夫婦円満なうちのお小遣い制ルール。金額を減らされない安心感が1番大事!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

我が家は25日が給料日。
25日から27日の間に、ほとんどの決済が終了します。

そんな中、お給料日に真っ先にやること。
それは旦那さんの給料を銀行ATMで下ろすことなのです。
(ついでに生活費も!)

本日は、旦那さんのお小遣いについての話題です。

スポンサーリンク

旦那がおこづかい制でもストレスの溜まらないルールとは?

うちは、結婚する前から、お金の管理の方法についてしっかり議論を重ねました。
と言っても、
旦那さん→「お金のことよくわからないから、よろしく頼んだ。」
わたし→「OK!じゃあおこづかい制でお願い!」
という簡単なものですが。

当時は共働きでしたが、今は専業主婦になったわたし。

堅実な旦那さんのおかげで、わたしの収入がなくなってもしっかりと貯蓄ができています。

わたしは、夫のお小遣いを減らすことが貯蓄の得策だとは思っていません。

うちの旦那さんのおこづかいは現金3万円

9bf3d7cf256de84344b1a2e1db90e855_s

この3万円は本当に自由に使えるお金です。
結婚するときに決めました。

収入の約1割という、ごくごく平均的な金額。

ちなみにうちの旦那さんはタバコは吸いません。
お昼は、会社で契約しているお弁当屋さんで1食200円ぐらいですが、この3万円のおこづかいの中から出してもらっています。
そして美容院代は、自分でバリカンで頭を刈っているので必要ありません。笑

あとはコンビニでおやつを買ったり、わたしたちにおみやげを買ってきてくれたり。笑

とにかく、おこづかいの使い道は自由なわけです。

飲み代などの交際費は別会計

うちの旦那さんはもともと飲み会があまりありません。
ゴルフもしませんし、そんなに交際費はかからない方です。

わたしとしては、こういった交際費を削って欲しくないと思っているので、もし必要な場合は必要な分だけ別会計にしています。
(もちろん、おこづかいで足りる!というときは、お言葉に甘えますが。)

自己投資にかける金額も別会計

本や、資格試験、参考書代、セミナー代等はもちろん別会計です。
自己投資の場で、お金の心配をするのは絶対よくないですし。

こういうところはケチってはいけませんね。

将来の投資にかける金額は、別モノです。

結果的に給料が上がれば、なおラッキーです。

長く使える良いものを購入するときも別会計

例えば腕時計、ベルト、靴、めがね等の仕事でも私生活でも使えるものは、高くても気に入ったものを買ってもらいます。
もちろんおこづかいとは別会計で。

私服などはほとんど「欲しい」と言いませんが、これも買う場合は別会計です。
(仕事をしている時間の方が長いので、私服は多く必要ないらしいです。)

さすがに、超高級なものが欲しいとか言ったら、全力で止めますけど。
今のところそういうことはありません。

キャッシュカードは1枚だけ旦那が持つ

うちは旦那さんのお給料振込の口座と、クレジットカード決済の口座は同一です。

うちが取引している銀行では、「家族カード」というサブのキャッシュカードを作ることができますが、あえて家族カードは作成していません。
1枚だけある給料振込講座のキャッシュカードは、旦那さんに持ってもらっています。

そして、「必要があればいつでもお金おろしていいからね!」と言ってあります。
それでも勝手にお金を引き出したことはありませんが。

あくまでも、旦那さんのお給料と銀行口座を、わたしが”管理させてもらっている”というスタンスです。
これ大事!

信用と信頼があるから成り立つおこづかい制

うちの旦那さんは、本当にできた夫だと思います。
借金はしないし、ギャンブルもしないし、お金がかかる趣味があるわけでもありません。

飲み会もほとんどなく、毎晩どんなに遅くてもおうちに帰ってきてくれます。

おこづかいが余れば、わたしとぽんのために、おいしいおやつを買ってきてくれたりもします。

そんな旦那さんを持つと、自分も「わたしも無駄なことにお金を使いたくない!」と自然に思うのです。
もちろん欲しいモノがあるときは、必ず旦那さんに相談もします。

旦那さんのおこづかい制を不満なく維持する上で大切なことは、夫婦で金銭感覚を共有することです。

妻が勝手に旦那さんのお金の使い道を決めるべきではないし、節約や貯金のために旦那さんのおこづかいを削るのは、決していいことではないのです。

夫のおこづかい制がストレスになってしまえば、夫婦関係にも支障をきたすことは目に見えています。

自由に使えるお金があるという安心感、お金を使わないでもいられる満足感がとっても大切なのです。

スポンサーリンク

まとめ

「うちの旦那さん、無駄遣いが多いの。」って言っている友人、知人がわたしの周りにも何人かいます。

でも本人からしてみれば、必要だと思って買ったのかもしれないですよね。
それにおこづかいの範囲内で買ったんだったら、別にいいじゃないですか。

旦那さんにストレスが溜まらないよう、しっかり意見を聞きながら、おこづかい制のルール作りをすることが大切です。

必要ならば旦那さんが自由に使えるお金を増やしたほうが、ストレス軽減になり、結果的に無駄な出費を抑えられるようになりますよ。

**aki**