生後2週間から新生児をエルゴ「アダプト」で抱っこした口コミ!安全性・使用感抜群でコスパも最高!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

ついに長野は涼しくなってきました。
お散歩に出かけやすくなった今日この頃、次女はまだ生後1か月を迎えません。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

上の子を連れて出かけるのに重宝している「エルゴアダプト」のリアルな口コミ・評判をまとめます。

スポンサーリンク

新生児のおでかけの必需品!エルゴアダプトは本当に使えるのか?

image

うちの子は産まれたときから3700グラム超のビッグベビー。
エルゴアダプトは、体重3.2㎏以上の新生児から使用可能です。

とはいえ、生後1週間の新生児を抱っこひもで抱く勇気は、さすがにありませんでした。

初めて使用したのは、生後14日ほど経った2週間の終わり。

結論から言えば、フニャフニャの新生児でもエルゴアダプトでバッチリ抱っこすることができました。
ホールド感も抜群、両手が空くのも本当にありがたいですね。

エルゴアダプトの最大の特徴:インサートが必要ない

最新型のエルゴアダプトは、「インファントインサート」という補助アイテムがなくても新生児に使用できるのが特徴。

もちろん普通のエルゴを購入して、インサートを購入すれば新生児にも使えます。

が、インサートの実物を見てみると、とっても暑そうで、赤ちゃんが窮屈そう。
しかも赤ちゃんをインサートで包むという動作が、チャイルドシートなどから抱っこするときは、とっても手間になる感じ。
上の子がイジイジしている中で、サッと付けて、サッと抱っこしたいという要望のわたしには、エルゴアダプトは救世主と言えます。

しかも夏生まれですので、できるだけ通気性がいい状態で抱きたいですからね。

お値段も、エルゴオリジナル+インサートで正規の価格と比較すれば、エルゴアダプトはお手頃と言えます。

ベビーウエストベルト付きで安心

エルゴアダプトには、赤ちゃんの落下防止のベビーウエストベルトが付属しています。

赤ちゃんの腰にベルトを巻いて、本体とつなぎ合わせることのできるベルトです。

もちろんこのベルトをしていていたからと言って、絶対に落ちないわけではありませんが、小さい赤ちゃんが横ズレしにくいという安心感があります。

こちらのベルトは24か月(2歳)まで使用可能です。

強力マジックテープでサイズを調整

エルゴ アダプト 調整
新生児から使用できるエルゴアダプトですが、なんと体重20㎏まで使用可という幅広い抱っこひもなのです。

その秘訣が、3段階に調整が変えられるマジックテープの部分。
新生児は一番小さい赤い線に合わせて、マジックテープを貼ります。

エルゴ アダプト 新生児

こうすることで、画像のように赤ちゃんのお尻の部分が丸く包み込まれて、お尻の安定感と足の関節を守ってくれるのです。

逆に幅を広げれば、3~4歳児でも使用可能。
うちの長女の子育てに使っていた抱っこひもは2歳ごろにはサイズアウトしたことを考えれば、とっても長く使えますね。

下の子はベビーカー、上の子は背負って・・・なんてことも、やろうと思えばできるわけです。
(体重14kgの長女を抱っこする事態は、できるだけ避けたいですが。笑)

大切な頭はネックサポートがしっかり支えてくれる

エルゴアダプト ネックサポート
さて新生児の抱っこで心配なのが、首のグラグラ。
頭がちゃんと守られることって、最大のテーマですよね。

エルゴアダプトの場合、ネックサポートという首あてが付属しています。
使用する月齢によって、このネックサポートの位置を調整するのですが、新生児は頭側に折り返して使用します。

このネックサポート、結構な厚みがあるので、クッション性は十分です。
エルゴアダプト 新生児 頭
赤ちゃんの首がグラグラしないよう、固定されるので、インサートの役割をしっかり果たしてくれているといえます。

我が子のエルゴアダプトを調節!生後2~3ヶ月で成長に合わせてメンテナンス
8月に生まれた次女が早3ヶ月となりました。 すくすく成長し、立派なお肉をしたがえて重くなってきまし...

従来のエルゴの機能はバッチリ

エルゴアダプトの最大の特徴は、新生児から抱っこが可能なことですが、それ以外の機能は従来のエルゴと同等に揃っています。

  • 太めの肩紐&腰ひもで疲れが軽減
  • 対面抱っこ、おんぶ、腰抱きの3WAYが可能
  • 日よけフード付き

ちなみに、エルゴアダプトは前向き抱っこはできません。
でも前向き抱っこする場面って、あんまりないんですよね。わたしは。
もし将来的に前向き抱っこしたい!という方は、エルゴ360とインサートのセットをおすすめします。

ちなみに、エルゴ360+インサートを購入するとなると、お値段的にはエルゴアダプトの方がお得です。

抱っこ紐使用の際、赤ちゃんが寝てしまって静かに下ろしたい・・・という場合も、すべてクリップ方式なのでOKです。
(以前に友人が購入したエルゴの腰ベルトがマジックテープで、せっかく寝ても下ろすときにはがす音で起きてしまうと嘆いていました。)

スポンサーリンク

エルゴアダプトの今後の課題だと思うところ

使ってみて、多少ですがデメリットと思う部分がありましたので、まとめておきます。

カラーが2種類しか選べない

スタンダードなラインナップの「エルゴオリジナル」はたくさんの色やデザインが出ています。
ブランドとのコラボ商品もあったりして、”ファッションの一部”として選ぶことも可能ですよね。

残念ながらエルゴアダプトは、現状2種類しかお色が選べません。

ブラックとパールグレー。

わたしはパールグレーにしました。
生地の感じからして、ブラックはホコリが目立ちます。

もう少しカラーの選択肢が増えればうれしいなぁと思いました。

※2016年11月10日追記※新色出たよ!

ついにエルゴアダプトの新色が追加になりました!

アドミラルブルー

アズールブルー

どちらも青系ですが、ネックサポートのストライプがアクセントになっていて素敵ですね!
今から買うなら、アズールブルーが欲しかったなぁ。

2016年12月26日には、ベビーザらス限定デザインが登場!

世界初のエルゴアダプトのディズニー柄も見逃せません。

新生児抱っこが便利なエルゴアダプトに世界初のディズニー柄誕生!買えるのはベビーザらスだけ!
我が家で大活躍のエルゴアダプト。 従来のエルゴに比べて色や柄が少ないのが悩みでしたが… かわいい...

しゃがんだりするときは要注意

長女と公園にお散歩に行く際に、次女をエルゴアダプトで抱っこしていきました。
お砂場でしゃがんで遊ぼうとすると、次女の頭がグラッと動いてしまいました。

基本的には背筋を伸ばした姿勢で使用するものですので、背中が丸まってしまう姿勢で使用する際は、新生児の場合特に注意です。

それ以外ではなんの不安もありません。

つまり機能的には、エルゴアダプトは大満足なわけです。

まとめ

もしも新生児から抱っこできる抱っこひもをお探しなら、エルゴアダプトは超おすすめです。

以前に横抱きができる抱っこひもを試してみたこともありましたが、正直使い方が難しい・・・。
エルゴアダプトはその点、使い方も楽ですし、赤ちゃんも安全です。

ただし、縦抱きなので、首が座ってない場合の抱っこはあまり長時間にならないように気を付けています。
(わたしの場合、約1時間までと思って使用しています。)

ニセモノに要注意

購入を考えている場合は、ニセモノが多いので注意してくださいね!

正規販売店のダッドウェイで購入するか、正規取扱店一覧で店名を確認して購入することをおすすめします。
実店舗ですと、イオン、アカチャンホンポ、トイザラス、バースデイなどで取り扱いがあります。

インターネットでの購入も可能ですが、正規品取扱の店舗で購入してくださいね。

>>ダッドウェイHP オンライン正規取扱店舗

上記のオンライン正規取扱店舗を確認の上、アマゾンや楽天、Yahoo!ショッピングでも購入は可能です。
ポイントが10倍以上付いたり、おまけが付いたりするので、個人的にはインターネットで購入した方がお得だと思います。
(わたしはYahoo!ショッピングでポイント15倍のものを購入しました。)

もし、ものすごく安い値段で取り扱ってるお店があれば、少し疑いましょう。

また中古で手に入れる際も注意してくださいね!

**aki**