GWの予定決まった?妊娠中の旅行気をつけるべきこと&うちの旅行計画の話

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

ゴールデンウィークの予定はもう立ちましたか?
今年うちは、旦那さんが奇跡の10連休なんです!

3月はほぼ休みなく働いていた旦那さんですが、やっとゆっくりできそうです。

「じゃあ、どっか行こう!」となり、決めました。
沖縄に、4泊5日!

妊婦の旅行の注意点と、予約に使った格安旅行サイトをまとめます。

スポンサーリンク

長期連休は家族でリフレッシュ!子連れ妊婦でも無理のない旅行計画をしよう!

最初は、「車でどこか遠くに出かけよう!」と言っていたのです。
いつも乗り慣れた車のほうが、運転する旦那さんも、乗っているぽんにもいいのではないかという考えからです。

でも、ゴールデンウィークのような長期連休の時って、道が予想以上に混むんですよね。
妊婦のわたしはトイレが近いし、ぽんが泣き出したりしたら大変です。

そんなことを踏まえて、旅行の行き先&交通手段を決めました。

妊婦でも安定期の旅行なら飛行機も大丈夫!

-shared-img-thumb-PAK853_kuukounoyousu14055811_TP_V

わたしの先輩は、妊娠6ヶ月ぐらいのときに新婚旅行にハワイに出かけていました。
(個人的には、妊娠中に海外旅行へ行くのは抵抗がありますが。笑)
安定期に入っていて、体調もよく、安静が必要な状況でなければ、旅行すること自体は問題ないと言われています。

ただし、血行が悪くなりやすく、足がむくんだりしてしまうことも考えられます。
できるだけ長時間同じ体勢を取らなければいけない状況は避け、こまめに水分補給するのが大切です。
(エコノミークラス症候群に注意しましょう!)

つまり車で長時間移動するのであれば、飛行機や新幹線で短時間で移動した方が無難です。
(飛行機の場合、妊娠36週以降は、診断書などが必要な場合があります。)

また新幹線や飛行機など、多数の人がいるような場所では、マスクを着用しましょう。

心配であれば、旅行の可否や行程について、産婦人科の先生に相談してみるのが1番です。

妊婦は周遊型より滞在型の旅行を!

-shared-img-thumb-HOTEL86_washitunoocya20150124135505_TP_V

知らない土地に行くと、「あれもしたい!」、「あそこにも行きたい!」、「あれも見たい!」など、ついつい予定を詰め込みまくってしまいがちです。

しかしお腹も重くなってきていますし、足が疲れやすかったりして、普段の何倍も疲れてしまいます。

あれもこれもと移動するよりは、リゾートなどでゆっくりと滞在するような旅行の方が、身体への負担が少ないと言えるでしょう。

ストレス解消にもなりますので、温泉宿でゆっくり過ごすのもおすすめです。
その際は、長湯しないように気をつけましょう。
妊婦だからと言って、温泉に入ってはいけないということはありません。
また、泉質によって、お風呂の床が滑りやすい場合があるので、足元に用心しましょう。
(わたしは長野県という土地柄、妊娠中でも温泉にはよく出かけます。入浴を断られたことは、今までに1度もありません。)

母子手帳&保険証は忘れずに!

旅行中に何か体調の変化があっては大変です。
保険証、母子手帳、おくすり手帳などはひとまとめにして、常に携帯しているようにしましょう。

事前に旅行先の医療機関や緊急医を調べておけば、なお安心です。

スポンサーリンク

うちが沖縄旅行に決めたワケ

わりとケチなわたしですが、お金は使うためにあるんです。
家族で楽しく思い出作りになるなら、このチャンスは逃せません!

ぽんは乗り物が好きで、東京まで新幹線に乗れるのを楽しみにしています。
そして羽田から那覇まで、飛行機でひとっ飛び!

滞在型リゾートと言えば沖縄!

-shared-img-thumb-PAK56_ishigakijimanoumi_TP_V

滞在型の旅行で、のんびりしたい!と思ったときに、思い浮かんだのは南国リゾート沖縄でした。
北海道も考えましたが、周遊型の旅行になってしまいそうなことと、北海道新幹線効果によって混雑が予想されることで、沖縄に決めました。

沖縄って、海外ではないけれど、異国の地の感じが好きです。
ちなみに今までに2回行ったことがあります。

ぽん(2歳児)は飛行機がタダ!

もうこれは最後のチャンスでしょう。
2歳児なら、膝抱っこが可です。
つまり席料がかかりません。

ホテルの滞在費もかかりませんし、レンタカーのチャイルドシートも無料で貸出してもらえます。

ゴールデンウィーク10連休、わたしの安定期、ぽんの月齢すべてが、旅行できる条件に当てはまっているのです。

この機会を逃したら、次に飛行機に乗って出かけるのは、老後になってしまうかもしれません。笑

ネット予約で思ったより旅行代金が安かった!

条件がそろっていても、お金がかかりすぎては旅行に出かけるのをためらってしまいます。
そこで調べてみたところ、ジェイトリップツアーで格安旅行を予約しました。

沖縄本島4泊5日で、1人63,400円のパック旅行です。
飛行機(JAL)込み、滞在中レンタカー付き、ホテル4泊分&朝食付きのフリープランです。
この内容なら、GWにしてはかなり安いと思うんです。

大手旅行会社だと、同じ内容なら1人10万円は軽く超えますし。

また、同じ内容で個人的に予約しようとしても、倍以上の金額がかかりますし、そもそもホテルの空きが見つかりません。

レンタカーも5日も借りればそれだけで3万円とかになってしまいます。

しかも予約したホテルも、グレード的にはどちらかといえば良い方です。

問い合わせ対応も良好

ジェイトリップツアーで沖縄旅行の予約際に質問事項が有り、夜にメールで問い合わせを行いました。
次の日の午前中には、さっそく返信があって、安心!

スマホサイトも見やすく、今回の沖縄予約もスマホで最後まで行いました。
ネット専門の旅行会社ですが、親切で、使いやすいなぁというのが率直な感想です。

比較サイトをうまく活用しよう!

わたしは、travel.jpという、旅行商品の比較サイトで穴が開くほど沖縄ツアーの検索をしました。

値段の安い方から並び替えできるのですが、表示金額が5名1室の値段だったり、追加料金が高くなったり、スマホ専用サイトがなかったりと、旅行会社によって内容は様々です。

見積だけは無料でできるので、いろいろな旅行会社のツアーを比較してみるとおもしろいです。

わたしは結局、ジェイトリップツアーのパック旅行がめぼしいと判断して、ジェイトリップツアーのサイトの中から再度検索をかけて、旅行商品の予約を行いました。

まとめ

妊娠中でも旅行は十分に可能です。
無理のない範囲で出かけられれば、思い出作りにもなりますし、ストレス解消にもなります。

赤ちゃんが産まれれば、しばらく旅行には行けないので、今回の旅行は万全の体調で望みたいと思っています。

GWの旅行計画、ぜひ家族で話し合って立ててみてくださいね!
キャンセルなどがでる直前なども、予約には最適ですよ。

**aki**