水道・電気・ガス停止したら?食料は何日分必要?日常から用意したい備蓄品リスト

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

熊本で起こった大地震、本当に怖いですね。
被災された方が、一刻も早く普段の暮らしが取り戻せるよう、長野から応援しています。

わたしが住む長野県も、災害が多い県です。
地震、土砂災害、火山活動など…。
幸いにも、わたし自身は避難が必要なほどの災害に見舞われたことはありませんが、これからいつ何が起こるかわかりません。

いざというときに備えられるよう、自分の覚書として防災について考えてみます。

スポンサーリンク

断水や停電が起きたらどうする?日頃から備えておきたい備蓄品リスト

Print

うち、オール電化なんです。
断水も非常に困りますが、電気が止まってしまったら、目も当てられません。
小さい子供がいれば、パニックになってしまいます。

避難所へ非難するにしても、おうちでライフラインの復旧を待つにしても、普段の生活では考えられない不便が生じることでしょう。
ここでは、どちらにせよおうちに備えておきたい非常用グッズについて書き出します。

日用品

いくら食料があっても、調理できない環境ではどうしようもありません。
まずは日用品の確保が重要です。

  • 衣類(子供の下着は多めに)
  • 毛布・ブランケット
  • タオル類(汗を拭いたり、濡らしてお風呂の代わりにも)
  • 軍手
  • 厚手のスリッパ(ガラスの破片などあれば危ないです)
  • ビニール袋(ゴミ袋、調理用などいろいろ使えます)
  • ラップ・アルミホイル(お皿にラップを包んで洗い物が出ないようにできる)
  • 懐中電灯
  • ろうそく・マッチ・ライター
  • ナイフ等の刃物
  • 軽い素材のお皿やコップ等
  • 卓上コンロ
  • ガスボンベ

ここで大切なのは、火の気を確保したいということです。
いくらカップラーメンがあっても、お湯がなければ食べられません。

懐中電灯に関しては、電池式ですと交換の電池も必要になります。
またソーラー発電のみですと、太陽の出ている時にしか充電ができずに不安です。
現在、ラジオ付きソーラー&自家発電式懐中電灯も売られています。
ラジオがあれば、情報収集もできます。
これ一台で携帯の充電もできるので、1台常備しておくと安心です。

衛生用品

女性は特に悩みますよね。
子供がいれば、おむつなんかも必要になってきます。

  • 常備薬(いつも飲んでいる薬)
  • マスク
  • ゴム手袋(手が洗えないかもしれないので、不衛生な作業はすべてゴム手袋で)
  • ウェットティッシュ・おしりふき
  • トイレットペ-パーなどの紙類
  • おむつ
  • 生理用品
  • 簡易トイレ
  • 石鹸等
  • コンタクトレンズ・めがね等

女性の場合、必須である生理用品ですが、パンティーライナーがあると便利です。


下着が洗濯できない場合に、パンティライナーを取り替えることで、なんとか耐えられるかもしれません。

食料品

  • 飲料水(1人1日3リットルが目安×家族分、できれば500mlのペットボトルで)
  • レトルトごはん、カップ麺
  • 缶詰(缶切り不要のもの)
  • インスタント食品(乾麺等)
  • 子供のおやつ類
  • 離乳食等(意外と確保できずに苦労されている方が多いようです)
  • 粉ミルク・哺乳瓶(普段おっぱいでも、うまく出なくなってしまうこともあります)

主食に関しては、火やお湯が確保できなくても、お水さえあれば食べられるアルファ米というお米があります。


温めずに食べられるカレーなんかも便利です。

また、普通の白米を炊飯器を使わずにジップロックで簡単に炊く方法もあります。

便利技!スーパー袋の結び目をほどく&炊飯器を使わずご飯を炊く【この差って】
こんにちは、凡人主婦の**aki**です。 この記事は、12月6日放送の「この差って何ですか?...

そして、忘れてはいけないのが、子供用のお食事です。
災害時の不便な生活は、子供にとっても非常にストレスがかかることですので、お気に入りのおやつなんかは必ず常備しておきたいですね。
まだ離乳していない赤ちゃんがいれば、念のためミルクも用意したほうが無難です。
お母さんのストレスで、おっぱいが突然でなくなってしまうなんてこともよく耳にします。

スポンサーリンク

まとめ

家族構成や住んでいる土地柄でも、備えておきたい日常品のリストは変わってくると思います。

また、上に挙げたものは持ち出しするには量が多すぎます。
この中で、家族構成や季節、生活スタイルに合わせて、一次持ち出しリストと二次持ち出しリストに分類しましょう。
最低限持ち出したい携帯品リストについては、こちらの記事を確認してみてください。

まずは命!通帳・印鑑より身分証明書!非常時に最低限持ち出したいものリスト
こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。 熊本・大分で地震災害に見舞...

自宅で避難生活を送る上で、最低3日、できれば1週間分を用意しましょう。

食料は、いつもの食事の具合で計算してみてくださいね。

こちらのページで、簡単に参考計算ができます!
非常食簡易計算ツール

そう言うわたしは、まだ十分に用意できていません。
これを機に、備えていきたいと思います。

**aki**