脂肪ゼロ系が苦手でも食べられる!超絶なめらかでまるで生クリームなヨーグルトはコレ

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

最近、毎日ヨーグルトを食べています。
だって健康にもいいですし、お腹も膨れるじゃないですか!笑
(凡人妊婦は体重の増加を恐れています。)

ちなみに夏は簡単にヨーグルトが増産できるのですが、今の時期は難しいので毎回購入しています。
http://bonjinshufu.com/archives/32

そんな中、新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」で当選した、おいしい脂肪分ゼロのヨーグルト。

いつも脂肪分ゼロのヨーグルトは買わないわたしですが、予想以上に美味しかったのでレポートします。

スポンサーリンク

脂肪0なのにしっとりなめらかなヨーグルト!これなら毎日続けられるおいしさ!

いつも脂肪0のヨーグルトを買わない理由は、

  • なんだかあっさりしている
  • コクがなく物足りない
  • 酸っぱいだけのような気がする

こんなところでしょうか。

でも今回当選して食べた「小岩井生乳(なまにゅう)ヨーグルトクリーミー脂肪0(ゼロ) 」は、そんなイメージが崩れました。

小岩井生乳ヨーグルトクリーミー脂肪0(ゼロ)はコレ!

image

今回いただいたのは、400gのパックが6つです。
ちょうどGWの不在になる前に届いたので、受け取りセーフでした。

2つほど、実家の両親におすそ分け。

メーカーの価格は、1パック280円(税別)ですが、近所のスーパーで200円弱で売っているのを見かけました。

小岩井ヨーグルト生乳クリーミー脂肪0(脂肪ゼロ)350g×6個セット

価格:1,814円
(2016/5/15 21:04時点)


(1,800円相当をいただけたというお得感、最高です。笑)
いつも買っているヨーグルトに比べると、少し高級感があります。

とにかく超なめらか!まるで生クリームのよう

食べてみてびっくりしたのが、そのなめらかさです。

トロトロ~としていて、いい感じのねっとり加減です。
ゼラチンや寒天で固めたような固さではもちろんなく、まるで少し緩めの”生クリーム”のようななめらかさでした。

生乳ヨーグルト パンケーキ

砂糖も何も入れずに、焼いたホットケーキに添えて食べると絶品です。

ちなみに普段は、バナナを入れたり、自家製の梅ジャムを入れて食べました。
もちろん、ぽんも喜んで食べてくれます。
http://bonjinshufu.com/archives/2261

このなめらかさの決め手は、生乳だけで作られていることにあるそうなんです。
とっても贅沢ですね。

低脂肪&脂肪ゼロが苦手な人ほどオススメ

小岩井生乳ヨーグルト

最初に書いたように、わたしは脂肪分の少ないヨーグルトはもともと苦手でした。
が、この小岩井生乳ヨーグルトクリーミー脂肪0(ゼロ)は、そんなイメージが崩れる感じです。

酸味はキツくなく、なめらかで生乳のコクがしっかり感じられるんです。
トロトロしているので、何も入れずにそのまま食べても美味しいし、ジャムなどとの相性も抜群です。

製法にかなりこだわっているようなので、他の脂肪0のヨーグルトとは全く別モノです。

基本的に無脂肪の方がカロリーも低いので、気にすることなく食べられるという点でも、「生乳ヨーグルト脂肪ゼロ」は妊婦のわたしには最高にいい出会いとなりました。

三角のパッケージがうれしい

小岩井のなめらかさ最高級ヨーグルトは、すべて三角のパッケージが特徴です。
これが、器に注ぎやすく、スプーンで掻き出しやすいんです。
最後まで余すことなく食べられるのは、とってもうれしい配慮ですね。

これ、ヨーグルト業界唯一の工夫なんですって。

売り場でも、この三角のパッケージが存在感を示しています。

スポンサーリンク

まとめ

いつもヨーグルトと言えば、低脂肪や脂肪0のものには目もくれず、普通のプレーンヨーグルトを買っていました。

でも、小岩井の生乳(なまにゅう)ヨーグルトクリーミー脂肪0(ゼロ)を食べてみたら、「結構いける!」と率直に思ったわけです。

クリーミーさ、コク、ほどよい酸味など、脂肪ゼロとは思えない商品です。

カロリーや健康が気になる方、普段低脂肪や無脂肪のヨーグルトは苦手な方は、ぜひ1度、小岩井の生乳(なまにゅう)ヨーグルトクリーミー脂肪0(ゼロ)を試してみるのをおすすめします。

モラタメさん、小岩井さんごちそうさまでした。
おかげさまで、脂肪0ヨーグルトのファンになれました。

**aki**