お金はルールを決めるだけで貯まる生活に!年間150万円貯蓄しているうちの5つの心構え

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

元金融関係に勤めていたわたしはよく、「うまくお金が貯められない。」という話を聞きます。
それはなぜか?
いろいろなお客様、そして自分の行動を考えてみると、答えはとっても簡単なのです。

スポンサーリンク

効率よくお金を貯めることに必要な5つの心構え

e09fc631b56ca2c4ffc6f352ca25da4d_s

お金を貯めるには、きちんと”貯めるルール作り”をするだけで、それぞれの家庭にあった貯蓄が十分に可能です。
年収300万円でも貯蓄出来ている人はいるし、年収1,000万円でも手元にお金がほとんどない人だっています。

うちは結婚式&新婚旅行の散財から、丸3年・・・
今では、500万円の貯蓄ができました!
(結婚前の資産は除いてです。)

その間、子供が産まれ、わたしが失業していますが、毎月の貯蓄額は減らしていません。

うちのざっとの家計状況はこちらの記事に書いてあります。
http://bonjinshufu.com/archives/111

財形貯蓄を利用する

勤務先の会社と金融機関との間で、「財形貯蓄制度」というものがある場合があります。
うちの旦那さんも、毎月15,000円ですが、一般財形に貯蓄しています。

財形貯蓄の最大のメリットは、「給与から天引き」されることです。

自分の生活口座に”すぐに使えるお金”として入金しないのですから、イヤでもお金が貯まっていきます。
ボーナス時に増額の入金も設定可能ですので、本当に効率よく簡単にお金が貯まりますよ!

まだ財形貯蓄制度を使っていない方、増額を希望の方は、勤務先の経理の担当者に相談してみると良いでしょう。

毎月”残ったお金”で貯蓄は絶対に貯まらない

日々生活するのには、家賃・光熱費・食費など、たくさんのお金が必要になります。
毎月使うことを優先にして、給料日前に残った金額を貯蓄に回そうなんて思っていたら、一向にお金は貯まりません。

だって、お金は余りませんから!

お金は懐にあればあるだけ、使ってしまうものです。

今思えば、「わたし社会人1年目って、どうやって暮らしていたんだろう?」と考えますが、人はその時の収入に見合った生活に自然にシフトしていくものなのです。

あればあるだけ使っちゃう・・・それだったら先取り貯金してしまえばいいのです。
銀行の積立型口座なら、指定日に指定の金額を自動で貯蓄口座に振り替えてくれます。

まずは月収の1割から。
毎月のお金を使う前に賢く貯蓄分を確保することが大切です。

ATMに何度も行かない

998db2ccce254b794a7f3bfdfcd5bccb_s

最近のATMは便利です。

だって金融機関によっては、コンビニのATMでも手数料無料でお金を引き出すこともできますし、他金融機関と提携しているATMも多いです。
土日祝日も手数料なしでATMから現金を引き出せる時代です。

べ・・・便利すぎる!

「あ、お財布にお金がないから、お金おろしとこ♫」
なんて言ってると、もはや今月いくらお金を引き出したかわかりません。
(昔のわたし。)

必要な現金は、月1度だけ、一定の金額を引き出すようにしましょう。
それだけで、不要なお金の流れが減ります。

生活口座には通帳を発行する

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

わたしは、ジャパンネット銀行と新生銀行に口座を持っています。
どちらもネット取引の銀行なのですが、共通して、通帳がありません。

もちろん、ネット上で取引が覗けるので、いらないといえばいらないのですが、やはり通帳は便利です。

先月と今月で支出の差はどこだろうとか、去年から貯蓄額いくら増えたかなとか、一目瞭然です。
何よりも、記帳するたびに貯蓄額が増えていくのは快感です。笑

通帳が固定費の家計簿がわりになりますので、ズボラな人ほどあると便利なのです。

生活に使う口座&普段の積立口座は、会社指定の金融機関や地元地銀にしておいて、まとまったお金の貯蓄用の口座は金利の良いネット銀行と分けて使うのがオススメです。

クレジットカードの使用額を常に把握する



いくら通帳から現金を引き出さなくても、クレジットカードでたくさんお買い物してしまえばあまり意味がありません。

うちは主に楽天カードを利用してクレジットカード決済をしているのですが、専用のスマホアプリがとっても便利なのです。

いつも手元にあるスマホで、クレジットカードで使用した金額の確認ができますし、先月分との比較も可能です。
(1年前まで遡ることができます。)
また、請求金額の仮確定も早めに出ますので、うっかり残高不足になるなんてこともしっかり防ぐことができます。

うちでは車検の支払いや年払い保険料など、大きい決済はすべてクレジットカードで行うので、カードの使用金額を常に確認することで、お金の管理をしています。

もちろん、リボ払い、キャッシングは絶対に使用せず、常に一括払いにすることが基本中の基本です。

スポンサーリンク

まとめ

家計簿をつけることはとっても大切なことです。
でも、家計簿をつけているだけになってはいませんか?

大切なのは、何のために家計簿をつけるのかということです。
もしそれが貯蓄のためであれば、細々とした支出を見直すより先に、固定費として貯蓄を加えてあげることが先決です。

そして、先に貯蓄に回して残ったお金で生活することを心がけるのです。

子供がいる家庭であれば、どんな状況でも、少しは貯蓄したいと思うはずです。
家のため、車の買い替え、様々な理由で貯蓄は将来必ず役に立ちます。

大まかなお金の流れを掴むことで、必ず貯められる生活になります。

ちょっとした心構えの変化が、必ず小金持ちになれる道を切り開いてくれるはずですよ。

**aki**