楽天カードでフリーケアプログラムの無料の案内が!これって加入して大丈夫?損はない?

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。

昨日、うちに楽天カードから案内が届きました。
楽天カードと言えば、ポイント還元率がとても良いので、うちで一番利用しているクレジットカードです。



今回の案内内容は、「フリーケア・プログラム」という損害保険を無料から加入できますよ!というものでした。
(もちろん月額500円の追加補償プランという有料の保険の案内も付属していますが。)

「無料」と聞いて、どうしても怪しいと思ってしまうわたし。
フリーケアプログラムという保険に無料で申し込んで良いものか、損なことはないのか、考えてみました。

※この記事では、月額500円の追加補償プランの内容には触れません!

スポンサーリンク

無料なら申し込んでも大丈夫?クレジットカード会社から案内される「フリーケア・プログラム」とは?

ちょこっと調べてみたところ、楽天カードに限らず、さまざまなカード会社経由で、この「フリーケアプログラム」という損害保険の案内が来ているようです。

結論から言って、「無料」のプランに加入しても大丈夫!と考えています。
その理由と、クレジットカード会社の狙い、保険会社の狙いを以下にまとめて書いていきます。

bsPAK63_visamaster20140531

楽天カードに限らず、いろいろなクレジットカード会社で「フリーケアプログラム」を斡旋しています。
ファミマTカードでも、同じような内容が送られてきました。

重複加入OK?ファミマTカードと楽天のフリーケアプログラムの違いを比較
こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。 わたしが持っているファミマ...

保険の引受会社はどこ?

今回の案内は楽天カードから案内が郵送されてきましたが、「フリーケアプログラム」の引受会社は、チューリッヒ保険会社です。
楽天はいわゆる”保険代理店”ですね。

楽天では保険代理店もやっており、ネットで生命保険・がん保険・自動車保険他さまざまな保険会社と契約ができます。
その取扱保険会社の中にチューリッヒ保険会社も入っています。

まずは「チューリッヒ」という保険会社の存在を知ってもらいたいという意図で、チューリッヒが楽天に提案でもして、案内状を送っていると思われます。
ついでにチューリッヒ的には、「月額500円のプランに申し込んでもらえたら、保険料収入になってラッキー!」という感じでしょうか。

無料期間は3年。その後保険料を取られることは?

契約期間満了後に保険料を取られることは、「ない」と言えます。
保険料 フリーケアプラン

3年後、無料プランの補償が失効するだけで、勝手に継続保険料などを徴収されることは有り得ません。
(もしかしたら、満期近くに追加で案内があるかもしれませんが。)
補償期間の3年間は、契約者の負担もありませんので、費用負担については安心できます。

この部分は、しっかりと契約概要に明記されています。

契約できるのは誰?補償されるのは誰?

楽天カードの契約者本人のみが、フリーケアプログラムに申し込むことができます。
旦那さんの楽天カードの家族カードを使用しているわたしの名義では、申し込むことができません。
フリーケアプラン 補償範囲

無料プランの場合、契約者本人のみ補償が有効です。
配偶者、子供などは、補償範囲には入りません。

補償内容はどう?

じゃあ、万が一何かあったときいくらもらえるの?という部分。

これは、交通事故などで5日以上入院の場合、入院一時金として一律30,000円の支給です。
フリーケアプログラム 補償内容
ちなみに職業告知のみあり、お仕事で車の整備や清掃のお仕事などをしておられる方は、そこでの事故は免責になります。
もちろん、病気などの場合は、補償されません
地震や津波などの自然災害の際に怪我をした場合も、補償されません。

”無料”で保険会社と楽天カードに利益はあるの?

ここまで見てくれば無料で保険を申し込む契約者側には、損はないと言えます。
ではなぜ無料で保険を引き受けるのか?
保険会社、楽天カードの狙いは、以下の部分にあるのではないでしょうか?

保険会社は無料で個人情報get

フリーケアプログラム 個人情報
顧客の個人情報というのは、会社にとっては財産です。
加えて、勝手に手に入れることはできません。(犯罪です。)
無料の保険の案内によって顧客に個人情報を提供してもらうことで、これから他の保険契約に繋がることも十分考えられます。
個人情報については、「チューリッヒ保険会社が他の商品・サービスの提供のために利用することがあります。」と、注意喚起情報に明記されています。

タダで個人情報を提供する対価として、補償がくっついてくるイメージですね。

楽天カードは退会防止になる

このフリーケアプログラムは、補償期間3年です。
その間に、楽天カードを退会すると、もちろん保険資格も失効します。

クレジットカードの解約を考えている人の中には、「3年の間は楽天カード解約しないで、持っていようかな~」と思ってくれるお客さんもいるはずなので、退会防止の観点から楽天カードには利益が発生します。

スポンサーリンク

まとめ

フリーケアプログラムの無料プランに加入する際の一番のカギとなるのは、「個人情報の取扱」ではないでしょうか?
どんな金融商品の契約しても、「他の商品・サービスの提供のために利用することがあります。」という文言はくっついてきますが、この部分が気になる人は、無料プランの申し込みを見送るのが無難でしょう。

逆にこの個人情報の提供が気にならなければ、無料プランに申し込んでも損はありません。
交通事故などの怪我で入院を5日以上しなければ保険金が支払われませんが、万が一の際プラスアルファにはなってくれます。

そもそもしつこい勧誘などは禁止されていますので、電話等がかかってきたとしても、普通に断る勇気さえあれば大丈夫です。笑

同じような案内が送られてきた方は、参考にしてみてくださいね!

**aki**