可愛いからだけではダメ!スイマーバを使う前に絶対に確認すべきことまとめ

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、**aki**です。

最近、コンビのチャイルドシートのリコール事件が発生していますね。
コンビのチャイルドシートのリコール…その問い合わせの経緯
子供が使うものって、安心・安全が鉄則ですよね。
でもコンビという有名メーカーの商品でも、
安心・安全が脅かされることがあるとは・・・(;´д`)
私も今回の件で、子育てに必要なものはよーく考えて決めていかないといけないんだなぁと実感したわけです。

しかし、その「子育てに必要」なものの安全性を考えると言っても、何をもって考えるべきか?

結局のところ、実際に商品を利用している人の「使用感」だったり、「実際あった危険なこと」、「便利だなぁ」なんていう、口コミが非常に重要ですよね。

ということで、うちのぽん(現在1歳8ヶ月)の育児で、役立ったモノかつ人様にも勧められるモノについて、忘れないうちに書いていこうと思うます。

第1回は「スイマーバ」についてです。

スポンサーリンク

第1回 「スイマーバ」

スイマーバとは?

皆様は「スイマーバ」をご存知ですか?
私は、ぽんが生まれてから、友達に聞いて、初めて知りました。

名前からして、
「え?0歳から泳ぐの?それって無理じゃない?」
なんて思ったぐらい、全然知りませんでした。笑

以下、スイマーバ公式サイトより引用です。

スイマーバは赤ちゃんが生まれて初めてエクササイズすることを目的に開発された、うきわ型スポーツ知育用具。
英国で発売以来、世界中の赤ちゃんに愛用されています。

イギリスで発祥したスイマーバですが、今や全世界にジワジワ普及し続けている逸品です。
簡単に言えば、赤ちゃんのお首に巻きつける浮き輪のことです

スイマーバ 袋

いつから使える?

スイマーバの公式の対象年齢は、生後から18ヶ月(1歳6ヶ月)かつ体重11キロまでです。
「え?生後からっていうと、もちろん首座ってないよね?むしろふにゃふにゃ!大丈夫??」という不安がよぎると思います。
私もそうでした。

スイマーバ 注意書き

ちなみにうちのぽんは生後3ヶ月から使い始めました。
もちろん赤ちゃんぽんの首は座っていない状態です。

結論から言うと、「3ヶ月からなら大丈夫」です。

と言うのも、赤ちゃんの大きさに個人差があるので、あまり小さめの子だと不安でしょう。
浮き輪の輪っかのサイズに比べて、頭が小さい場合は抜けてしまいますからね。

実はサイズが2種類発売されているスイマーバ。
首周り29センチのレギュラーサイズと、小さめの子用首周り26センチのプチサイズです。

スイマーバ サイズ

ただね、個人的に思うのは、小さめに生まれた子にスイマーバは酷なんじゃないかと思うのです。
首が座ってない状態でスイマーバを装着するのは、かなりの苦労と危険があります。
・・・折れちゃいそうで(;´д`)
ある程度体ができてきて、体重が5~6kgぐらいになってから使い始めても、何ら問題はないです。
それに、1歳すぎまで使うなら、レギュラーサイズでないともちませんからね。

ということで、はりきって生後すぐ使い始めるよりは、お子さんの成長を見て、3ヶ月頃からチャレンジするのがおすすめです。

活躍の場面は?

スイマーバはプール用の商品として売っていますが、普段づかいとしては、そりゃあもう、お風呂です。
正直、1歳未満でプールに連れて行くのは抵抗ありますしね。

そもそも私が、スイマーバを買おうと思ったきっかけが、お風呂で使うためでしたので。
そして、ぽんにはもうしわけないのですが、ぽんのためというよりは、「ぽんと二人でお風呂に入るため」に考えた策がこの商品だったのです。

そんな方多いのではないでしょうか?
うちは旦那様の帰りが毎晩9時近く、朝出勤するのも6時すぎとそれはもう立派な企業戦士でして。笑
最初は帰りを待って夜お風呂に入れてもらったこともありましたが、どうしても夜寝るのが遅くなってしまいます。
そうすると保健師さんから、「もっと早く寝かせなきゃダメ」って言われたりして・・・。
わかっちゃいるけど、どうしようもない!って、毎日悩んでいたんです。
朝も早い旦那様ですので、朝風呂という選択肢も考えられませんでした。

そしてスイマーバの存在を友達に教えてもらい、使ってみたわけでした。
その結果、1歳2ヶ月すぎまで、スイマーバのおかげでなんとか無事やってこれました。

スポンサーリンク

利便性と危険性は裏返し

危険じゃないのか?

スイマーバをネット検索すると、真っ先に「スイマーバ 危険」というキーワードが飛び出します。
わたしも最初は、危険性についてよく調べていました
実際に事故が起こっているのも事実です。
心配ですものね。

では実際に使ってどうだったか、ここにまとめておきます。

  • あごのせラインにしっかりあごをのせないと、水に浸かってしまい窒息の可能性がある。
  • 空気は入れすぎないようにする。パンパンに入れると、首が絞まる可能性があるので、触って少しへこむ程度にしておく。
  • 水の深さは、浅すぎないようにする。足が底に着くと、あごが動いてしまう可能性があり、危険。
  • いやがったら無理してつけない。もしいっこうに慣れないようであれば、潔くあきらめる。
  • たっちができたら使用は控えたほうがいい。やはりあごが動いてしまうと危険だから。
  • 目を離さない。これは絶対。結局のところ、危険な目に遭うのは、目を離してしまっているときがほとんどだから。
  • 空気が抜けていないか、毎日確認する。べこべこになってしまえば、それはもう浮きませんから危険。

そして危険なのは、使い始めより慣れてきた頃です。
最初は大丈夫かなぁって、不安ですからよく確認すると思いますが、慣れてくると怠ります。だって人間だもの。
でもそれは絶対にダメ。
たとえそれが、顔を洗う一瞬でも。
ですから、私の場合、顔は洗面台で洗って、髪の毛を洗うときは下を向かず、ぽんの方に視線を向けたまま洗っていました。
結局のところ、親の責任ですからね。

便利なところは?

もう私たち親子はスイマーバさまさまでした。
たまたまうちのぽんは嫌がらなかったどころか、とても大好きでした。

スイマーバ

  • 写真のようにときに気持ちよくて寝てしまうことも多かった。
  • 空気を入れる部分は2層になっており、安定感あり。
  • ゆらゆらぷかぷかとにかく上手に浮いていた。赤ちゃんは脱力が上手。
  • ときにはあがりたがらないので、のぼせるんじゃないかとヒヤヒヤするぐらい。
  • 寒い冬に脱衣所で待たせとくことを思えば、湯冷めしない。
  • 夜疲れてよく寝るようになった。
  • お風呂を始め、プールなど水を怖がらなくなった。

私にとっては、お風呂が楽しい時間になったのが何よりも成果でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
スイマーバを使おうか迷っている皆様に参考にしていただけたら幸いです。

私は、本当に使ってよかったとも思いますし、便利で、ぽんのためにもよかったと思っています。
ちなみにうちは、ある日ぽんがお風呂でたっちできるようになって、危なくなったので使用をやめました。
1歳2ヶ月ごろでした。
次の子にも使おうと思っていましたが、穴があいたのか空気が抜けるようになってしまいました。

まぁ、約1年使えましたので、もとは取れたと思っています。

でも、便利なのと危険なのは裏返しだと思っています
スイマーバは、水のところで使うものですので、使い方を間違えれば、とっても危なく、命取りにもなります。

それは私たち親がしっかり見てあげるほかありません。

商品自体は、保証もあるものですし海外製品といえど日本法人も存在している会社です。
ですが、そもそも不良品ということだってありえますからね。

楽しいお風呂ライフを目指して、上手に活用してくださいね!

**aki**

スポンサーリンク

みんなにこの記事を教えてあげてね!

フォローで最新記事をいち早くget!

可愛いからだけではダメ!スイマーバを使う前に絶対に確認すべきことまとめ
この記事をお届けした
凡人主婦の小金持ち生活の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!