【お洗濯】1度は試してみて!セスキ炭酸ソーダで気になるエリの黄ばみを解決!

みんなにこの記事を教えてあげてね!

凡人主婦のイチオシ厳選記事

こんにちは、凡人主婦の**aki**です。

さて本日は、セスキ炭酸ソーダ水を使ってみよう!のお話です。

セスキ炭酸ソーダ水については、こちらの記事をご覧下さい。
http://bonjinshufu.com/archives/180

11月5日、日テレ系の「あのニュースで得する人損する人」で家事えもんさんが、えりの黄ばみ落としを紹介していました。
お鍋に、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)の粉末を投入して、煮ていました。

でも、日頃からもっと簡単に、「えりの黄ばみ」を落とすことができるんですよ!
この記事では、セスキ炭酸ソーダを使った、えりの黄ばみ落としの方法のご紹介をします。

スポンサーリンク

セスキ炭酸ソーダ水で一番最初に試してもらいたいこと

えりやそでの皮脂汚れを落としてみよう!

じゃじゃーん!
きったねー!と思った方、大変申し訳ございません。
お許し下さい。
これがキレイになるので最後までお付き合いください。
えり 皮脂汚れ

こちら、Margaret Howellの高級シャツです。
旦那さんが実家から持ってまいりました。
うちの旦那さんは、お値段が高くても、本当に気に入ったものなら、大事に長く使う派です。
結婚してからは、あまり高いお洋服は買わなくなりましたが、独身時代の遺産については引き続き大事に使ってます。

それがこんなにえりが黄ばんでしまって・・・!
まぁ実家では洗濯はお義母さんにまかせっきり。
なにもせずここまできてしまったのです。

しかも白!!

こんなの落ちるんかーい!と思った皆様。

落ちます!!

本当は、定期的にやっていたほうがいいのでしょうが、
この服のように買って数年何もせず汚れが溜まっていったものでもきれいになるんですよ!

やり方は、ただスプレーを汚れにかけるだけ!

セスキ炭酸ソーダ水のスプレーを、えりに吹きかけます。

そう、それだけでいいんです。
約10分から15分そのまま置きましたら、一度ぬるま湯洗いしてください。
この時点でほぼ落ちます!

まだ気になるようなら、少し濃度をあげて吹きかけてみてください。
(そしてもう一度、ぬるま湯で洗ってくださいね。)

最後にもう一度吹きかけておいて、あとは洗濯機でぐるぐる回してください。
いつもどおりにやっていただいて大丈夫です!

あらびっくり!!
皮脂汚れを取る
とってもキレイになりましたね。
セスキ炭酸ソーダは、アルカリ性の洗剤ですので、タンパク質汚れの「皮脂汚れ」にはかなり強いです。

家事えもんの「えりの黄ばみ」の落とし方

補足として、家事えもんのテレビで紹介していた洗濯のやり方を書いておきます。

お鍋に、酸素系漂白剤を投入し、汚れを落としたいシャツなどを入れて、お湯を沸かします。
80°ぐらい(沸騰する手前)で火を止め、そのまま1時間放置。

温度を上げることで、臭い菌を撃退し、お湯が冷めていく過程で、酸素系漂白剤が一番活性化する50°~40°になることで、汚れを落とす(漂白する)という原理です。

注意点として、ポリエステルやウールなどの生地は痛むので、この方法は使ってはならないです。
また、お鍋はアルミ鍋はサビの原因になるので使ってはいけません。

個人的には、鍋で煮るのは正直めんどくさいような・・・

こちらの記事で紹介しているように、熱湯を注ぐだけでも、十分に効果があります。
http://bonjinshufu.com/archives/646

酸素系漂白剤の粉末のものは、非常に効果が高く、使いやすい洗剤でもありますので、常備しておくと便利ですよ!

赤ちゃんの黄色いウンチ汚れには酸素系漂白剤が強い味方!いとも簡単に落ちる!
うちの次女はもうすぐ生後2ヶ月。 毎日おっぱいをよく飲み、よく寝て、毎日快腸にウンチをひねりだして...
スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか??

セスキ炭酸ソーダを使えば、薬剤の嫌な臭いもありません。
夜にセスキ炭酸ソーダ水を吹きかけておいて、朝洗濯機を回すのもおすすめです。

できれば、毎日使って洗濯をすれば、きれいが長持ちしますよ。

もしセスキ炭酸ソーダだけで満足に汚れが落ない場合は、「酸素系漂白剤」の使用をおすすめします。
家事えもんさんのように、鍋で煮なくとも、洗面台で熱湯を注ぐ方法でも十分効果がありますよ。

ぜひご主人のワイシャツのえりに、一度は試していただきたいです。
クリーニングに出さずとも、元通りになりますよ!

**aki**

靴のお洗濯にもセスキ炭酸ソーダがおすすめです。

子供の靴が臭い!セスキ炭酸ソーダでスッキリ綺麗に蘇らせる方法
こんにちは、凡人主婦の**aki**(@pochannay)です。 子育てしていてびっくりした...