イタズラ赤ちゃん対策!100均の引き出しロック&有効な対策3ステップ

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

ぽんがまだ1歳にもなっていない頃。
ハイハイして、つかまり立ちしたと思ったら、そこら中の引き出しや箱を引っ張り出しまくり始めました。

そんなときに役立った引き出しロックグッズは、すべて100均で揃えました。

ということで、うちで赤ちゃんが引き出しを開けまくる時に役立った、ストッパーグッズ&対策をご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが引き出しを開けてしまう時の対策3ステップ

引き出しを開けまくる赤ちゃんには、決して悪気はないのです。
ただその中身に興味があるだけ。
それは成長の証だけど、ママは焦るのです。

まずは100均の引き出しロックグッズ

image

うちは、セリアの引き出しロックグッズを買いました。
ホームセンターなどにも同じようなストッパーも売っていますが、さすがに100円では買えません。
だいたい500円前後はしますね。

引き出しとか引き戸って、家の中にひとつじゃないんです。
だから、引き出しの分だけストッパーを買わなければならないので、結構お金がかかります。

でも100均なら、10個買っても1,000円。
とっても経済的なのです。

うちはセリアで購入しましたが、ダイソーにも同じような商品が売っています。
セリアの場合、ディズニーデザインのものがあり、写真のミッキーの他に、プーさんも売っています。

長さも、長いもの、短いもの、引き戸用のフックタイプのものと、様々な種類のストッパーが売られています。
おうちの引き出しの幅などに合わせて選ぶと良いでしょう。

粘着テープは意外と弱い

このロックを付けるときに心配したのが、粘着テープの強さです。
粘着テープが弱すぎては意味がないし、強すぎてははがした時に跡が残ってしまうので困ります。
特にうちは賃貸なので、キッチンの引き戸など、借り物に粘着テープ式のストッパーを付けるようになってしまいます。

実際使ってみたところ、セリアのストッパーの粘着テープはわりと弱めです。
気づくと、だら~んと禿げていることもありました。

貼るときは、貼る箇所の汚れやホコリをしっかり落としてから貼ってください。
もし粘着が足りなければ、協力な粘着テープを使って補強するのをおすすめします。
(うちはそこまで必要ありませんでした。)

手が挟まらないように注意が必要

image

ロングタイプのものは、キツく貼らないと引き出しに隙間ができてしまいます。
(写真は悪い例です。笑)

中のものは取り出せないものの、緩めに貼ってしまうと子供の指1本が挟まってしまう隙間ができてしまうので、取り付けの際は十分に確認してください。

次に危険なものはできるだけ高い位置へ

引き出しにロックをかけたとしても、子供は隙を見て開けようとします。
うっかり大人がロックをかけ忘れることだってあります。

なのでハサミ等の危険なものは、できるだけ高い位置の引き出しにしまうようにしましょう。

うちは、上段に薬や工具類を、下段には紙類や文房具類を収納しています。

あえてロックをかけない引き出しを作る

それでも子供は引き出しが開けたいんです。
もう意地になって開けようとするときもあります。

そんな子のために、ひとつだけ”遊び用”の引き出しを作っておくのがオススメです。

子供が開けやすい、一番下の段などに、おもちゃなどを収納しておきましょう。
子供がいくつかの引き出しを開けようとトライして、ひとつだけでも開けられる引き出しがあれば、だいたい満足してくれます。(うちの場合)

入れておくものは、ぬいぐるみでも何でもOKです。

子供って、「自分の!」って意思が結構強いので、効果的ですよ!

スポンサーリンク

まとめ

ホームセンターなどで売っている引き出しロックグッズは、ワンタッチで開けられたりと、大人にも使いやすい作りにはなっています。

ですがわたしが使ってみたところ、100均でも十分な機能を発揮してくれます。
慣れれば手探りでロックをかけることも十分に可能です。

何といっても、コストパフォーマンスが抜群です。
引き出しの分だけ揃えるといっても、小物類、キッチン、洋服ダンスなど…と挙げていけば、キリがありません。

まず1~2個買って取り付けてみて、使い勝手が良ければ買い足していってもいいでしょう。

赤ちゃんのいたずらにお悩みでしたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

**aki**

スポンサーリンク

みんなにこの記事を教えてあげてね!

フォローで最新記事をいち早くget!

イタズラ赤ちゃん対策!100均の引き出しロック&有効な対策3ステップ
この記事をお届けした
凡人主婦の小金持ち生活の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!