洗剤系の在庫が多い家はキレイじゃない!消耗品を買うときに考えたい5つの節約のカギ

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

絶賛里帰り中の、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

暑いしお腹が重たいし、出かけるのも億劫な日々。
どうせ暇なので、掃除でもしようと実家の戸棚をあさってみました。

ちなみに実母は仕事のため日中は不在です。
そこで恐ろしいことに気づいてしまったのです。

スポンサーリンク

あちこち家中に同じような洗剤が溢れてる!いくら安くても消耗品の在庫過多は節約とは程遠い

image

キッチンの掃除でもしようと、シンクの下の戸棚を開けてみました。
お風呂の掃除をしてみようと、洗面台の下の戸棚を開けてみました。

するとビックリ!

同じような洗剤が溢れています。

一応、キッチン用、お風呂用などカテゴリ分けはしてあるものの、明らかに在庫の存在を忘れて買い足している様子。

そこで収納とストックと節約について思うところがあったので整理します。

本当に使う”1軍”の洗剤はごく一部

例えばパイプユニッシュなどの強力カビ取り洗剤や、食器洗い用洗剤、洗濯用洗剤などって、比較的よく使いますよね。

そういった洗剤は、大体取り出しやすいところに置いてあるんです。
シンクの周りにおいて置いたり、戸棚の一番手前に置いてあったり。

そしてよく使っていると減りも早いので、減ってきたら詰め替えを買うという循環。

しかし循環が早い”1軍”の洗剤系は、全体のごく一部で、たまにしか使わない洗剤も多数存在しているわけです。

自分の家ではどんな洗剤が必須で、どんな洗剤が2軍なのか、把握すると無駄買いが減りそうです。

「安いから買う」は危険

わたしだって、特売は大好き。
ほとんどの人は、できるだけ安くお目当てのモノを手に入れようと思っているのではないでしょうか?

実家の戸棚を見ていて気になったのが、半額シールや割引シールの付いた洗剤。

あぁ、きっと安くなっていて買ったんだろうなぁというもの。

もちろん使う洗剤ならいいんですけどね。

ワイシャツのしわ取り剤とか出てきました。
ん?普段、うちの誰がワイシャツ着てるっけ?

「いつか使うかも・・・」と思って買う安売りのモノは、日の目を見ない可能性があって危険です。

在庫を把握していないと、モノが増える一方

洗面台の下の戸棚から大量に出てきたのは、浴室用カビ取り泡洗剤。
あの泡が密着する系の塩素系の洗剤です。

うちの母が、カビ取りに悩んでいるのをひしひしと感じました。笑

しかしあれよあれよと出てくるカビ取り剤は、5種類以上。
様々なメーカーの似たようなカビ取り剤が多数発掘されました。

戸棚の奥底に眠っていたものも多かったので、「もうない!」と思って買い足したのかもしれません。

もしあのカビ取り剤の量を把握していたならば、同じようなものは買わないはず。
消耗品を買う前に自分が保有している在庫を確認しておくことは、とても重要です。

話題のモノを試してみようと思った結果

化学系の洗剤はもちろんのこと、母は自然派の洗剤も気になっていたようです。

以前一緒に100均に出かけたとき、セスキ炭酸ソーダとクエン酸の粉末を購入しているのを見かけました。
今回、わたしが掃除するにあたって、「とりあえずセスキから始めよう♪」と思って探していたら・・・

セスキ炭酸ソーダもクエン酸も、未開封のまま出てきました。

買ったなら、使わなきゃもったいないです。
使わないぐらいなら、買わない方がいいのです。

その割に”ハイター(漂白剤)”がない

漂白剤って、わたしは結構使うんです。

塩素系のキッチンハイターはしょっちゅう登場しますし、酸素系の粉末の漂白剤も大活躍してくれます。

キッチン周りのヌメリを取ったり、茶渋を取ったり、ふきんの除菌をしたりと、なくてはならないもののように思うのですが・・・

なぜか実家にはそのハイターがないんです。
なぜ?なぜ?

母いわく、「あの塩素系のにおいが苦手だから」とのこと。

それなら酸素系もあるじゃないか!
それによく流せば、塩素のにおいだって気にならなくなるじゃないか。

それよりも茶渋が気になる!
水切りカゴの汚れが気になる!
まな板は大丈夫なのか?!

必要なものは人それぞれですが、漂白剤がないなりに代替策が必要です。
結局、きれいに保つことは難しく、的外れの洗剤を買い足してしまう要因にもなってしまうのです。

スポンサーリンク

まとめ

つまり何が言いたいかというと、洗剤を多く保有している人は、「安物買いの銭失い」の傾向があるんじゃないかということです。

必要量の見極め、必要な種類の見極め、在庫の整理ができていないのに、”安いから””話題だから”と言って新しいものを買ってしまう。
そしてせっかく買ったのに、使うことのないまま戸棚にしまいっぱなし。
これの繰り返しだと、せっかく節約してると思っていても、実際には必要以上の出費をしていることになります。

今のところうちの母はお金に困っている様子はないので、そうっとしておこうと思いますが。笑

自分の生活に置き換えれば、

  • お気に入りの洗剤を決める
  • ストックの量を決める
  • 収納をあちこちに分散させない(在庫を把握しやすくする)
  • 安いからと言って買いだめしない
  • 汚れ落としに悩んだら、とりあえず今ある洗剤で試してみる

消耗品ほど思わぬ出費になっている可能性があるので、今一度生活を見直してみようと思います。

**aki**