcc7c9003_s

この表題について、「そんなこと、当たり前だろ!」と思うかもしれません。
しかし子供の睡眠の時間を合わせるということは、想像以上に大変で、骨が折れる作業です。

上の子が保育園などに行ってくれるのであればまだしも、未満児2人とおうちで過ごす日々は戦争です。笑

ということで、わたしが自分の時間を確保するために行っている努力をご紹介します。

子育て主婦の1日のタイムスケジュール

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

現在わたしはこんな感じの生活を送っています。
自分の時間=子供が2人とも寝てくれる時間として考えています。

朝6時から活動開始

超早起きです。
しかし生活のリズムを確立するのであれば、早起きは鉄則。

朝6時起床、7時から朝ごはんです。
長女は朝ごはんまでの間、ブロックなどで少し遊び、わたしは次女の授乳とご飯の準備です。

9時すぎまでの間に家事・洗濯

朝ごはんの片付け、掃除・洗濯をしたいのがこの時間。
ここで奇跡のNHKのゴールデンタイムを利用します。

子供が産まれると、本当にNHKさまさまです。

8時から「おかあさんといっしょ」、「いないいないばぁ」、「えいごであそぼ」と子供が大好きな番組が続きます。

長女がEテレを見ている間、次女が泣いていようが、わたしは家事を済ませます

10時過ぎにお散歩へ

71dd241589c5c5707c686135c79327f4_s

とにかくお外へ連れ出しておけば、上の子はご機嫌です。
三輪車か徒歩で、お散歩にお出かけです。

次女はエルゴの抱っこひもでだっこして連れて行きます。

生後2週間から新生児をエルゴ「アダプト」で抱っこした口コミ!安全性・使用感抜群でコスパも最高!
ついに長野は涼しくなってきました。 お散歩に出かけやすくなった今日この頃、次女はまだ生後1か月を迎...

目的地は、図書館かコンビニか郵便局。
郵便局はメルカリで売れたものがあるときに。

やっぱり目的地があったほうが、お散歩は楽しいです。

長女とお花や虫など、道端で見つけたものなどについてお話しながら1時間~1時間半ほどで帰ってきます。

12時お昼ごはん

お散歩から帰ると、お昼の支度をして昼食です。

午前中お散歩をしてくると、とても食べっぷりが良い長女。
むしゃむしゃ食べてくれて、お腹いっぱいになります。

そうすると・・・自然と眠くなってくれるんです。長女が!

13時過ぎ~15時過ぎまでお昼寝タイム♪

ここでついに子育て主婦のゴールデンタイムです。
午前中に長女とお散歩して、たくさんご飯を食べてもらった努力がここに出ます。

お・ひ・る・ね!

上に書いたような時間を過ごすと、たいていコロッと寝てくれます。

上の子が寝てくれれば、次女は添い乳などで強制的に眠りに引き込みます。

ここで子育て主婦のフリーな時間が1時間半から2時間ほど確保できるのです。

17時お風呂など

起きたあと、再度NHKさまさまの時間帯が始まります。

16時から、朝と同じ内容の子供向け番組がEテレで始まるんです。
あぁ、NHKよ、ありがとう。
おかげさまで夕飯の支度ができるよ。

次女が多少泣いていても、夕飯の支度を8割方終わらせて、お風呂に入ります。
うちの場合、「はながっぱ」を見終わったタイミングなので、5時半頃です。
3人一緒にバタバタとお風呂に入ります。

18時半夕飯

お風呂から上がると、長女が「まんま食べたい!」と騒ぐので、夕飯になります。
この時点で旦那さんはまだ仕事中。
わたしと長女で先にご飯を済ませてしまいます。

その後、長女はブロックなどで最後の遊びタイムに入ります。

わたしは夕飯の片付けや、旦那さんの食事の準備をしておきます。

20時旦那さん帰宅

大体20時前後に旦那さんが帰宅してきます。

長女は帰宅した旦那さんと少し遊んだあと、はみがきタイムです。
「夜のはみがきの後は寝る」という習慣が出来上がっているので、9時過ぎには寝てくれます。

その後、次女を添い乳で強制的に寝かせます。

今のところ、子供が寝たあと、夫婦で過ごす時間もしっかり確保することができています。

子供が寝る時間を同じにするポイント

上記のような1日を最近は過ごしています。
ポイントは以下の4つ。

  • 上の子中心の生活にする
  • 朝6時起き、夜9時就寝(生活リズム)
  • お散歩など外出の時間を作る(疲れさせる)
  • 毎日、同じ時間に同じことをする(習慣)

下の子が産まれると、ついつい赤ちゃん中心の生活になってしまいがちです。
ですが、わたしが心がけているのは、上の子の1日の過ごし方の見直しです。

上の子が欲求不満だと、わざわざ赤ちゃんを起こそうとしたり、赤ちゃんが寝たタイミングを見計らって甘えてきたりと、リズムがちぐはぐになってしまうんです。
それなら上の子としっかり遊ぶ時間を作って、満足してもらうことが重要だと思うんです。

赤ちゃんは、おっぱい吸って、おむつも変えて、それでも泣いているなら、そのまま少し泣いていてもらいます。笑
お腹にガスが溜まって踏ん張って泣いているだけかもしれないし、少し泣いてくれた方がよく寝てもくれます。

上の子の生活リズムがしっかりできれば、ある程度子供たちの生活リズムをコントロールできることがわかりました。

スポンサーリンク

まとめ

下の子が動き回るようになってくれば、また少し変わると思います。
また今は季節的におでかけしやすいのでいいですが、冬は出かけにくいので悩みです。

それでも支援センターなどを利用して、できるだけ長女が満足できるように関わって行きたいと思います。

そしてしっかり自分の時間も確保していきたいと思います。

**aki**