キッチンの三角コーナーを捨てる!代わりに導入した”タワー”の7つのオススメな点

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

最近、キッチングッズの見直しと整理を進めています。
より清潔で、日々の家事をしやすくするためにです。

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

思い切って”三角コーナー”を捨てました。
そうしたらいいことばっかりでしたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

三角コーナーはもう使わない!代わりに導入した便利グッズがオススメな7つのこと

結婚して今のおうちに住んで4年目、キッチンのシンクには三角コーナーを置いて生ゴミを捨ててきました。
三角コーナーは、100均で買ったプラスチック製。
そして1度も買い換えたことはありませんでした。笑

そこに、100均やホームセンター等で売っている三角コーナー用のネットをかけて使っていました。
全家協 水切り ネット 三角コーナー用 30枚入 4個パック
これが100均ですと、大体40枚入って108円。

この王道の三角コーナーセットを思い切って捨てたのです。

三角コーナーの代わりに導入した便利グッズ

山崎実業 tower
山崎実業というメーカーの「tower(タワー)」という商品です。

大体の価格は税込1,000円未満、ロフトなどの雑貨屋さんにも売っていますし、ホームセンターにも取り扱いがあります。
わたしはYahoo!ショッピングで購入しました。

Yahoo!Japanカードの入会特典のポイントが使えたからです。
http://bonjinshufu.com/archives/2171

しかも上記リンクのお店で購入したら、オマケ付きでした。
お玉 置くやつ
お玉にくっつけて、お玉の先端が台につかないようにする便利グッズです。

もうタワーを2週間ほど使用していますが、とても気に入っています。

野菜の切れ端などは、そのままタワーに設置したポリ袋にポイポイ。
使用済みラップや、調味料などの袋も同じく捨ててしまっています。

三角コーナーを捨て、タワーにして良かった7つのこと

タワー キッチン

この山崎実業の「tower」を導入して、良かったことをまとめます。

ヌメリ知らずの清潔キッチンに

三角コーナーは水切りを兼ねていましたので、余った汁物をジャーっと流したりして使っていました。
また生ゴミから出る水分が底に溜まりますので、三角コーナーがすぐにヌメってくるんです。

そこへ来て、三角コーナーの容量もそこそこ大きいので、ネットを取り替えるのは1日に1回程度。
これではヌメヌメが蓄積する一方でした。

その点、「tower」は、ポリ袋を使うので水が流れ出す心配はありません。
つまりヌメリ知らずなのです。

ちなみに従来のような三角コーナーの役割をしてくれるのが、100均で購入したパンチング穴タイプの排水口です。
http://bonjinshufu.com/archives/2670

この排水口が100均にしてかなり優秀なので、しっかりと細かいゴミをキャッチしてくれるのです。

三角コーナー用ネットよりコストがかからない

ポリ袋 箱入り 200枚×3個セット (計600枚) AB-3-3

「tawer」には、このようなポリ袋を使用します。
きゅうりの浅漬をもみもみしたり、子供のお菓子を入れておいたりする小さい袋です。

このポリ袋、ホームセンター等に行くと、200枚ほど入って約200円前後で売られています。

三角コーナー用のネットが30~40枚で100円で売られていることを思うと、かなりコストが安いんです。

同じ値段で、ポリ袋を1日3枚使っても三角コーナー用のネットと同じコスト。
朝昼晩と替えてもOKなわけです。

しかもポリ袋は、ゴミ袋以外の他のことにも使えますので、ムダがありません。

ポリ袋の固定に関しても、滑り止めがしっかりしているので、ずり落ちてくるということはありません。

ゴミの口を閉じて密閉できる

夏になると特に気になる生ゴミの臭い。
ネット式ですと、臭いがダダ漏れですし、虫も寄ってきます。

その点ポリ袋は、しっかり口を縛ってしまえば密閉できるので嫌な臭い知らず。
もちろん虫も寄ってきません。

ゴミ箱の中もキレイに保てる

うちではキッチンに大きいゴミ箱をひとつ用意しています。
細かいゴミがまとまるまでの一時置き場のようなところなのですが、たまーにそこにかけておいたビニール袋が破れてしまっていることがあるんです。
(ビニール袋は、スーパーの袋を使用しています。)

そうするとネットの中の生ゴミから漏れた水で、ゴミ箱が水浸し・・・なんてこともちょくちょく発生するんです。

でもポリ袋なら、そもそも密閉しているので、水が漏れるという二次災害はありません。

シンクの掃除がしやすい

シンクに置くモノが減れば、その分シンクの掃除がしやすくなります。

三角コーナーの場所だけヌメヌメで「触りたくない!」なんてことも防げます。

お掃除しやすくなると、必然と掃除する回数も増えるので一石二鳥。
清潔を保つことができます。

三角コーナー以外の使い道も

「tower」の場合、ポリ袋をかけないときはビンやペットボトルの乾燥にも使用できます。

タワー 使い方

調理中はポリ袋をかけて、洗い物後はポリ袋ごとゴミを捨てたあと、ボトル等の水切りとしても使用できるのです。

2通りの使い方ができるのも、キッチンツールとして無駄がありません。

コンパクトに収納も可能

滅多に折りたたむことはありませんが、折りたためばこんなにコンパクトに。

タワー 折りたたみ

もし2つ以上タワーを持つようなことがあれば、この折りたたみができる点も素敵なポイントですね。

スポンサーリンク

まとめ

三角コーナーの扱いに悩んでいる方、意外と多いのではないでしょうか。

無くしてしまったら不便そうだし、あったらあったで扱いや掃除が大変だし・・・。

そんな方は、一度この”タワー”を三角コーナー代わりとして使用してみることをおすすめします。
心配なら三角コーナーと併用で!

排水口をパンチング穴式に替えるのも忘れないでくださいね!

わたしは三角コーナーを捨て、余っていた水切りネットは母親にあげました。笑
なんだかとてもスッキリしています。

ぜひ気になる方は、試してみてくださいね!

**aki**