2度目のiPhone水没から奇跡の生還!状況と対処法&長野の修理屋さん体験談

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

またやってしまいました、iPhoneの水没。
トイレにぽちゃんと落としたわけです。

2度目の水没事件に対し、今回は割と冷静に対応できました。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

なんと今回の水没iPhoneは、奇跡の生還を遂げてくれました。
費用は、9,720円かかりましたが。安いもの!

データも全て無事です。

水没時に行った対処と、生還までの道のりをまとめます。

スポンサーリンク

iPhone6水没。冷静に対処したことで奇跡的に水没前と同じ動作に戻った話

TSU93_shizukuhukyouwaon_TP_V

本当に、自分ばかです。
おっちょこちょいです。

でも妊婦は頻尿に悩むんです。笑
今回も、「あ、トイレ!」と駆け込んだ際に、事件は起きました。

iPhone6の水没時の状況

ズボンのおしりのポケットに、「とりあえず!」と思って差し込んでいたケータイの存在を忘れて、座ろうとしたら「ポチャン」と音が。

見事、iPhone6が便器の中に落下していました。
まだキレイ(?)な水の中です。

落ちた向きは、充電やイヤホンコードの端子が付いている方が下向きに。
約半分、水没していたように思います。

とっさに拾い上げるわたし。
トイレのおてふき用のタオルでさっと包み込みました。

前回のiPhone5Sは、契約満了でしたので壊れても諦められましたが、今回のiPhone6は電話としても使用しているので諦められない・・・。

【悲報】iPhone5S水没。民間対処法は効果ある?文鎮化したときの対処法
iPhoneをトイレにぽちゃんしてしまいました。 トイレに・・・ ぽちゃん・・・ ...

iPhone6の水没後の症状

goriIMG_9476071094816_TP_V

さて、水没iPhone6の様子を思い返してみます。

  • 電源は入ったまま、切ろうとしても切れない
  • 「電源を切る」という画面が、勝手に表示される
  • 突然、スクリーンショットを勝手に撮る
  • タッチパネルは正常に作動
  • 本体が熱くならなかった
  • 指紋認証が使えないが、ホームボタンは作動
  • スピーカーが使えず、電話として使用不可に(ヘッドフォンの認識になってしまったよう)

驚くべきは、朝水没させて、午前中はそこそこ使用できていたのです。
(上記の不具合はありましたが。)

以前のiPhone5Sの水没時は、焼けたように熱くなって電源が落ちたのですが。

出かける予定があり、水没させてしまったiPhoneを持って外出します。

データのバックアップを取ることができた!

万が一、iPhoneが壊れたとしてもNMPで買い換えればいいや!とも思っていたわたし。

ひとつ、大切なことに気づきます。

バックアップを取っていない!(しかも約1年)

連絡先を始め、大量の写真が水没iPhoneに残っています。
あぁ、ぽんのカワイイ写真が。。。

突然、気が気ではなくなります。

午前中の予定が終わって、帰宅してすぐにパソコンと同期。

奇跡的に、全てのデータのバックアップを取ることができたのです。
(この間、充電も正常にされている状況でした。)

スピーカーの不具合はティッシュで作った”こより”で解決

goriIMG_9505071095627_TP_V

音が出なくなってしまった原因は、ヘッドフォンの端子にあると予測。

ボリュームのボタンを押すと、「ヘッドフォン」という表示が出ていたからです。

ティッシュをこよりにして、端子の穴をツンツンしてみると、奇跡的に見事スピーカーが復活。
これで、電話機能もなんとか使えそう。

と、思ったら・・・

午後、水没iPhoneの状態が突然悪化

奇跡的にデータのバックアップを取れたのも束の間、突然iPhoneの調子がおかしくなります。

白地に黒のアップルマークがチカチカし始め、なにも触っていないのに、電源が入ったり切れたりし始めます。
こうなると、待受画面にもならなくなります。

ご臨終を覚悟しましたが、ここで「修理」という選択肢を思いつきます。(遅)

さっきまで、どうにか使えていたんだから、早めに修理すれば治るんじゃないか?と。

iPhone修理のリンゴ屋に持ち込み

ネットで調べて、持っていける範囲に民間のiPhone修理専門店があることに気づきます。

  • 電話連絡して予約すれば、1,000円引き
  • 見積だけなら無料
  • 治らない場合は代金はいただきません
  • 水没修理の場合は、10,800円~
  • データの消去は行なわない(appleの修理はデータが消去されてしまう)

こんな感じの文言が書いてあったので、セカンドケータイで即電話して向かうことに。
>>リンゴ屋長野上田店 詳細

店員さんが、わたしのiPhoneのチカチカを見て、

「普通、水没すれば画面自体が表示されないのに、不思議だなぁ。」

と、首をかしげていました。

このとき、水没iPhoneの修理代について「いくらまでなら出せますか?」と聞かれます。

水没修理の場合、基本修理代金が10,800円、もしバッテリーがダメだと+7,000円ほど。
「電話予約割引1,000円を含めても、約15,000円~16,000円までです。」
と、お答えします。

「じゃあ、中身開けて見てみます。」とのこと。

時間は、最短1時間~最長3時間ぐらいと、ちょっぱやで見てもらえることに。

長野という田舎に、こんなに素晴らしい修理屋さんがあるとは。
しかも上田のイオンの横なので、お買物をしている間に修理してもらえるというありがたさ。

基盤のクリーニングのみで復活

ものの1時間ちょっとで、セカンドケータイに電話連絡が入ります。

「終わりましたので、再度来店してください。」
特に、電話では詳細な状況は聞かずに、再度リンゴ屋さんに向かいます。

「治りましたよ~♫指紋認証も無事です!」

このとき、もう、店員のイケメンお兄さんが神に見えましたね。

わたしのiPhoneは、何事もなかったかのように、作動していました。
画面の乱れなんかもありませんし、データもすべてそのまま。

お会計は、1,000円引きの9,720円でした。

高かったですが、新しいスマホを買うことを思えば安いもの。
とても良い勉強になりました。

ちなみに、水没の場合は、修理後の不具合は、リンゴ屋さんの保証対象外だそうです。

スポンサーリンク

まとめ

今回、身に染みて感じたこと。

  • スマホは、ズボンのポケットに入れてはならない(初歩的)
  • データのバックアップはこまめに取る(万が一の際の痛手が最小限に)
  • 民間療法を試すなら、速攻で修理屋へ(さすがに自分でiPhoneは直せない)

特に、修理屋さんの存在は偉大です。
万が一民間療法(米といっしょに保管など)で一時的に治ったとしても、水分が完全に抜け切ったかどうかはわかりません。
残った水分が、サビ・腐食の原因になることもあります。

電源が入らなくなってしまっても、部品の交換次第で復旧することもあります。(部品代はかかりますが。)

もし、iPhoneを水没させてしまったら、一刻も早くプロに相談しましょう。
もしかしたら復活するかもしれませんよ!

**aki**